アイキャッチ画像

【子ども向けなのに激ムズ】タイミングを掴んで、電車を駅に停めろ!『たまぴんびゅーん』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年3月13日]

 時々、電車に乗っていると「停車位置を修正します」とのアナウンスが入る。往々にして1メートル以内の範囲での修正で、それくらい気にしないのにと思っている人もいるかもしれない。しかし、降車駅の出口に一番近い車両かつ扉を選んでいる筆者は、位置をちょっと間違えるだけで、その日何もかもがうまく行かなくなるという自分ルールを作っているので少々困る。
 運転士の方も、筆者のくだらない自分ルールを勝手に背負わされて不幸だと思う。それに鉄道博物館の運転シミュレーターで、悉く失敗している身としては責めるわけには行かない。葛西で鉄道業界への憧れを断ち切った筆者としては、運転士の方には敬意を抱くばかりである。
 

運転士は辛いよ

 『たまぴんびゅーん』は、電車をぴったりといいタイミングで駅に止めるように発信させるゲームである。

12

 操作は簡単。画面右方向へスワイプするだけだ(オレンジ色の矢印が出る)。距離が長いと、電車は遠くまで行く。駅に停車させることが目的なので線路の長さを目算して、それに応じてスワイプしよう。ただ、このスワイプは、長さを調節しようとしてゆっくりやると、途中で止まってしまう。スワイプするときは一気にやろう。青色の線(ホームに設けられた青、黄、赤色のところ)までに車体が入れば、停車したと認められ、チケットがもらえる。
 ※ちなみに右の画像だと、停車したと認められない。一部ではなく、全体が青い線までに入っていないといけない。

34

 このように京都以降は、少しずつ障害物が増えてくる。雲から吹く風のせいで、車両が吹き飛ばされることもある。雲のエフェクトから風が吹いているのか、いないのかを見極めて、タイミングよく電車を発進させよう。

56

 愛知になってくると、線路の切り替えが出現する。切り替えによっては、そもそも駅の方面にいけないので、こちらもタイミングをうまく見極める必要がある。コツは一つの踏み切りのみに集中して、とりあえず、駅までのルートがどのようなものかを把握することだ。そして、ルートを確認した後に、徐々に距離を詰めていくのがいいだろう。狡いとは思わないで欲しい。運転士も何度も練習するじゃないか。違うか? たぶん違うな。

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

たまぴんびゅーん! -こどもといっしょにでんしゃで遊ぼう!-

配信元:room6 LLC.

iOS価格:無料

  • バージョン iOS:1.0.2

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年03月13日)の情報です。

PageTopへ