アイキャッチ画像

親子でデジタルお絵描きに挑戦『ibisPaint』でぬり絵をしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年5月25日]

004
ss001 スマートフォンやタブレットなど、デジタル端末を全く持っていない家庭の方が少ない昨今。現代のちびっ子達は、生まれながらにデジタル端末が身近にある、「デジタルネイティブ世代」です。彼らには通信教育の教材としてタブレットが活用されているなど、私たち親の世代とは比べものにならない速さで順応しています。

 家庭内で触れさせないようにしていても、急な仕事や用事で端末を操作する姿を、ちびっ子達はよく観察しているものです。「ぼくも、わたしも使ってみたい!」と、駄々をこねられることもあるでしょう。

 そこで頭ごなしにデジタル製品の使用を拒否をするか、知育に使うかは親次第。
 どうせなら、いくつかのお約束をしたうえで、親子で楽しく使ってみませんか?

 本記事では『ibisPaint』をダウンロードして親子でぬり絵に挑戦します。

▼関連記事
非ゲームでも稼げる!お絵かきに革命を起こした『ibisPaint』のマネタイズ
25歳児の本気・ibisPaintでおひめさま描いてみた
ibisPaint 記事一覧

 デジタルのお絵描きアプリなんて難しくてわからない……そんな心配は無用です。
 押さえておく機能は3つだけ。

  • ペンの選択、変更
  • 色の選択
  • レイヤー
  • ibisPaintの使い方

    ペンの選択と色の選択
    ss002
     左から2番目のアイコンで、ペンの種類や太さを変えることができます。

    ss003
     左から3番目の四角いアイコンをタップすると色を変えることができます。

    レイヤーってなに?
     「レイヤー」というのは、セロファン紙のような透明な紙です。デジタルの絵は画面上で、透明の紙を何枚も重ねて描写します。複数枚のサランラップに絵を描いて、最後に重ねるイメージです。

    ss005
     まずレイヤー1にリンゴを線で描きます。次にぬり絵用のレイヤーを増やします。紙が重なっているアイコンを押し、画面左側の「+」を押してレイヤー2を足します。(一番上の「選択レイヤー」はぬり絵には必要ないので無視してください)

    ss006
     レイヤー2を指で長押しし、下に向かってスワイプしたら入れ替えることができます。

    ss004
     重ねの一番下にある「レイヤー1」(元レイヤー2)に赤で色をぬったらりんごの完成です。このように透明な「レイヤー」を何枚も重ねることによって、線画が消えることなくぬり絵ができます。

    親子でぬり絵タイム

     それでは感覚がつかめたところで実際に描いてみましょう。
    ss001

     まずは1枚目のレイヤーにおとなが線画を描きます。
     絵が得意な人も、そうでない人も、ちびっ子とのスキンシップ。
     筆者は3歳児にリクエストされた動物を描きます。今回は塗り絵をすることが目的なので、なるべく空白を多めにしました。細かく描き込むと、塗りづらくてちびっ子が困ってしまいます。
    001

     ちびっ子にバトンタッチする前に、レイヤー1で描いた線画と、新しく作ったレイヤー2の上下入れ替えをしておくと、線画が上のシートになるので塗りつぶされることがありません。
     色の選択や、ペン先の太さなどは、おとなが代わってあげるといいでしょう。
    002
     
     今度はちびっ子の着色開始。一番下のレイヤーを選びます。

    003
     筆者の様子を見ていた3歳のちびっ子は……はい、自分で色を変えられました!
     どんな色で塗ってもいいんです。リクエストした絵を保護者が描いて、ちびっ子が着色。上手でも下手でも、大事なのは親子で一緒に作業することです。

     出来上がったら保存して完成。呼び出せばまた編集もできます。
     完成作品はこちら!
    004
     作品に日付を記せば、思い出アルバムにもなります。

     使い道は絵だけではありません。文字に興味を持ち始めたちびっ子には、ひらがなをなぞってもらったり、描いてみたり。
     方法は塗り絵と同じです。
     レイヤー1に、文字の見本、下書きをします。色はグレーや薄い色がベストですね。そしてレイヤー2で、ちびっ子に書いてもらうのです。

     鉛筆の持ち方や、道具の使い方など、すべてをタブレットでまかなえるわけではありませんが、ちょっと使ってみたい、お出かけの移動中に少しだけ気を紛らわせたい時など、ゴミも出ないし汚れないのでオススメです。

    長時間使わないためのお約束が大事!

     今回3歳のちびっ子とお絵描きをするにあたって定めたお約束はこちら。

  • 塗り絵の時間は10分間。「お時間です」と言ったら、おしまいです。
  • 内緒でタブレットを使おうとしたり、使ってはいけません。お約束を破ったら、もう塗り絵をしません。
  • 雨が降っていて、お外で遊べない日だけです。晴れている日はお外で遊びます。お外ではタブレットで遊びません。
  • お椅子に座って背中をピンとします。
  • ご飯を残さずピカピカにして、おもちゃのお片づけをきちんとします。
  •  デジタル機器の使い方を小さいころから学ぶのも大事ですが、目が悪くなってしまわないように、お約束をちゃんと守るようにするのも大事ですね。これから梅雨に入ると、外で遊べないちびっ子たちにはフラストレーションがたまってしまうはず。親子で賢く遊びたいですね。

    ▼関連リンク
    ibisPaint 公式サイト

    アプリ基本情報

    アイキャッチ画像

    ibisPaint X

    配信元:ibis inc.

    Android価格:無料 / iOS価格:無料

    • バージョン Android:3.2.1 / iOS:3.2.2

    Androidアプリのアクセス内容

    ID
    この端末上のアカウントの検索
    画像/メディア/ファイル
    USBストレージのコンテンツの読み取り
    USBストレージのコンテンツの変更または削除
    その他
    インターネットからデータを受信する
    ネットワークへのフルアクセス
    ネットワーク接続の表示
    端末のスリープの無効化
    バイブレーションの制御

    ※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年05月25日)の情報です。

    PageTopへ