アイキャッチ画像

30分で100DEATH達成!UeharaLabo新作『JumpMania』はやっぱり死にゲーだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年7月16日]

ss005
ss001 2015年7月16日、UeharaLaboから新作アプリ『JumpMania』がリリースされました。

 「上原」といえば「死にゲー」の代名詞といっても過言ではありませんが、今作『JumpMania』もプレイヤーの期待にばっちりこたえる激ムズ死にゲーです。縦持ちかつ指1本で操作できるというお手軽さとは裏腹に、相変わらずの初見殺しっぷりです。約30分間のプレイで、みごと死亡回数100を達成してしまいました!

 ・死にゲーは死んでこそ価値があるもの。
 ・上原の罠は油断したときに発動するもの。

 以上2点を踏まえて、ヘヴィーゲーマーの皆さんも、ライトユーザーの皆さんも、是非『JumpMania』に挑戦してみてください。

▼関連記事
部品を集めてロボットを作れ!日曜大工系放置ゲーム『イチローくんの日曜日』
HIKAKIN死す!?UUUM×UeharaLaboコラボ死にゲー『Yの冒険』
YouTuberはじめしゃちょーがアルパカにいさん化! 狂気の放置ゲー『はじめ兄さん』
UeharaLabo 記事一覧

「AREA 1」はチュートリアル

ss002 ss003 ss004
 最初のステージ「AREA 1」はチュートリアルを兼ねています。
 プレイヤーができる操作は、タップでジャンプ、ロングタップで大ジャンプ、ダブルタップで2段ジャンプの3種類のみです。指1本で遊べるというのは本当です。

 ステージの隙間に落ちたり、トゲに触れたりするとゲームオーバーになるのもいつものお約束です。AREA 1には、上原ゲー恒例の「理不尽なトラップ」が設置されていません。が、いつもどおり、しょっぱなからアクセル全開、かなり歯ごたえのあるステージ構成です。

ss005 ss006 ss007
 ☆(星)を取得していくと、残機が増えるのもいつも通りの仕様です。
 左側スクリーンショットの高い位置にある☆は、ジャンプを駆使して上のルートを通らないと取得できなさそうです。ステージの隙間にある☆は、おそらく落ちかけたところで2段ジャンプをすれば取得したまま生還できると思うのですが、タイミングをあわせるのが難しいのでたいていスルーしています。あと1つ星を取得すれば残機が増えるという場合(右側のスクリーンショットのような場合)は、リプレイ後を考えてあえて死ぬのもありだと思います。

油断したころに発動する罠

ss012 ss013 ss014
 「AREA 1」こそ「いつもの罠」はありませんが、「AREA 2」以降はトラップだらけです。油断が即、死につながります。上のスクリーンショットにうつっているトラップは、どれもあからさまに怪しいものばかりですが、実際にプレイすると「なんでそんなところから!?」とか「反則だー!」と叫びたくなるようなトラップがたくさん仕掛けられています。
 あなたはクリアまでにいくつのトラップにひっかかるでしょうか?
 そもそもクリアできますか?

一度クリアしたAREAは何度でも死ねる

ss008 ss009
 画面左上の「×6」というのは残機の数を表しています。6機残っているので、6回までなら死んでもリトライできるということです。一度クリアしたAREAは残機がなくなっても何度でもリトライすることができます。

ss010 ss011
 しかし、未クリアのAREA(スクリーンショットだと「AREA 5」)に挑戦していて、残機ゼロの状態で死ぬと、「GAME OVER」となり、「AREA 1」からやりなおしとなります。最新AREAまで残機をいくつ残せるかが攻略のカギです。なかなか最新AREAを攻略できない方は、序盤のステージでひたすら☆を獲得してみてください。残機を増やしてから再挑戦しましょう。また☆を集めているうちに、きっとトラップの位置を覚えられると思います。

イチローくんの日曜日』(株式会社バイバイ)と同じく、「Supported By UUUM」と表示されるので、UUUM所属のYouTuberたちのプレイ動画が配信されるかもしれません。なみいるYouTuberたちに負けないよう、がんばってくださいね! 私は「AREA 5」(5面)でヘタレました……あとはお任せします……。

▼関連リンク
UeharaLabo
UUUM

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

JumpMania - 激ムズジャンプアクション -

配信元:UeharaLabo

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.0.1 / iOS:1.0.0

Androidアプリのアクセス内容

画像/メディア/ファイル
USBストレージのコンテンツの変更または削除
USBストレージのコンテンツの読み取り
その他
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年07月16日)の情報です。

PageTopへ