アイキャッチ画像

「フィラデルフィア計画」はあったのか!?『Radiation Island』で孤島から脱出せよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年2月26日]

ss001
本日ご紹介するアプリはカリフォルニア生まれのオープンワールド・サバイバルゲーム『Radiation Island』です。

オープンワールドといえば『Minecraft』が非常に有名ですよね。iOSではたいてい「有料アプリ」カテゴリの首位に君臨しています。かくいう私も、PS Vita版を購入しています。PS3を購入してリンクさせてからプレイする予定です。オープンワールド系のゲームはプレイしたらハマってしまうのが火を見るより明らかなので、時間があるときに腰を据えてやりたいのです。

そんなこんなで『Minecraft』を積んでから数カ月。編集部員より紹介されたのが『Radiation Island』でした。

Radiation Island Trailer

このPVを見て「絶対にプレイする!」と決意。だってこの映像クオリティで300円なんです。プレイしなきゃ損でしょう。アプリそのものはiPhone5に最適化されているのですが、大きい画面でプレイしたかったので、社のiPad mini(7.9インチ)を借りてプレイしました。

美しい島、悲しい過去

ss002 ss003
青い空、白い砂浜、どこまでも透明な海。

ss004
振り返れば美しい緑が広がっています。南国リゾートですね。けれどもこれは『Radiation Island』……。

あなたは第二次世界大戦中に行われた「フィラデルフィア計画」という恐ろしい実験をご存知ですか? 都市伝説なのですが、「磁場発生装置テスラコイル」を利用してレーダーを欺くというものです。駆逐艦が索敵をすり抜ければ怖いものなしですよね。わかります(艦これ的な意味で)。

ss005実験開始直後に、駆逐艦エルドリッジはレーダーで観測できなくなりました。それどころか観測員たちの目の前からも物理的に消失し、2,500km以上離れた場所に瞬間移動したというのです。眉つばもいいところですが、「フィラデルフィア計画」の本当に恐ろしいところはその結末です。エルドリッジのクルーは身体が甲板に溶けこんだり、半身だけ透明になったりと無残な姿で発見されたそうです。かろうじて生きていたクルーも発狂しており、船内で起こったことは永遠に謎に包まれることになりました。最終的な被害は死者16名、発狂者6名。超アメリカ的なホラーですね、嗚呼、怖や怖や。

ss006その「フィラデルフィア計画」が『Radiation Island』の舞台となっています。プレイヤーは計画に参加したメンバーで、「磁場発生装置ステラコイル」の力によって、パラレルワールドの孤島に飛ばされてしまったという設定です。孤島から脱出するのが目的となります。前置きが長くなりましたが、つまるところは壮大な脱出ゲームです。

落ちている物を拾ってサバイバル

人間生きてればお腹がすきます。とりあえず食べるものでも探しましょうか。
ss007 ss008
左手で移動、右手で視点移動できます。早速パイナップルを発見。ハンドマークをタップすると拾うことができます。

ss009
持ち物はちゃんとバッグにしまいましょうね。無人島で食べるパイナポーうめぇ、生き返るわ~!

お腹も満たされたところで、何か「道具」を作りましょう。獲物を狩るにも、資材を用意するにも「道具」は必要ですよね。というわけで砂浜をうろついて材料を拾います。
ss010 ss011
「小枝」と「発火石」(たぶんカチカチ鳴らしたら火花が出る火打ち石のようなものと推測)をゲット。画面上部の一番左に出現する道具作成アイコンをタップして、作れるもの一覧を確認します。今作れるのは「石斧」です。

ss012 ss013
できあがった「石斧」はバッグから取り出して、画面下部の持ち物スロットにうつします。これで装備完了! 画面両側の攻撃アイコンを押せば振るうことができます。これでちょっと強くなりましたね。気合いをいれてチュートリアルを進めましょう。

ss014 ss015
その辺に生えている木をガンガン「石斧」で殴ります。ひたすら殴ります。木材やヤシの実が手に入ります。木が倒れるまで殴り続けます。斬り倒した木は時間の経過とともに復活するので、伐採しまくっても大丈夫です。ちなみに使えば使うほど「石斧」は摩耗し、最終的には破壊されてしまうので注意しましょう。壊れたらまた作ればいいのですが、壊れたタイミングで野生動物に襲われたら命はないと思って下さい。木を素手でパンチすると、木材ではなく「木の枝」が手に入ります。木材=木の枝×4で、木材から木の枝を作ることはできますが、逆は不可能なので、木を切るときは「石斧」を使うようにしましょう。

ss017 ss016
岩を砕いて石をゲットするためには「石斧」では力不足で、ツルハシが必要になります。鉱石のように貴重なものもあるのですが、砕くためにはさらに貴重な道具を作る必要があります。序盤では作れないし必要ないので、サバイバル力を上げてから挑戦してみてください。

ss018
一通り操作方法を学んだあと、ゲームモードの設定ができます。「探検」「冒険」「サバイバル」の3種類で、左から順に「Easy」「Nomal」「Hard」だと考えてください。「探検」モードだと野獣に襲われることはありません。純粋に採集とクリエイトだけしたい方・ゲーム初心者は「探検」をオススメします。逆に「サバイバル」は野獣に襲われて死亡したら最初からやりなおしです。「冒険」は襲われることがあるものの、死んでもコンティニューできます。今回は「冒険」モードを選びました。

野生動物(オオカミ)に襲われた…

果物だけではお腹が満たされません。肉が必要です。
ss024 ss025
画面左上の動物の足跡アイコンをタップすると自動で近くにいる野生動物に照準をあわせてくれます。ウサギ発見! 追いかけまわします。何度か失敗しましたが、無事に肉ゲット。「ブーメラン」を使えば、遠くからこっそり襲撃をかけられるのでウサギを捕まえやすくなります。

岩を砕いていたときのこと……
ss019 ss020
ザシュッ! ザシュッ! 「ウッ、グワッ!」
何者かに襲われました。慌てて振り返るのですが敵が見当たりません。といういわけで10秒持たずに敢え無くご臨終……敵の正体は野生のオオカミでした。死体から幽体離脱するようにカメラが引いていき、コンティニューです。く、悔しい…! リベンジやで、リベンジ!

ss021 ss022
しかしオオカミはついぞ倒せず、やっとの思いで仕留めた初の大物は羊さんでした。毛皮ゲットだぜ。

ss023
帽子をこしらえました。これでほんのちょっぴり防寒力と防御力があがりました。他の装備を作るためにもオオカミを倒さねばなりませんね。

独りきりの夜の過ごし方

ss026 ss027
夕方になったと思ったら、あっという間に日が沈んでしまいました。暗くて何も見えません。寒くて怖いです。「キャンプファイアー」を作って設置します。「木の枝」をくべれば何度でも使えますが、一度設置すると移動させられません。設置場所は選びましょう。つまり、昼間のうちにキャンプ地は決めておいた方がいいです。

ss028 ss029
と、変なモヤモヤ(炎?)を発見。近づいてみると、「クリスタル」が採取できました。しかしすごい勢いで汚染されていきます。これはヤバい。汚染されきる前に撤退しましょう。「クリスタル」を生み出す炎(放射性物質マーク付)は夜にしか出現しません。「フィラデルフィア計画」的な陰謀論(※都市伝説です)のにおいがしますね。おそらくこれが脱出のカギとなるのでしょう。

ss030 ss031
とかなんとか言ってるうちに、食料がつきてしまって餓死してしまいました……。クリスタル採取には万全の態勢で挑まないといけないようです。

ss032 ss033
誰かさんが住んでいたと思しき小屋のベッドを借りれば、夜を寝て過ごすことができます。最初のうちは無理にクリスタル採取に挑むよりちゃんと寝るようにしましょう。

持ち物の整理

ss034 ss035
バッグはすぐ満杯になってしまうので、道具箱を設置しましょう。これも一度設置すると動かすことができません。キャンプファイヤーとセットで設置すると、夜を過ごす間に道具の整理ができるので便利だと思います。設置方法がわかりづらいのですが、画面右側に現れる、左官道具のようなもの(コテ?)をタップすると好きな場所に置けますよ。

ss036 ss037
持って歩ける(装備できる)量は、手持ちが6スロット、バッグの中が6スロットと決まっています。道具箱は10スロット分しまえるので、夜に備えて食料を備蓄するもよし、小枝や小さい石などいくらでも拾えるものをまとめるもよし。小枝は1スロットに100本、小石は50個など容量制限があるので、持ち物が増えたらどんどん道具箱を作成しましょう。

ss038
小屋の中には最初から道具箱が用意されていて、中もある程度入っていました。まだ採取したことのないものもあったので助かりました。

溶鉱炉を使ってアイテムのクオリティアップ

ss039 ss040
石や木がたくさん集まったので溶鉱炉を作ります。デデーンと設置。

ss041 ss042
これで製鉄できるようになりました。鉄がないと作れないアイテムがたくさんあるので、溶鉱炉を作るまでがチュートリアルといっても過言ではないかもしれません。逆に、溶鉱炉を設置できたら、あとは頑張ればきっとクリアできるでしょう。

ざっと駆け足で紹介してきましたが、いかがでしたか? iOS用のアプリとは思えないクオリティですよね。『Minecraft』のドット感が苦手な方は、『Radiation Island』の方が遊びやすいかもしれません。難しくてできないかもしれない? 大丈夫です。丁寧な解説と指導があるので、ゲームをあまりプレイされない方でも遊べると思います。オオカミに何度も襲われて進めないという方は「探検」モードで世界観になれてから挑戦してみてください。私も、オオカミはなんとかなりそうなのですが、後々出てくるゾンビは厳しいかなぁと思っています。

300円が安すぎると感じるハイクオリティ・オープンワールド・サバイバルアプリ『Radiation Island』、おすすめです。

▼関連リンク
Atypical Games(英語)
Radiation Island(英語)

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

Radiation Island

配信元:Atypical Games

iOS価格:300円

  • バージョン iOS:1.0.2

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年02月26日)の情報です。

PageTopへ