アイキャッチ画像

ゲイムマンのおもしろゲーム発掘調査~『スバラシティ』作者のもふもふアクション『モフーをふやそう』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年6月12日]

mofu08 ちょっと昔のゲームや、ちょっと知名度が低いかも? というゲームの中から、個人的にお薦めの作品を取り上げてご紹介する「おもしろゲーム発掘調査」のコーナーです。
gameman_map

 最近話題のパズルゲーム『スバラシティ』。プレイしていてふと気がつくとかなりの時間が経ってしまう、“時間ドロボウ”なゲームです。
 今回ご紹介するのは、この『スバラシティ』の作者・Ryuji Kuwakiさんの作品『モフーをふやそう』。『スバラシティ』に比べると知名度は低いですが、こちらもまたハマると抜け出せなくなってしまうゲームです。

▼関連記事
「長く遊んでもらいたい」建築パズルゲーム『スバラシティ』 開発者TmagoLoopインタビュー
UFOでネコを持ち上げろ!『ネコアップDX』
ゲイムマンのおもしろゲーム発掘調査

モフーをふやして飛ばして上へ上へ

mofu01mofu02mofu03

 顔のついた茶色いマリモのようなキャラクターがモフー。タップすると3つにふえます。

mofu04mofu05mofu06

 スワイプすると、引っ張って飛ばすことができます。この2つのアクションで、フィールドのできるだけ上方へモフーを送り込むのが目的。最終的にモフーがたどり着いた高さがスコアになります。
 モフーをふやすにも飛ばすにも、エネルギーが1つ必要。エネルギーがなくなるとゲーム終了なので、フィールドの途中にあるエネルギーを拾いながら進んでいく必要があります。
 エネルギーがガラスケースに入っている場合、そのままでは使えないので、ガラスケース同士をぶつけて割りましょう。

mofu07mofu08

 赤いモフーを2個ぶつけると、周りにいるモフーが一気に増殖します。この増殖にどれだけ多くのモフーを巻き込むかが、スコアを左右する重要なポイント。

mofu09mofu10

 うまくいけば、増殖にまた別の赤いモフーが巻き込まれて連鎖状態になり、しばらく何もしなくてもモフーが増え続けていきます。パチンコで大当たりが出たときに近い感覚かも。
 赤モフーを3つ接近させると連鎖状態になりやすいですが、周りのモフーが障壁となるので、思う通りに赤モフーをぶつけるのはなかなか難しいです。

mofu11mofu12

 普通の難易度の「GAME A」と、難しい「GAME B」があります。GAME Bには、硬いガラスを壊せる緑のモフーが登場。勢いよく弾いて一度に2個のガラスケースを壊せれば、エネルギーの節約になります。
 最初はすぐゲームオーバーになってしまうかもしれませんが、しばらくやっていると、コツをつかんで成績がどんどん伸びていくという、絶妙なゲームバランスです。ハマると抜け出せなくなるのは、このゲームバランスのせい。同じくKuwakiさん作の『スバラシティ』や、『ネコアップDX』にも共通する特長です。
 ちなみに、Kuwakiさんのサイトに、このゲームの開発過程が載っています。ゲームを作る際、参考になりそうですね。

▼参考リンク
TamagoLoop ゲーム開発ブログ
同ブログ内「オリジナルゲームができるまで」

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

モフーをふやそう

配信元:Ryuji Kuwaki

iOS価格:120円

  • バージョン iOS:1.3

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年06月12日)の情報です。

PageTopへ