アイキャッチ画像

コーヒー飲み放題アプリ『CUPS』はどのくらいお得なのか検証してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年7月31日]

コーヒー党の皆さんに耳寄りな情報をお届けします。アプリ『CUPS』を使うと、月額制で50店舗ものコーヒーが飲み放題になります! ただし、ニューヨークのお店に限ります。(2014年7月31日現在)

ヽ(・ω・)/ズコーとずっこけたそこの貴方とは良いコーヒーが飲めそうです。
そう……非常に残念なのですが、まだ日本では導入されていないのです。もともと『CUPS』はイスラエルのコーヒーショップが始めたサービスで、ニューヨークのコーヒーショップが導入したのが今年の春ごろ。公式サイトにずらりと並んだ”OUR COFFEE SHOP”(サービス導入店一覧)を眺めては『いつ日本でもはじまるのかしら』とため息をつくばかりです。

電話で注文もできるようですが、英語喋れませんし、時差的にお店も開いてません。そもそも日本から取りに行くのに何時間かかるのかもわかりません。オシャレなカフェが並んでいて、ニューヨークを本当に羨ましく思います。

日本で利用できる日を夢見て、どのぐらいお得なのかを検証してみたいと思います。

サービス内容の確認

CUPSには2種類の月額プランがあります。その名も『AMERICAN CLASSIC』(ドリップコーヒーや紅茶のみのプラン)と『FOREIGN FLAIR』(カプチーノやラテも飲めるプラン)。
UNLIMITED(飲み放題)の場合、現在の為替レート:1ドル=102.75円で計算すると
『AMERICAN CLASSIC』:45ドル≒4,624円
『FOREIGN FLAIR』:85ドル≒8,734

だいたい上記のお値段になります。

今回は『AMERICAN CLASSIC』プランを月額4,650円で利用していると仮定します。通勤途中に買うことを想定して利用回数は20回で計算。コーヒーショップは編集部近くにある『スタバ』『セブンイレブン』『ドトール』『上島珈琲店』の4店舗をチョイスしました。

スターバックスコーヒー

まずは皆大好きスタバから。今年は『スタバナナ』こと『フレッシュバナナ&チョコレートクリームフラペチーノ』(キャラメルクリームフラペチーノ)が好評すぎて一大旋風を巻き起こしましたね。夏の期間限定商品『ストロベリーディライトフラペチーノ』も売り切れ続出でしたが、こちらは8月2日から再販予定とのこと。飲み逃してしまった方は是非再販のときに買ってみてください! 果肉がフカフカしていてまるでジャムみたいに美味しかったです。

さて、スタバの特徴といえば、圧倒的なサイズ感ではないでしょうか? 私はたくさん飲みたい派なのでだいたいいつもVentiサイズです。当然価格もワンコイン(500円)を超えますが、量を考えるとそんなにコスパは悪くないかも……? ただし毎日飲むにはお財布にダメージが大きすぎます。今回は他のショップとの比較のためShortサイズで計算します。

スターバックス ドリップコーヒー
ドリップコーヒー(HOT/ICED)Short 280円×20日=5,600円

毎日飲むならAMERICAN CLASSICプランを利用した方が安くあがります。スタバにはドリップコーヒー以外のメニューがたくさんありますので、FOREIGN FLAIRプランを使った方がいいかもしれません。ただ(実際導入されたとしても)オプショントッピングすべてに適用されるかどうかはわかりません…。

Starbucks Japan

ドトール

スタバ派と意見がわかれるのがドトール。本日からルイボスティ(『ハイビスカスルイボスティー~アセロラ・クランベリー~』『ルイボスティー~甘夏ハニー~』)が発売されていますが、とても美味しそうですね。見た目もさわやかですし女性に人気が出そうです。退勤後に飲みたい(・ω・)です。

店内で飲む印象が強いのですが、もちろんテイクアウトできます。
ドトール アイスコーヒー
アイスコーヒー S 220円×20日=4,400円
アイスティー S 250円×20日=5,000円
アメリカンコーヒー/ブレンドコーヒー S 22円×20日=4,400円

微妙なラインです。為替のレートによっては元が取れそうです。円高のときに使うのがベストではないでしょうか?

DOTUOR
株式会社ドトールコーヒー

セブンカフェ

お次は働くお父さんの強い味方、セブンイレブンの『セブンカフェ』です。味の方は特徴がないのが特徴といったところでしょうか? 癖がないので誰にでもオススメできますし、なによりコンビニに寄るとなんとなく買ってしまうのが恐ろしいです。自宅近くのセブンはバス停の前にあるので、バス待ちの会社員が飲んでいるのをよく見かけます。

なんといってもセブンカフェのコーヒーは安くて美味しい! お昼時にコーヒーマシンに列ができるのがよくわかります。

セブンカフェ アイスコーヒー
ホットコーヒー/アイスコーヒー レギュラー 100円×20日=2,000円
ホットコーヒー ラージ 150円×20日=3,000円
アイスコーヒー ラージ 180円×20日=3,600円

以上すべて税込価格。圧倒的な安さです。レギュラーサイズなら1日2回飲んでもまだ元が取れないレベルです。というわけで、もし『CUPS』が採用されたときにはガンガンおかわりしておきましょう。もしくは別のコーヒー店と併用するとお得になると思います。

セブンカフェ

上島珈琲店

世界初ミルク入り缶コーヒー、あるいは、エヴァンゲリオンの缶(エヴァ缶)で有名なUCCの関連企業が営む喫茶店です。古き良き時代の喫茶店がコンセプトで、ブラウンを主体とした落ち着いた色味で統一された店舗はおしゃれの一言につきます。喫茶店代表として取り上げさせていただきます。

上島珈琲店 アイスコーヒー
ブレンドコーヒー/アイスコーヒー S 350円×20日=7,000円

ネルドリップに手間がかかること、喫茶店という店舗形態から単価が一番高い上島珈琲店。FOREIGN FLAIRプランでも為替レートによっては元が取れるかもしれません。上島珈琲店が近所にある方は、間違いなくCUPSを使うべきだと思います。

上島珈琲店
ユーシーシーフードサービスシステムズ株式会社
UCCホールディングス株式会社

まとめ

検証の結果、『上島珈琲店』『スターバックス』は確実に元が取れることがわかりました。また『ドトール』もほぼ元が取れると考えていいでしょう。『セブンカフェ』は元が取れませんが、コーヒーを愛飲されている方なら我慢せずに好きなだけ飲めるので、やはりお得といえます。CUPSが日本でも導入されることを切に願います!
 

 

~昼下がり、スターバックスのチャンキークッキーフラペチーノを飲みながら~

 

▼関連リンク
CUPS 公式サイト(英語)

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

CUPS - Unlimited Coffee

配信元:Urban Cups Ltd.

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:2.0.5 / iOS:2.3

Androidアプリのアクセス内容

ID
この端末上のアカウントの検索
位置情報
正確な位置情報(GPS とネットワーク基地局)
おおよその位置情報(ネットワーク基地局)
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
保護されたストレージへのアクセスのテスト
端末 ID と通話情報
端末のステータスと ID の読み取り
その他
インターネットからデータを受信する
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示
端末のスリープの無効化
Google サービス設定を読み取る
この端末上のアカウントの使用

※記事内の情報はすべてレビュー時(2014年07月31日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ