アイキャッチ画像

iPadで新幹線に乗ろう!『i列車の車窓からーそうだ!京都行こう!ー』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年8月28日]

今週に入ってずいぶんと涼しくなり、秋の足音が聞こえ始めましたね。
私は、京都に旅行するなら断然秋がいいと思っています。ご飯が美味しいし、紅葉は美しいし、なにより盆地特有の夏の暑さ・冬の寒さに悩まされることがないからです。久しぶりに京都へ行きたくなったのですが、残念ながら今のところ関西へ帰省する予定がありません。というわけで『i列車の車窓から ーそうだ!京都行こう!ー』をiPadにインストールして、旅行気分だけでも味わうことにしました。

※2014年8月28日現在セール中で、600円→400円と大変お買い得になっています!

新幹線って素敵ですよね。東京から京都まで、のぞみ号でおおよそ2時間20分かかるのですが、その間何もすることがないのでゆっくり読書に励むことができます。ちょっとお高めの車内販売コーヒーを飲みながら過ごす時間はとても貴重で贅沢だと思います。(もちろん忙しいビジネスマンの方は、N700A/N700系には公衆無線LANでインターネット接続ができるので、移動時間にお仕事を済ませられます)

▼関連記事
求めていた才能は隣にいた!開発者夫妻に聞くほんわかアプリ『嫁放置』
下心はまるっとお見通し! 相手の本音や相性度を教えてくれる『ラブカム!』
“妻の本音”を開発者の夫へ…『江頭ジャマだカメラ』でおなじみのNinebonz/いたのくまんぼう

東京駅を出発!

それでは早速新幹線に乗りましょう。

ブラインドが下りているので、上にスワイプして開けます。するとびっくり! 向かいのホームで新幹線を待っているサラリーマンと思しき男性が見えました。車窓から見える風景は実写です。撮影に利用されたのは『2010年10月7日 AM6:43発 のぞみ201号 新大阪行き』、アプリ内の座席は1号車E席(自由席)ですね。

帽子を脱いでフックにかけたところで(画面左上)向かいのホームにも新幹線が滑り込んできました。東北方面へ行く車両でしょうか? そろそろ私の乗った新幹線は出発しそうです。帽子以外にコートも引っかけられないかな~と窓際をポチポチタッチしていると、

非常ボタンを押してしまいました……orz 響き渡るベルの音におそれおののいたのですが、特に車掌さんが来たり出発が遅れたりということはありませんでした。実家への帰省に何度も新幹線を使っているのですが、非常ボタンがあんなところにあるなんて初めて知りました。勉強になります。

あちこちをタップしているうちに出発の時間になりました。東京よさらば!
日本語のアナウンスに続いて、英語のアナウンスも流れました(Ladies and gentlemen. Welcome to the Shinkansen~ウンヌンカンヌンっていうアレです)車内のざわめきとか小声での会話、誰かのくしゃみもばっちり収録されていて、臨場感抜群です。もしかしてくまんぼうさんのくしゃみですか?(笑)

あっという間にお隣、品川駅に到着しました。だいたい6分強ってところでしょうか? 山手線でいうと「東京」→「有楽町」→「新橋」→「浜松町」→「田町」→「品川」なのでとても近いです。

初めて上京したころは、なぜ品川駅に新幹線が止まるのか理解できませんでした。新幹線の切符を買うと、東京都区内の在来線は無料になります。東京都区内に該当する駅を1つの駅として考える、と言った方が適切でしょうか。ともあれ、東京―京都間と品川―京都間は同じ運賃で乗ることができます。山手線はすべて東京都区内扱いなので、編集部(中目黒)から京都へ向かうなら品川から乗車したほうが便利かもしれません。

そんなこんなを考えているうちに、また新幹線が動き始めました。
「テンテンテンテテーン♪」(TOKIOの『AMBITIOUS JAPAN!』)もちゃんと流れましたよ!
(余談ですが、鬼束ちひろ『いい日旅立ち・西へ』のインストゥルメンタルが流れるのは、JR西日本管轄の新幹線です。京都駅まではJR東海管轄なので流れません……ということになかなか気付かず、いつ流れるのかしらとワクワクしていましたw)

車窓から見える素敵スポットをチェックしよう

E席(山側席)から見える有名なスポットはたくさんあります。

京都駅まで新幹線をスワイプさせるとこんな感じでした。

多摩川。よく晴れた朝ののどかな風景です。

静岡県と言えば茶畑ですよね! 

今はもうないガンダムもチラッと見えました! 本当に一瞬なのでスクリーンショットを取るのにものすごく苦労しました(;´Д`)今はとても満足しています(笑)そして定番の……

/^o^\フッジサーン
富士山がこんなにクッキリ見えることってあまりありませんよね……感動です。もしかして、この動画が撮れるまで、京都へ行くたびに撮影していたのでしょうか? ちょっと気になります。

車内で飲むものと言えば…?

窓際をタップすると飲み物が出現します。

まずはお茶。ペットボトルではないところがミソです。1タップ目はふたが閉まった状態で出てくるのですが、2タップ目でふたが開きます。芸が細かいです。

ビールも……「プシュッ!」とプルトップを開ける音がします。ちなみに銘柄は「SAPPARI」です。自宅でこのアプリを見るのなら、実際にビールを飲みながらがいいかもしれません。


……という風に新幹線の旅を楽しんでいると、あっという間に2時間半が経過していました。

京都駅では、お隣のホームにN700系が停車しています。これにて新幹線の旅は終了です。一度通して旅をした後は、好きな場所から再生できるようになっています。2時間半って結構長いと思っていたのですが、全然そんなことはありませんでした。景色をぼんやり見ているだけで過ごせます。スタンドにiPadを立てて、アプリを流しておきたいと思いました。アプリサイズが1.75 GBと、かなり重めなので、DL時はWi-Fi環境必須です! 

電車に乗るのが好きな方、景色を眺めたい方、電車が好きなお子さまなどにおすすめのアプリです。

▼関連リンク
iPad用新アプリ「i列車の車窓から ーそうだ!京都行こう!ー」リリース!

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

i列車の車窓から ーそうだ!京都行こう!ー

配信元:Ninebonz

iOS価格:600円

  • バージョン iOS:1.1

※記事内の情報はすべてレビュー時(2014年08月28日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ