アイキャッチ画像

登場人物全員に物語を…GAGEX新作『昭和夏祭り物語 ~あの日見た花火を忘れない~』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年8月10日]

ss016
ss001 ss005
淡くて優しいタッチのイラストと、涙腺を刺激する懐かし系のストーリーで有名な株式会社GAGEXから、2015年8月8日、新作アプリ『昭和夏祭り物語 ~あの日見た花火を忘れない~』がリリースされました。今作の舞台は昭和のとある小さな田舎町。主人公の女の子は母親と2人で1週間だけ田舎へとやってきました。今日は8月31日、夏休み最後の日です。村では夏祭りが開かれています。都会へ戻る前に村のひとたちと交流し、女の子が過ごした1週間の物語をひもといていきましょう。

▼関連記事
たった1つの屋台が、たった1つの憩いの場『おでん屋 人情物語~今宵 キセキの起きる店~』
最高のゲームは最適なチームから~『昭和駄菓子屋物語』ができるまで
GAGEX 記事一覧

夏休みの最後の日、小さな村の夏祭り

ss002 ss003 ss004
アプリの基本的な部分は、GAGEXのこれまでの作品とほぼ同じです。放置してお客(村人)を呼びよせ、タップ(スワイプ)で「思い出」を回収します。貯めた「思い出」を元に夜店を増やしたり、イベントを開催してさらにお客を増やします。お客との好感度があがると、手紙形式のストーリーが解禁されていきます。

ss007 ss008 ss009
まずは「客寄せ」タブをタップし、5種類の客寄せのうちいずれかを選びます。時間が短い方がお客の集まりはいいのですが、こまめにアプリを確認できない方や寝る前などは長時間の客寄せを選んでおきましょう。

お祭り会場に戻るとさっそくお客さんが来ていますね。タップ(スワイプ)すると「思い出」を回収することができます。新しい「お客さん」や「アイテム」をゲットすると図鑑タブに「NEW」マークがつきます。今回来てくれたお客さんは、「盆踊りのプロ」でした。お客によって好みのイベントが違います。イベントを変えると違う客層のひとびとがやってくるということですね。

夜店を出して、イベントを開いて

ss010 ss011 ss012
「夜店」タブから、夜店を増やしたりレベルを上げたりできます。最初はやきそば屋さんだけですが、最大で5種類の夜店を開くことができます。どの夜店から増やしていくかは自由です。

「あめ細工」屋さんを開きました。パッと見どこに増えたかわかりませんね。やきそば屋さんのある初期画面は「下町通り」という場所です。あめ細工があるのは階段をのぼった「神社境内」の、鳥居の向こう側です。画面の切り替えは、画面左上にある「下町通り(神社境内)」というバナーをタップしてください。誰もいない……と思ったら別の画面にお客が集中していることもあります!

ss013 ss015 ss016
イベントを開催すると集まるお客の種類が変わります。満遍なくイベントを開催することで、図鑑をコンプリートしやすくなるでしょう。

時折、麒麟のような不思議な生き物が現れます。タップするとボーナスタイムに突入し、たくさんのお客が集まってきます。見つけたときは必ずタップするようにしましょう。

好感度をあげて、手紙をもらおう

ss017 ss018
何度も同じお客を集めたり、好みのイベントを開催していると、次第に好感度があがっていきます。すると手紙が届きます。手紙の中には、女の子が過ごした村の生活や、お祭りのことがとぎれとぎれに書かれています。

ガキ大将からはちょっとイジワルな……大人になったいまなら「照れ隠し」とわかるけれど、小さな女の子には「嫌な子」と思われてしまう残念な……手紙が届きました。素直になれないんですね。いましたいました、気になる女の子にわざと嫌がらせをする男の子。平成生まれのイマドキ男児はもうちょっとスマートだと信じています(スカートめくりも流行っていませんしね!笑)

手紙は出会って好感度を上げたお客全員からもらえます。時折「ん?」と首をかしげたくなるような不思議な内容も混じっています。女の子は「お母さんと2人で」田舎にやってきました。お父さんは? 全員から手紙をもらえば、女の子の事情もわかりそうです。

ss019 ss020 ss021
図鑑ではお客さんだけではなく、夏祭り恒例のアイテムも確認できます。子どものころ、袋入りの綿菓子を買ってとよくせがみましたが、結局ほとんど買ってもらえたことはありませんでした。原価のわりに高いから……というわけで綿菓子を作るおもちゃを親は買ってくれたのですが、ほしかったのはお祭りの綿菓子なんですよ! もちろん綿菓子作成マシーンも嬉しかったですけど。

『昭和夏祭り物語 ~あの日見た花火を忘れない~』は、ストーリー面だけではなく、BGMやSEも進化しています。イベントごとにちゃんとSEが変わりますし、ノスタルジックなBGMが胸をしめつけてきます。キャラクターも、過去のGAGEXアプリに出てきたキャラクターと同じく、あたたかく素朴な人ばかりです。女の子が過ごした田舎の1週間を、あなたも追体験してみませんか?

▼関連リンク
株式会社GAGEX

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

昭和夏祭り物語 ~あの日見た花火を忘れない~

配信元: GAGEX Co.,Ltd.

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.0.1 / iOS:1.0

Androidアプリのアクセス内容

画像/メディア/ファイル
USBストレージのコンテンツの変更または削除
USBストレージのコンテンツの読み取り
その他
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年08月10日)の情報です。

PageTopへ