アイキャッチ画像

激ムズすぎィ!PUMO新作『チャンピオンシップ・デッドエンド』は鬼畜死にゲー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年6月01日]

ss010
ss001『王国の道具屋さん』『ぐんまのやぼう』などの3DS移植や、最近ではオリジナルアプリ『みどりのほし』の大ヒットが記憶に新しいPUMOから新作アプリ『チャンピオンシップ・デッドエンド-DEAD END-』がリリースされました。

『チャンピオンシップ・デッドエンド』は千本ノックプロジェクト(新人プログラマーの研修を兼ねて1月に1度アプリをリリースするこころみ)の一環で、2015年4月23日にリリースされた『デッドエンド-DEAD END-』の続編となっています。

▼関連記事
スマホのヒットアプリをニンテンドー3DSでリリースするとどうなる? PUMOインタビュー
トレジャーハンターボブ・今度は死にゲーへ!『デッドエンド -DEAD END-』
PUMOの癒し系放置ゲーム!千本ノックプロジェクト『みどりのほし』
PUMO 記事一覧

操作はタップとダブルタップだけ

ss002 ss003 ss004
今回も主役はボブ。全部で50個用意された激ムズステージは前作よりだいぶハードルがあがったようです。1ステージを駆け抜けるのにかかる時間はたったの3.5秒です。その間に、タップでジャンプ、あるいはダブルタップで2段ジャンプをして、敵やトラップを避けつつお宝を回収するのが目的です。

ss005 ss006 ss007
この1年、様々なアプリで鍛えられましたから、ステージ1ぐらいならなんとか……と思ったのもつかの間。ボブが画面左端に到達すると、間髪いれず1つ上のステージの画面右端に移動します。休憩をはさむことはほとんどできず、3、2、1、GO! であっという間に死んでしまいましたorz

スタートしてすぐにダブルタップして上の足場に乗りたかったのですが、そうは問屋がおろしません。何度挑戦しても足場には届かず(どうやらタイミングが早すぎるようなのですが、どうしても修正できません)何度も何度も下の足場のトゲにぶち当たってリトライ行きになりました。

ss008 ss009 ss010
試行錯誤することおよそ30分。くしゃみした拍子に上の足場に乗れました……。偶然ってすごい! そのままステージ3へと進みますが、攻略に精いっぱいでコイン袋や宝箱をゲットできません。しかも、ステージ4で完全につっかえてしまいました。本当ににっちもさっちも行きません。これクリアできる人のこと、神って呼ぶべきですか?

ところでアプリのタイトル、ちょっと気になったというアナタはオールドゲーマーに間違いありません。『デッドエンド』のグレードアップ版続編が『チャンピオンシップ・デッドエンド』。今から30年以上前、『ロードランナー』というアメリカ製のゲームがありました。日本でロードランナーのファミコン版を手がけたハドソンは、その後、超高難易度の『チャンピオンシップロードランナー』を発売しましたよね。タイトルに隠れたちょっとした遊びごころが、オールドゲーマーにも嬉しいですね!

▼関連リンク
株式会社PUMO

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

チャンピオンシップ・デッドエンド-DEAD END-

配信元:PUMO Inc.

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.0.0 / iOS:1.0.0

Androidアプリのアクセス内容

画像/メディア/ファイル
USBストレージのコンテンツの変更または削除
USBストレージのコンテンツの読み取り
その他
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年06月01日)の情報です。

PageTopへ