アイキャッチ画像

大人でも使える! 明光義塾の中学生向け学習支援アプリ『Yo! サボロー』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年3月24日]

IMG_0680テストに向けて効率的な勉強ができない、ついサボってしまう、いつも勉強時間が足りなくなってしまう、そういった悩みは多くの学生さんが抱えているのではないでしょうか。
そんな学生(主に中学生)向けに大手個別指導学習塾の明光義塾が手掛けた学習支援アプリ『Yo! サボロー』が話題になっています。
中学生の定期テスト対策を想定したアプリですが、その使い勝手の良さから実は大人でも使えると好評。学生だけでなく社会人の方も注目です!

緻密なスケジュール管理

まず、ユーザー登録をします。
住んでいる地域、名前、性別、学年(小6、中1、中2、中3、その他の中から選択)を設定して完了。
IMG_0661 IMG_0680
ちなみに“サボロー”とは明光義塾の公式マスコットキャラクターで、何かと勉強をサボろうと誘惑してきますが憎めないヤツ。

そしてこのアプリの最大の特徴、スケジュール機能です。
IMG_0665 IMG_0666
テスト日程と科目を選択しましょう。
中学生向けなのでデフォルトでは中学校の科目しかありませんが、「項目を追加」を選択すれば自由に科目を追加することができます。
IMG_0667 IMG_0668
次に5つの質問に答えて、各科目の「ヤバいよメーター」を設定すると… 
IMG_0669
このように、自動でおすすめの勉強スケジュールを組んでくれます。変えたい場合は編集していきましょう。
ヤバいよメーターと自動スケジュール機能に対応しているのは主要5教科のみで、他の科目は手動で入れていく必要があります。
また、スケジュールには自動的に5教科が設定されてしまうので、5教科が必要ない場合は手動で5教科を消して項目を追加していく必要があります。
IMG_0678 IMG_0670
各コマひとつひとつの時間や勉強内容、ページ、メモを設定することもでき、とても細かいスケジュール管理ができるのが魅力。

さらに、左上にある切替ボタンをタップすると、科目ごとに勉強内容が一目でわかるスケジュールが表示されます。
IMG_0679

このスケジュールに沿って勉強時間の5分前になるとプッシュ通知でお知らせしてくれるので、忘れることもありません。
勉強を始める時にはタイマーを設定しましょう。時間を決めて集中的に勉強する方が効率的です。
IMG_0674 IMG_0676
タイマーを使うと、「ログ」に勉強時間が記録されます。
IMG_0675 IMG_0672
勉強を終えると、YDK(やれば できる 子)ポイントをゲット。
YDKポイントが貯まるとサボローアイテムをもらえたり、Yo! サボローを使っている友達とフレンドになればポイントを競うこともできるなど、楽しく勉強できるコンテンツも多数。

中学生にはもちろん、小学生、高校生、大学生にもおすすめです。社会人でも資格勉強に励んでいる方や、締切に追われる仕事をしている方などには使えると思います。
勉強だけでなく、単なるスケジュール帳としても使えるかもしれません。
『Yo! サボロー』で、あなたもYDKになりましょう。

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

Yo! サボロー -定期テストを楽しく乗り切ろう!-

配信元:MEIKO NETWORK JAPAN CO., LTD.

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.0.3 / iOS:1.0.3

Androidアプリのアクセス内容

画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
Wi-Fi 接続情報
Wi-Fi 接続の表示
その他
インターネットからデータを受信する
端末のスリープの無効化
ネットワークへのフルアクセス
バイブレーションの制御

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年03月24日)の情報です。

PageTopへ