アイキャッチ画像

今更だけどちょっと変わった3マッチパズル『MUJO』プレイしてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年9月14日]

ss010

『MUJO』というアプリをご存知でしょうか? 「App Store Best of 2014」ベストゲームの1つに選出された3マッチパズルで、106もの国のパズルゲームランキングでTOP10入りを果たした大人気アプリです。私も名前だけは知っていて、流行に乗り遅れたのでそのままスルーしてしまっていたのですが、先日プレイしたオインクゲームズの『伝説の旅団』の雰囲気がよかったので、いまさらですが『MUJO』もプレイしてみることにしました。

▼関連記事
アースカラーのイラストが魅力的・火を取り戻す旅に出よう!『伝説の旅団』

長押しで溜め、タップで攻撃

ss001 ss002
縦横に3つ以上同じパネルがつながっているマスは、1秒以上長押しすることによって1つのスタックにまとめることができます。剣3枚分をまとめた結果、攻撃力が9の剣のスタックが1枚できあがりました。これだけでは攻撃することができません。パズル部分の下の「UP」をタップしてみましょう。

ss003 ss004
「UP」をタップすると下から1段パネルがせりあがってきます。剣のパネルが新たに2枚出現し、攻撃力9の剣スタックとつながりました。合計で11の攻撃力です。今度は長押しではなくタップします。タップすると攻撃することができます。

ss005 ss006 ss007
長押し(スタック作り)とタップ(消去)の違いをマスターしましょう。画面左上の剣マーク横の数字が敵のHPです。それを上回る攻撃力でタップすれば敵を倒すことができます。剣以外のマークを集めて消すと経験値となります。

ss008 ss009
倒した敵(神)は仲間になります。日本製のアプリなのに、テキストが翻訳調なのが面白いですね。日本のアニメ調ではない外国風のイラストにとてもよくマッチしています。

「UP」を有効につかおう

ss010 ss011
左のスクリーンショットを見てください。パズル最上段の「16」のスタックが「たすけて!UPが私を消し去る!」と悲鳴をあげていますね(笑)翻訳調すぎて最初は一体なんのことだろうと思ったのですが、これはUPボタンをタップするとせっかくつくったスタックが画面外に出て消えてしまう、という意味の警告でした。攻撃力や経験値を集めていても、画面外に出てしまったら使うことができません。とても親切です。しかし翻訳調がなんともいえずユーモラスです。

逆に右のスクリーンショットのように、UPを利用して画面上部へ押し出すときに爆発するボムもあります。パネルをどんどんつなげてスタックを大きくしていくとなかなか3つ繋げることが難しくなると思います。UPを上手に活用して3マッチさせていきましょう。

実際にプレイしてみた感想は「おもったより難しいな……」ということでした。序盤のステージは簡単ですし、ゲームオーバーという概念がないのでいつまでも続けてプレイできるのですが、なかなか自分の思い通りのスタックが作れないのです。上からふってくるのではなく、下から押しあげるタイプのパズルであること。長押しとタップの違い。このあたりは慣れないと高得点が狙えそうにありません。個人的にはもっと日本的なパズルが好みなのですが、世界中で流行した理由はよくわかります。国境を越えて遊べるゲームだと思います。頭を使う3マッチパズルがお好きな方、通勤・通学中に暇つぶしをしたい方に最適のアプリです。

▼関連リンク
MUJO
株式会社オインクゲームズ

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

MUJO

配信元:Oink Games Inc.

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン iOS:1.2.2

Androidアプリのアクセス内容

アプリ内購入
位置情報
おおよその位置情報(ネットワーク基地局)
正確な位置情報(GPSとネットワーク基地局)
Wi-Fi接続情報
Wi-Fi接続の表示
端末IDと通話情報
端末のステータスとIDの読み取り
その他
バイブレーションの制御
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年09月14日)の情報です。

PageTopへ