アイキャッチ画像

ムキになってプレイしちゃう! みんな大好き横スクロールアクションアプリ『Bouncy Blade』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年3月17日]

ss010
ss001
横スクロールアクションといえば『スーパーマリオ』シリーズや『ドンキーコング』『星のカービィ』など名作がたくさんありますね。ヘビーゲーマーの皆さんも、あまりゲームをしない皆さんも、1作くらいはプレイしたことがある、というのが横スクロールアクションというジャンルではないでしょうか。ミスをして死んでもすぐにリトライできるので、ゲーム下手でもなじみやすいのが特徴です。2016年3月16日にリリースされた『Bouncy Blade』も、典型的な横スクロールアクションアプリです。キャラクターが可愛らしく、操作がシンプルで、繰り返し遊びたくなります。

▼関連記事
お手軽ハクスラ『Cubic Quest』ネギを片手にがんばれトーフマン!

右に向かってひたすら進め!

ss002
画面中央の大きな剣を持ったキャラクターがプレイヤーキャラです。画面左下にある矢印マークをタップ(長押し)して左右に移動します。基本的には右ボタンを押して進んでいくのですが、強制スクロールではないので左ボタンを押して、もと来た道を戻ることもできます。

ss003
プレイヤーキャラは常にピョンピョンとジャンプしています。コースにはちょくちょく穴が開いているので、タイミングを見計らって飛び越えましょう。

画面右側にキューブ型をした緑色の敵がいますね。敵は、踏みつけて倒すのではなく、武器をぶつけて倒します。

ss004
踏みつけるとこちらがダメージを受けて死んでしまいます。画面左上のボタンは左側から、一時停止、(SNSなどへの)シェア、リトライです。

ss005
最初の1プレイが終わると、画面右下に新しいボタンが追加されます。「SENPUU-ZAN」(旋風斬)とあります。タップ(長押し)するとプレイヤーキャラの持つ武器がグルグル回転します。プレイの幅がぐっと広がります。たとえば剣を真下に向けると、敵を踏みつけたときも攻撃できるようになります。その代わりあたり判定が変化するので、複数の敵に囲まれているときはあっという間に死んでしまいます。

ss006
また、このように穴に落ちてしまったとき、旋風斬(SENPUU-ZAN)を連打することによって這い上がることも可能です。

ss009
倒した敵の数によってレベルが上がり、新しいキャラクター(武器)や技を使うことができるようになります。

ときには立ち止まることも大事

ss007
敵がたくさん集中している場合、むやみにつっこんでいっても逆にやられてしまいます。プレイヤーキャラもピョンピョンはねますし、敵も動くからです。そういうときは移動ボタンの押しっぱなしをやめて、最前線の敵を倒したことを確認してからチマチマ1タップ分ずつ進んでいくときれいに倒すことができます。途中からオートで攻撃してくれる援護がつくようになるので、プレイヤーは動かず、援護射撃だけで敵を倒すのも有効な戦術です。

ss011
しかしその場にとどまりすぎるのも考え物です。実は後ろから、真っ黒い壁のようなモンスターが迫ってきています。この黒い壁モンスターに触れると死んでしまいます。強制スクロールでこそないものの、ある程度は急いで前進しないといけないようになっています。壁の追いかけてくるスピードはさほど速くないので、なるべくたくさんの敵を倒しつつ、「これ以上その場にとどまると追いつかれる」ラインを見極めて前進しましょう。

ss008
大量の敵がいる場所にうっかり飛び込んで死んでしまった場合、すぐにリトライせずにしばらく放置してみましょう。プレイヤーが死んでも援護射撃は残るので、強敵(この画面の場合は赤くて大きなキューブ)を自動で倒してくれる場合があります。

ss010
新しい技を覚えると、一撃で一番弱いキューブを一網打尽にする衝撃波を放つなど、序盤の攻略が楽になります。何度死んでもリトライできるので、地道に敵キューブの打破数を増やしていきましょう!

▼関連リンク
Bouncy Blade(公式)
HULABREAKS
SOFTFUNK.COM

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

Bouncy Blade

配信元:HULABREAKS

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.0 / iOS:1.1

Androidアプリのアクセス内容

その他
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年03月17日)の情報です。

PageTopへ