アイキャッチ画像

簡単操作の育児日記アプリ『HappyBabyNotes 無料版』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年9月08日]

001_baby
 今回は、iPhone向けの簡単育児記録アプリ『HappyBabyNotes 無料版』をご紹介します。
 乳児期はおむつ替えや授乳、ミルクなど、お世話の回数も多く、ちょっとした体調の変化も見逃せません。1日にどれくらい飲んで、排泄を何回したかなど、きちんと育児ノートに記したい気持ちはやまやまだけど、ゆっくり机に向かう暇もなく、気がつくと記憶が曖昧に……。
 そんな時は、簡単操作で毎日の育児記録ができる『HappyBabyNotes 無料版』が大変便利です。特徴は、何と言っても簡単操作と見やすいアイコン表示。まずは基本設定の仕方からご説明しましょう。

子どもの情報を登録

002-baby AppStoreからダウンロードをしたらアプリを開いて、お子さまの情報設定をしましょう。右下にある設定ボタンをタップしてください。

 すると、「Baby1」から「Baby3」までの情報入力画面がでてきます。当記事モデルは、新生児のはなちゃん。「Baby1」の名前欄から変更して、順に生年月日を入力します。睡眠時間の表示単位はのちほど説明する、睡眠時間の記録時の設定にあたります。小刻みに眠る子は、15分単位を選択しておきましょう。
 記録をつけたいお子さまが複数いらっしゃる場合、「Baby2」や「Baby3」のタグをタップして、それぞれに名前と生年月日、色分け、睡眠時間の単位を入力設定してください。
 設定はなんとこれだけです。時間表示は24時間表示の方が、見やすいように思います。
003_baby004_baby

食事や排泄を記録してみよう

 準備が整ったら、実際に育児記録をつけてみましょう。
 記録をつけたいお子さまのページを開くと、左端から「TIME(時間)」「SLEEP(睡眠)」「MILK(食事)」「DIAPER(排泄)」「MEMO(追記)」の5つの枠があります。
 まずははなちゃんが17時にミルクを飲んだので、それを記録してみましょう。
 17時の「MILK」欄を長押すると、アイコン一覧をが開きます(記録したい時間帯と、記録したい内容のコマを長押しすると、それぞれのアイコンが一覧で表示されるので、初めて使用する方は覚えておきましょう)。
 ここでミルクのアイコンをタップするだけで、17時のミルクを記録できました。
005_baby007_baby

006_baby

「MILK」欄のアイコンは、ミルク、母乳、混合、離乳食、ミルクと離乳食、授乳と母乳の6種類

 同じ要領で、18時の排泄も記録してみます。
 18時台の「DIAPER」を選択し長押しすると、排泄用アイコンが表示されます。はなちゃんはおしっこをしたので、おしっこのアイコンを選択して、記録をしました。「MEMO」欄に、排泄物の様子を記録すると健康状態の管理もしやすくなりますね。柔らかい、硬い、少なめ、多めなど、余裕があれば記録しましょう。

008_baby009_baby

睡眠の記録

 乳児はよく寝るものです。
 はなちゃんも、19時になると眠たくなったようです。恒例の操作、19時台の「SLEEP」欄を長押しして、アイコンを開きます。睡眠のアイコンは複雑なように見えますが、15分刻みになっているだけです。一番短いバーから15分、30分、45分、60分を示していて、それぞれ3パターンで記録できます。19時から21時30分まで、ぐっすりとおりこうに寝たはなちゃんの記録が完了しました。
 アイコンのパターンが豊富なので、短時間睡眠を繰り返すお子さまにも対応できます。できればまとめて眠って欲しいですけどね。
10_baby11_baby

12_baby 忙しくてタイムリーに入力できなかったときも、入力したい時間や日付にさかのぼり、あとから記録することができますよ。

その他の便利機能、カメラロールへ出力

 1週間分のアプリデータを一覧にした画像を、カメラロールに出力することができます。病院にかかるときの資料として、プリントアウトして持っていくときなどに活用できますね。
 この操作も簡単です。画面下にあるアイコンを開いて、データ化したい日付を指定するだけで自動的にカメラロールに一覧画像が出力されます。
13_baby14_baby

 こちらがカメラロールに出力された一覧です。
15_babay

 あら、Excelで管理しているみたい! 24時間の様子が一目瞭然! 月齢によりミルクや排泄の間隔が変化してくるので、お出かけや家事、仕事の予定が立てやすくなるのではないでしょうか。
 筆者も、我が子が生まれたばかりの頃はフル活用していました。小柄でお腹が弱い子だったため、日ごとの体重変化やミルクを飲んだ量、排泄の様子を都度記録して、小児科医に相談したものです。検診時も、ミルクを飲ませる間隔や回数などを聞かれますので、アイコンだけでも入力しておくと便利だと思います。
 寝るのが仕事という新生児を相手にしていても、あっという間に時間が過ぎるのが育児です。お子さまが大きくなった時に、どんな生活をしていたのかを知ってもらえる貴重な記録にもなるので、ぜひ利用してみてください。
 なお、iOS版には広告無しの有料アプリも用意されています。

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

HappyBabyNotes 無料版

配信元:KonohaDesign

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン iOS:4.2

Androidアプリのアクセス内容

画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
カメラ
画像と動画の撮影
その他
ネットワークへのフルアクセス

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年09月08日)の情報です。

PageTopへ