アイキャッチ画像

「良い」と「悪い」の2択でロボットをカスタマイズしていこう! 機体育成ゲームアプリ『ロボバトル』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年11月30日]

IMG_6064子供の頃は、「これは良いことだからした方が良い」「これは悪いことだからしてはいけない」などと、物事を「良い」か「悪い」かで判断して行動することが多かったと思います。
この『ロボバトル』はそれと同じように、ロボットの動きを「良い」か「悪い」かの2択で学習させて育てていくというゲーム。
カスタマイズ、トレーニング、バトルの3つのステップで、自分好みの機体を育成しましょう。

機体をカスタマイズ

まずはホームの上の方にある四角をタップして、機体のカスタマイズです。
IMG_6064 IMG_6077
レーザーなどの機体パーツを配置して、回避(回避行動の頻度)、機動(すばやく動く能力)、索敵(敵のボディを探す能力)数値をそれぞれ設定しましょう。
機体は4つまで切り替えられるので、それぞれ長所の異なった機体を作っておくのがおすすめです。

機体に動きを学習させる

次にトレーニングをします。
青い方がプレイヤー、赤い方が敵です。
IMG_6093 IMG_6089
ロボが「接近」「離脱」「攻撃(近接)」「攻撃(遠隔)」「ステップ」「なにもしない」などの行動パターンを取ります。
敵の動きに合わせて、「良い」動きには画面右下の左の親指を上に向けているアイコン、「悪い」動きには右の親指を下に向けているアイコンを連打するだけ。
適当なところでセーブすると、学習成果のグラフが表示されます。

バトルは観察するだけ

カスタマイズしてトレーニングを積んだあとは、いよいよバトル。
IMG_6078 IMG_6079
ロボは自動的にトレーニングで学習させた通りの動きをするので、ひたすら観察するだけ。
ちょっと退屈だと思ったら、画面右上の矢印をタップすると倍速で見ることができます。

IMG_6065 IMG_6088
バトルに勝つと次のエリアに進むことができ、新しい機体パーツをゲットできることも。
敵はどんどん強くなってきます。負けてしまったバトルはよく観察して敗戦の原因を探し、もう一度カスタマイズとトレーニングをして改善していきましょう。

このゲームは負けても失うものは何もないので、とりあえずやってみる精神が大事です。
カスタマイズ→トレーニング→バトル(観察)の繰り返し。
操作のシンプルさと、ロボが自分好みに育っていく楽しさにハマります。

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

ロボバトル

配信元:Hakoniwa Soft

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.1.0 / iOS:1.1.0

Androidアプリのアクセス内容

ID
この端末上のアカウントの検索
連絡先
この端末上のアカウントの検索
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのファイルシステムへのアクセス
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
Wi-Fi 接続情報
Wi-Fi 接続の表示
その他
インターネットからデータを受信する
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の変更
Wi-Fi からの接続と切断
ネットワーク接続の表示
端末のスリープの無効化
この端末上のアカウントの使用

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年11月30日)の情報です。

PageTopへ