アイキャッチ画像

感動体験!ゲーム音痴が『Evoland』でRPGの足跡を歩む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年2月24日]

ss019今日ご紹介するのはゲーマーの間で話題の『Evoland』です。

私は自他ともに認める「ゲーム音痴」です。集中力が続かない分、有野課長より下手かもしれません。しかし昨年からAPPREVIEW編集部でスマートフォンアプリのレビューをするようになって劇的にゲーム音痴が改善。最近はずっと敬遠していたRPGをプレイするようになりました。『Evoland』は数々のRPGネタが散りばめられているそうです。私は(RPGでは)『マリオRPG』しか自力で完クリしたことがありません。ゲームができなくて拗ねていた幼いころの自分のためにプレイしたいと思います。

Evoland Trailer

宝箱を開けてRPGの歴史を歩もう

ss003
まずはタイトル画面の「Options」から言語を「にほんご」に変えます。

ss002
ゲームをスタートすると「ゲームボーイ」のような画面が現れました。左手側にうっすらと見える十字キーで操作をするようです。「みぎキー」を手に入れた、というテキストの通り、最初は右側にしか動けません。

ss004
右側の宝箱に触れると「ひだりキー」が手に入りました。これで左右に動けます。「みぎばかりだとあきるぞ!」コメントが地味に面白いです。

ss005 ss006
十字キーが進化し、斜め方向にも動けるようになりました。

ss007 ss008
宝箱を見つけるたび、SEがつき、画面端まで移動しないとついてこなかったスクロールが滑らかになり……

ss009 ss010
戦えるようになり、BGM(2012年のトップチャート!)がつき……

ss011
ヤバイ!カラーだ!!
ご覧ください。世界が色づきました(文字通り)。画面左から右へスワイプするように光がさしこみ、世界は16bitへと進化しました。このシーンは本当に感動します。このシーンが見られただけで500円支払ったことを後悔しません。

ss014 ss015
セーブポイントを発見して初めてオープニング(あらすじ)が流れます。さあ冒険の始まりです。

だんだん複雑に、そして難しくなってきた……

ss012 ss013
ゲットした剣で雑草をザクザク刈っていきましょう。

ss016 ss017
256bit世界になって敵も随分グロテスクになりましたね。

ss018
と思ったらゲームオーバーになりました……。セーブポイントからやり直しです。私のゲーム力は256bit世界ではもう通用しないのか!? この辺りから地味に敵が強くなりはじめます。チャレンジ10回目ぐらいでやっと倒せました。多少上達してもゲーム音痴には変わりありません。しかし、セーブの重要性が身にしみました。

ss019
あ、これ知ってる。やったことある。マップの上を歩いていると敵にエンカウントし、画面がモザイクを経て切り替わります。

ss020
(SFC時代の)『ファイナルファンタジー』シリーズだー! 時間経過を利用したターン制、間違いありません。

ss021
懐かしすぎて眩暈がします。平べったい横スクロールしかなかった時代に比べたら超革新的だったんですよね。ぶっちゃけ「酔うな……」と思ってたんですけど(今見てもちょっと酔うんですけど/笑)こういうグラフィックが登場したときは本当に未来を感じたんですよね。

今のRPGの基礎系へ。そして…

ss022 ss023
攻略のために辛抱強くNPCのセリフをしらみつぶしに聞いて回ります。宿屋で回復してセーブするのも基本ですよね。

ss024 ss025
仲間が増えて、次のクエストが明確になりました。

ss027 ss028
クリスタル探しときましたか。FFへのリスペクト精神を感じます。

ss029
「クリスタルのちからはすごいわ!」確かに。

ss030 ss031
実はココ、最初の16bitカラーがついたあたりの風景なんですよ? 信じられますか? カメラズームまでついちゃって、PS/PS2世代ですね。

ss032
キター! ファイナルファンタジーⅥだー! BGMもなんとなくそれっぽいです。

ss033
ザコ敵がヌルヌル動くのですごく難しくなりました。倒しにくい……けれど体力制(ハートが残っている限りは死なない)になったので難易度そのものは変わっていない、はず……。

ss034
4時間ぐらい頑張ったのですが、ついにここでにっちもさっちもいかなくなって詰んでしまいました。たぶんもう少し粘ればクリアできると思うのですが(仕事的な意味で)時間切れです。というわけで鉱山の外に出てセーブしてアプリを終了しました。

駆け足でご紹介してきましたが、『Evoland』は本当に素晴らしいアプリです。数時間のプレイでこれまでのゲーム(RPG)がどのように進化してきたのかわかるようになっています。宝箱を開けるたびにグラフィックや音楽、操作性が向上していくので、ワクワクが止まりません。たぶん『Eboland』をプレイするのはゲームが好き・RPG好きでたくさんプレイしてきた人が多いと思います。しかし私はあえて「普段ゲームをまったくプレイしない人」にオススメしたいと思います。理由は『Evoland』をプレイしたらきっとゲームが好きになるから。任天堂やSONYのハード(3DSやPSP、PSなどのことです)を持っていなくても、手軽にRPGが体験できますし、スマートフォンによる操作に最適化しているので、難しすぎず簡単すぎず、ちょうどイイ難易度ではないかなと思います。もちろんゲーム好きの皆さんも楽しめます。ノスタルジーを感じることもできると思います。途中で詰んでしまったけど全く後悔していません。時間ができたら(社の端末でプレイしていたので)自腹購入してクリアしたいです。それにPSVitaのゲームアーカイブでFFシリーズに再チャレンジしてみたいと感じました。

▼関連リンク
EVOLAND

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

Evoland

配信元:Shiro Games

Android価格:639円 / iOS価格:500円

  • バージョン Android:1.2.14 / iOS:1.2.12

Androidアプリのアクセス内容

その他
ネットワークへのフルアクセス

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年02月24日)の情報です。

PageTopへ