アイキャッチ画像

有名演出家にインスパイアされた異色のゲームアプリ『モーツァルトの魔笛』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年10月14日]

IMG_5646_100815_044436_PM
IMG_5635_100815_044312_PMどーも、みなさん最近クラシックを聴くようにになった筆者です。
以前はロック系の音楽しか聴かなかったのですが、友人に勧められたのをきっかけに、少し背伸びをして聴き始めちゃいました。ちなみによく聞く作曲家といえばヴィヴァルディ、J.S.バッハ、ショパン、それからモーツァルトです。特にモーツァルトのキラキラ星変奏曲やピアノ協奏曲が好きで、時々聴いては癒されています。

そしてモーツァルトの手がけた有名なオペラの演目『魔笛』を題材にしたのが今回プレーしたアプリ『モーツァルトの魔笛』です。アプリでオペラの雰囲気が感じられる、珍しくも面白い作品だったのでご紹介していきます。

魔笛の楽曲に彩られる魅惑のパズル

IMG_5641_100815_044223_PMIMG_5642_100815_044242_PM
『モーツァルトの魔笛』では、主人公タミーノ王子が乗るブロックを操作し、出口まで導くことが目的です。ブロックには主人公が上を歩けるものと、歩くことの出来ないもの、さらに、特定の場所に設置すればギミックが発動するものなどがあります。
IMG_5646_100815_044436_PMIMG_5636_100815_044045_PM
ギミックには、はしごマークのブロックを段差のある場所に持って行くとはしごがかかるというものがあります。ステージに進んでいくごとに難易度が目に見えて上昇していくので、思考パズルとしての歯応えはなかなかあります。それに1つのステージをクリアするとかかった時間に応じて評価が出されるので、何度も挑戦してそのステージの最短ルートを探して行くのも面白いかもしれません。

また、宮本亜門氏の演出にインスパイアされて作られた印象的な世界観と、モーツァルトの壮大で優雅な音楽もこのゲームの大きな魅力です。ステージによって物語とシンクロしつつ演出や音楽が変わっていく様は、目でも耳でも非常に楽しいです。たとえば、主人公がブロックを進む度に大蛇が襲いかかってくる演出は、原作を見たことのある人からするとついニヤリとしてしまうのではないでしょうか。

『モーツァルトの魔笛』はいかがでしたか? プレーしてみると、単なるゲームではなく1つの物語を見ているような感覚に浸れるゲームでした。オペラが好き、あるいはオペラを見てみたいなんて思っている人はぜひプレーしてみてはいかがでしょうか?

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

モーツァルトの魔笛

配信元: Lab Like Sp. z o.o.

iOS価格:240円

  • バージョン iOS:1.1

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年10月14日)の情報です。

PageTopへ