アイキャッチ画像

時間泥棒と呼ばれた傑作パズルゲームがアプリに!『がんばれ!!白血球ちゃん』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年5月20日]

IMG_2253
IMG_2262「風邪を久しぶりに引いちゃってさ、大変だったんだよ。でも寝ておかゆ食べたら治ったよ」

いえいえ、白血球のおかげです。ちなみに、白血球は、体内のウイルスを食べて、風邪や病気を治してくれる役割を果たしています。

今回紹介するアプリは、増殖し続けるウイルスを白血球が追い詰めていくパズルゲームです。Twitterや2chで時間泥棒と恐れられた傑作ゲームがアプリになったものです。あれ? 遊びはじめてから何時間経過したのだろう……(ゲームは休憩を取りながら、楽しみましょう!)

だんだん増えてゆくウイルス

ポツネンと1つだけ漂っているウイルスちゃん。まだちゃん付け出来るくらいには、優しいステージ1。これをどうやって白血球でやっつけるかと言いますと……

タップして大きくして、隅っこに追いやる!です。

発生させた白血球は端末画面をタップすることで大きくなります。ただし、発生させている途中でウイルスにぶつかると、白血球は無くなるので、ある程度の大きさになったら手を離して、白血球を放出してあげてください。ただし、白血球の数には限りがありますので、少ない数でウイルスをやっつける必要があります。

手から離れた白血球は上にウヨウヨと上にしか上がっていきます。ウイルスを挟みこむように出来たら、ウイルスは滅びます。
IMG_2266IMG_2271

ステージがあがるたびに、ウイルスの数は増えていきます。では、ステージ11を見てみましょう。

ってうわぁ~。ウイルスめ、うじゃうじゃやん。白血球出動!

白血球は下方で発生させるのがコツ。ウイルスを巻き込んでくれるので、ちょっとした隙間が出来て、さらに白血球を出すチャンスが増えます。なんとか、ウイルス包囲!

白血球が上にしかいかないのに対し、ウイルスは四方八方いきたい放題。白血球にぶつかってもくらげのようにあっちへこっちへ。タイミングよく白血球を出すのは難しいです。
IMG_2269IMG_2272

大きくても、小さすぎてもダメ。

白血球の大きさは自分の手とウイルスを見極めないと、たくさんの無駄な白血球を出すことになりかねません。

これは、ほんの一例ですが、1つのウイルスを包囲出来ず、完全に暴れまくっています。もう一個、さらに一個と白血球を出していたら、やっとウイルスは鎮静しました。あぁ、たくさんの白血球を使ってしまいました。

IMG_2253

  1. 中くらいの大きさの白血球を最初に出して、右か左にウイルスを寄せる
  2. ウイルスが寄った方向を狭めるように下から白血球を出して、ウイルスの移動スペースをどんどん縮める
  3. ある程度ウイルスが囲えたら、追い打ちをかけるかのように、下から大きめの白血球をドーン!とさせる

そうするといい感じでウイルスをやっつけることに成功しました。と言葉で説明してもわかりにくいので、ぜひ白血球ちゃんに時間泥棒してもらいましょ。

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

がんばれ!!白血球ちゃん

配信元:Greed Inc.

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.06 / iOS:1.0

Androidアプリのアクセス内容

画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
その他
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年05月20日)の情報です。

PageTopへ