アイキャッチ画像

【アイ★チュウ】第29回:無課金勢でも大丈夫! 残りLP量に合わせて難易度を変えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年1月26日]

ss001
ツアーイベント「道化師のロンド」も佳境に入ってまいりましたが、アイチュウプレイヤーの皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。これまでのライブジャックやグループフェスとはイベント構成ががらっと変わったので、戸惑われている方も多いかと思います。かくいう私も、現時点(2016年1月26日13時半)の順位は5,000位前後をウロウロ……とあまり芳しくありません。途中休憩可能とはいえ5曲連続でプレイするので、実際よりもたくさんマラソンしたような感覚に陥っています。実際にはまだ18周(=80曲プレイ)しかしていません。普段ならイベント全期間を通して200回以上はプレイしているはずなので、この順位はさもありなん。怠慢です。本日を含めてあと3日あるのでここからがんばって巻き返していきたいと思います。

▼関連記事
【アイ★チュウ】第28回:5曲連続ツアーイベント「道化師のロンド」編成は属性重視にしよう!

低難易度でもタップ数に応じてptが入手できる

ss002
ツアーモードは「易しい」「普通」「難しい」の3種類が用意されています。私は「難しい」一択でプレイしていたのですが、思ったより獲得pt数が伸びないことに悩まされていました。

ss006
というのも、楽曲属性にあわせてチームを編成したため、スコアが伸びないんですね。スコアボーナスは、EXPERT楽曲の場合、40万点なら400pt、100万点なら1,000pt入手できます。上限は決まっていて200万点稼いだからといって2,000pt入手できるわけではありませんが、やはりスコアは高ければ高いほどおいしいわけです。

しかしこれはあくまで難易度の高い楽曲の場合です。難易度が低い楽曲なら、高レアリティカードが少しでもあれば簡単に上限までスコアボーナスを得られます。重要なのはタップボーナスです。楽曲属性とチーム属性さえ合わせれば、タップした分まるごとボーナスとして加算されます。難易度が低いほどイベントptにおけるタップボーナスの割合が大きくなります。なんだかエンゲル係数みたいですね(笑)

ss004
難易度「易しい」を選択した場合。
EASY→NORMAL→NORMAL→HARD→HARDという編成になります。
合計消費LPは5+10+10+15+15=55。

ss005
難易度「普通」を選択した場合。
NORMAL→NORMAL→HARD→HARD→EXPERTという編成になります。
合計消費LPは10+10+15+15+20=70。

ちなみに「難しい」の場合は
HARD→HARD→EXPERT→EXPERT→EXPERTという編成で、
合計消費LPは15+15+20+20+20=90。

無課金でプレイしている方など、消費LPを抑えたい方は、あえて難易度を下げるというのもありではないでしょうか。「難しい」にくらべれば得られるイベントptは落ちますが、少なくともタップした分は確実に手に入るので、これまでのイベント(ライブジャック、グループフェス)の低難易度マラソンよりも差が開きにくい仕様になっていると思われます。初心者の方にも優しいといえます。

ss003
また、全5ステージをSクリアすると、経験値用クマ校長が貰えます。経験値用クマ校長が欲しい方はぜひオールSクリアを目指してください。ステージの難易度を下げると、クマ校長をもらいやすいというメリットもあります。

▼関連リンク
アイ★チュウ 公式サイト

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

アイチュウ

配信元:Liberent

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.2.1 / iOS:1.2.1

Androidアプリのアクセス内容

アプリ内購入
端末とアプリの履歴
実行中のアプリの取得
ID
この端末上のアカウントの検索
連絡先
この端末上のアカウントの検索
電話
端末のステータスと ID の読み取り
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
Wi-Fi 接続情報
Wi-Fi 接続の表示
端末 ID と通話情報
端末のステータスと ID の読み取り
その他
インターネットからデータを受信する
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示
バイブレーションの制御
端末のスリープの無効化

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年01月26日)の情報です。

PageTopへ