アイキャッチ画像

乙女ゲームにもイノベーションが!?『代官山意識高いカレを地獄へ!!』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年8月14日]

ss008
ss001私が初めて「意識高い系」の人に出会ったのは、某大手IT企業に派遣社員として勤めたときのことでした。

研修が終わったある日、上司が言いました。「ではコンセンサス(※1)が取れたということで、来週からアサイン(※2)してください」……冗談だと思うでしょう? 本当にいるんですよ、こういう人。アンタはルー大柴か、とつっこみたい気持ちを抑えて私は「承知しました」と言わざるをえませんでした。

その後社内の人との食事が諸事情で延期になったことがありました。メンバーは口々に言いました。「じゃあリスケ(※3)で!」……ご飯食べて遊ぼうっていうだけのことに「リスケ」! 笑った後なぞの脱力感に襲われました。学歴も低ければ意識も低いままぼんやりと生きている私には、カタカナ語が飛び交う職場で生きぬく力がありませんでした。日本語が通じる職場に巡り合えた私はとても幸せです。

『代官山意識高いカレを地獄へ!!』は意識高い系のカレを育てる、一風変わった乙女ゲーム系放置アプリです。開発元はなんとArithmetic! 『王子様とイケナイ契約結婚』『89人のイケメンと浮気(かれぺっと)』など、おそらく課金力のある主婦層を狙い撃ちにしていると推測されるアプリが主力の企業です。オフィスが広尾(※4)にあり、代官山のボルテージ(※5)と同じく「意識が高そうなイケメン(IT企業社長、弁護士など)」を攻略できるのが売りだったはず……だというのに急に自虐的なギャグアプリをリリースしたわけです。社名とタイトルを見ただけでジワジワ笑いがこみあげてきます。早速ダウンロードして遊んでみました。

【編注】
(※1)合意 (※2)人員の割り当て (※3)リスケジュール、スケジュールの再調整 
(※4)渋谷区の一部。恵比須や麻布などと隣接していて、高級な土地柄
(※5)恵比寿ガーデンプレイスに本社がある

▼関連記事
イケメン×女装男子はやっぱり美味しいね♡『おれみゅ!俺が姫役ミュージカル』
乙女ゲーム 記事一覧
Arithmetic 記事一覧

元カレは意識高い系

ss002 ss003 ss004
SNSが好きで、スタバが好きで、代官山が好きで、人脈自慢するけれど実は全然大したことない痛い男。それが主人公の元カレ。役満すぎて見ているこちらが「ヒギィッ!」と変な声を上げそうになりました(笑)いますね、確かにいます。編集部(中目黒)と代官山は電車で1駅と非常に近いので、たまに行くことがあるのですが、代官山蔦屋のスタバは本当にMacbookを持った若者たちでいっぱいです。彼らがずっと席を占拠しているので座れたことは一度もありません。

そんな彼も昔はあまり意識が高くありませんでした。普通(?)だった彼が意識高い系に変貌していく様子を追っていきましょう。

ss005 ss007 ss006
代官山の中央に元彼が立っています。代官山駅、TATSUYA、スタパが見えますね。そこにいる人たちをタップすると意識の高いアイテムが手に入ります。コーヒーやゴツいヘッドフォン、洋書(?)など……さすがにMacは出てきません(笑)出したらやはりリジェクトされるのでしょうか……?

アイテムを集めたら「知る」タブをタップして、意識高い用語を勉強していきます。アイテムの量はテキトーではダメです。画面右下の「大事なメモだぜ」をタップして、配合を確認しましょう。

ss008 ss009 ss010
配合が正しいと新しい意識高い用語が出現します。これで遊びながらややこしいカタカナ語を覚えられますね。アウトプットも大事ですが、インプットもそれ以上に大事ですよ(意識を高くもってみました)。

街へ戻り、カレへ意識高い用語を与えましょう。すると次第に意識メーターが増えていきます。満タンになると、カレが変化しそうになります。変化には特定の意識高いワードが必要です。画面右上のメガネっ子にどのワードが必要か教えてもらい、「知る」でその言葉を用意してきましょう。

部屋でレベルアップ

ss011 ss012 ss013
意識高いワードはたくさんあります。初期状態ではそれぞれのアイテムは1つずつしか配合できませんが、アイテムLVを上げることによって2つ以上配合できるようになります。また、なかなか集まらないアイテムも、それぞれの場所へ行く回数を増やすことによって手に入りやすくなります。カレの意識が高まってきたら、「部屋」でそれぞれのLVをあげましょう。

ss014 ss015
赤いモヤを出しているカレに適切な意識高いワードを与えると変化します。ワァ……うざい……(笑)いい感じに成長しましたね(笑)この調子でどんどん意識高いワードを集めて、カレが意識高い系に成長していく歴史を見ていきましょう。

人間、覚えたばかりの言葉は使いたくなるものです。けれどカタカナ語ばかり使うのはやめたほうが無難だと思います。プログラムなど分野によってはカタカナでしか言い表せられない言葉もあると思いますが、基本的には「難しいことを、誰もが理解できるように易しく言い換えられる」人こそが、本当に意識が高くて賢い人だと思います。

しかしかつての上司のように、カタカナ語が大好きな人がいるのも事実です。これを機会に用語を覚えて、コミュ力を磨いてみるのも良いのではないでしょうか。

▼関連リンク
株式会社アリスマティック

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

代官山意識高いカレを地獄へ!!

配信元:Arithmetic

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.0 / iOS: 1.0.0

Androidアプリのアクセス内容

その他
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年08月14日)の情報です。

PageTopへ