アイキャッチ画像

iOS版登場!オート攻撃系弾幕シューティング『スクアドロン』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年8月28日]

ss005
ss0012015年2月にAndroid版がリリースされ人気を博した弾幕シューティングアプリ『スクアドロン』のiOS版がついに公開されました。

弾幕シューティングというと難しいイメージがありますよね。画面中に敵の弾幕が広がる様子は確かにあまり初心者に優しいとはいえません。しかし『スクアドロン』の操作は非常にシンプルで洗練されていて、かすり判定(弾幕ギリギリを避けて高得点を狙う)などはなく、ひたすらスワイプで避けることに特化しています。スマートフォンの画面から指を離すと自動的に一時停止状態になるのも特徴的です。弾幕シューティングをプレイしたことがない方の入門にぴったりのアプリです。難しそう……と尻ごまずにぜひチャレンジしてみてください。

▼関連記事
シューティング 記事一覧

スワイプ中だけオート攻撃

ss002 ss003
操作は簡単、4種類の自機(スペースシップ)を場面に応じて使い分けながら、スワイプで敵の弾幕を避けるだけです。画面に指が触れている間、つまりスワイプしている間はオートで攻撃が発動します。逆に指を離すと一時停止モードに切り替わります。被弾しそうになったときに一時停止モードにして休憩できるのはありがたいですね。

4種類あるスペースシップはそれぞれ攻撃方法が違っています。場面によって的確に切り替えていくことがクリアへの近道です。切り替えを行わずにひたすら自力で避けたい方にとっては、残機が4あるということになります。とくに選択せずに自機が撃破されてしまった場合、左のスペースシップから順番に使用されます。

ss004 ss006
いちばん左のスペースシップはシューティングの基本形で、攻撃はまっすぐなビーム型です。攻撃範囲が狭い代わりにロングレンジから狙えるという長所があります。

中央左側のスペースシップは、弾が敵をオートでホーミングしてくれます。狙いを定めるのが難しくても、画面をスワイプしている間は確実に敵に被弾するのがありがたいですね。特に敵がフレームインして弾幕を放つ直前に撃破できるので使いやすいと思います。ただしホーミング速度は速くありません。敵の数が多くなると厳しくなるでしょう。

ss005 ss007
中央右側のスペースシップは3方向同時に攻撃してくれます。攻撃範囲が広めなので、敵が複数出現したときや、横一列に並んだときなどに有効です。

いちばん右のスペースシップは、棒状の弾を回転させながら放ちます。敵の弾幕も消してくれるので、周囲を完全に囲まれてしまったときに使うと起死回生を図ることができます。射出速度が遅いのが難点ですが、序盤のステージならば、このスペースシップを使えばすぐにクリアできるでしょう。

ss008 ss009
敵や弾幕に囲まれて動けなくなったら画面右上にあるボムを使いましょう。画面に見えている敵をまとめて撃破することができます。また敵を撃破していくと、ボムやスター、自機が増えるアイテムなどがドロップすることがあります。スペースシップをスワイプしてなるべく回収するようにしてください。ただ残機が減ってアイテム回収も失敗する……ということもあるので、弾幕をすり抜けられるか見極めるようにしましょう。

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

スクアドロン - 弾幕シューティング

配信元: Magma Mobile

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.0.4 / iOS:1.0.1

Androidアプリのアクセス内容

その他
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示
バイブレーションの制御

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年08月28日)の情報です。

PageTopへ