アイキャッチ画像

パチスロ店の元アルバイト女子(20)が『パチスロ屋物語』でボッタクリ営業してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年11月26日]

本日はあぷまがどっとねっと制作の放置アプリ『パチスロ屋物語-貧乏経営からの脱出ゲーム-』をご紹介します。

皆さんはパチスロ屋さんって行ったことありますか? 私は遊んだことはありませんが、二十歳くらいのころパチスロ屋さんの看板持ち(呼びこみ)のバイトをしたことがあります。しかし、パチスロ店さんを良く思っていない地元商店街の方に「大声を出して騒いでいる女がいる」と通報されてしまったのです。商店街のオジサンはカンカンに怒って睨みつけてくるし、警察官は苦笑しながら「バイトのあなたに言っても仕方ないんだけど、静かにね」と注意されてしまうし、バイト統括の黒服さんには「うまくやれよ」と叱られるし……なんで私がこんな思いをしなきゃならないんだ! と憤りましたが、遊ぶ金欲しさに日雇い労働をした私がそもそも悪いんですよね(笑)

とまあそんな感じですが、アプリなら大歓迎です。特にパチスロ屋物語のヒロインは売上を上げないと「とんでもないこと」になってしまうというのです。同情してしまいます。ヒロインとともに貧乏なパチスロ屋さんをたてなおしましょう!

経営を任されたパチスロ屋はとても貧乏


目標売上は1日20,000G! ……なのですが、初日の売り上げはスクリーンショットの通りたったの46Gぼっちです。どんどんお店を改装して売り上げを伸ばしていきましょう。


台を買い替えるにも、店内を改装するにも、開店時間(初期10:00~15:00)を伸ばすにもお金がかかります。でも良い台を揃えて店内をキレイにしないと、1日20,000Gなんて夢のまた夢です。しかもちょっとやそっと設備投資をしたくらいでは売り上げは伸びません。というわけで裏技を使いましょう。

秘儀・ボッタクリ営業


その名も「ボッタクリ営業」です! ボッタクリ営業モードにすると、通常の3倍稼ぐことができます。法律? 堅苦しいことはいいっこなしです、だってこれはアプリですから(笑)


ただしボッタクリ営業をするとお客さんの満足度が下がってしまいます。満足度が100をきると台が埋まらなくなり、結果的に売り上げが下がってしまうので注意深くボッタクリ営業と通常営業を使い分けましょう。


通常営業を続けていると、満足度は回復していきます。しかしなかなか20,000G稼げるようになる日は遠そうです。皆さんもぜひお客さんからボッタクってみてください(笑)。

▼関連リンク
あぷまがどっとねっと

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

パチスロ屋物語 -貧乏経営からの脱出ゲーム-

配信元:Takeo Fujita

iOS価格:無料

  • バージョン iOS:2.0

※記事内の情報はすべてレビュー時(2014年11月26日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ