goldcase_icon

俺(35)の自由研究は予算500円。秒速で選んだ材料で100万円風のiPhoneケースを作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年7月31日]

編集部で話題になった純金製iPhone 6カスタマイズのニュース。
(iPhone 6も発売されていない状況ですが)CNETによると、iPhoneを純金、ダイヤモンド、プラチナでデコレーションしてくれるサービスがあるとのこと。

金額はメッキのみで約4,500ドル=約46万円。メッキ&ダイヤモンドのロゴモデルだと約8,400ドル=約86万円。iPhoneを10台以上買えてしまう金額のカスタマイズじゃないですか。

ということで、こちらの純金製スマホを身近なアイテムで再現してみました。

まず用意したのはこちら。

用意するもの

  1. ◎ 透明なスマートフォンケース
  2. ◎ ネイル用アクセサリー
  3. ◎ ホイルカラーの折り紙(金色のものがあれば大丈夫です)
  4. ◎ 瞬間接着剤
  5. ◎ ピンセット
  6.   シャープペン
  7.   ハサミ
  8.   定規
  9.   穴あけパンチ

以上です(◎印は100円ショップで購入)。
家にある物があればそちらを代用して頂いて構いません。
※今回はiPhone 5を使用しましたが、他の機種でも透明なケースであれば作れるはずです。

これらは、前回同様100円ショップで揃えましたので、購入した物の費用のみだと540円(税込)です。

作り方


今回は純金製風というのを目指すので金色の折り紙を使用します。
紙を固定しつつ、裏側にしてまずシャーペンで型をとります。結構シワがつきやすいので、取り扱いにはよく注意してください。
型をとった後にクリアケースを重ねて大体合っているかチェック。カメラのレンズ部分の型もシャープペンでとっておきます。


型をとったあとはこのままハサミでチョキチョキ切り取ってしまいます。
クリアケースにはめ込んでチェックしてみましょう。うまくはまらない場合は外側を少し切り取って調整してみてください。


続いて側面も同じように裏側で型をとってハサミで切り取ります。ケース特有のボリューム調整部分などは定規で長さを計測しつつ切り取ると一番確実です。
こちらも本体部分同様でサイズがあっていない場合は切り取って調整しましょう。


と、ここまではうまくいったものの、問題はこのカメラ部分。ハサミやカッターでこのサイズの円を切り抜くのをどうしようか頭を悩ませたのでした。


良いアイテムがありました。書類などをファイリングする際に用いる穴あけパンチです。これでカメラとライト&センサー部分を繰り抜いてしまおうという魂胆です。
穴を空ける場所を覗き見しつつ、場所を調整することでうまくいきました。とりあえず2つ空けて豚の鼻みたいに。


少しズレてしまったのですが、センサー部分も見えるようになったので良しとします。

ここまでで金メッキ仕様はほぼ完了です。
後はお馴染みりんごのマークをダイヤモンド風にデコレしてみましょう。


ダイヤモンドの代わりになるのはネイル用のアクセサリー。こんなものも100円ショップで売っております。透明なタイプがあれば良かったのですが、青色、ピンク色の物しか無かったので今回はこちらで代用します。


りんごの型をとるために今回は本体の裏側をコピーするという荒業に出ましたがお許しください。りんご部分をハサミで切り取ります。


切り取ったりんごをのせて一休み。これもありかなと思いつつ、次の作業に移ります。


りんご型をベースに銀色の折り紙の上にネイルアクセサリを貼り付けていきます。これが中々難しく…。


少しいびつになりましたが、りんご型にして購入した接着剤を流し込んで固定してしまいます。横から流し込むと数分で固定することが出来ました。


りんご型に切り取ってから、貼り付け位置を決めた後、接着剤で貼り付けします。完成!!

まとめ

製作時間は約2時間程度。一番時間がかかったのはネイルアクセサリでのりんごマーク作りでした。
今回接着剤を使用してりんごマークを作成しましたが、時間が経つとマークの周囲が白くなってしまいました。
後ほど調べた所、アロンアルファのような瞬間接着剤だと白くなってしまうようで、家庭用セメダインと呼ばれる接着剤が良いそうです。
これはリサーチ不足でした。もし同様に作成する場合は接着剤選びの参考にしてください。

本当はシルバーのラインなども入れて、本物みたいに作り込みたかったのですが、りんごマークでのロスタイムで断念。
(遠くからならそれなりに見える)金色に輝く純金製風iPhone、いかがでしょう? 
金色のケースを買ったほうが早いとか言わずに、手製のスマホケースなんて自由研究を楽しみましょう。

You can already preorder a 24-karat-gold iPhone 6

コメントは受け付けていません。

PageTopへ