アイキャッチ画像

無料アプリ『てがスタ!』でオリジナルLINEスタンプを作ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年7月24日]

『てがキー』の後継アプリ『てがスタ!』がリリースされていたので、合わせてご紹介したいと思います。オリジナル手書きキーボードを作れる『てがキー』に対して、『てがスタ!』はオリジナル手書きスタンプが作れます。

自作スタンプ:左から『フリフリくん』『昔はやった例のテープ』『ラブフリくん(仮)』

▼関連記事
無料アプリ『てがキー』で自分だけのキーボードを作っちゃおう!
LINE Creators Marketでスタンプ販売に挑戦!【前編】

描いてみた

使用したもの:iPhone5、スタイラスペン、定規、リップのふた、軍手

軍手はibisPaintで絵を描いたときに使用したものですが、さすがにこの暑さだと本気で蒸れます。100円ショップやコンビニで売っている白い手袋(ドライバー手袋)や、日焼け防止長手袋を使った方がいいと思います。もちろん軍手(手袋)を使う必要はないのですが、スタイラスペンを使用すると、描いているうちに小指の下の部分(小指球)が画面に触れてしまいます。もちろん指だけで描く場合は気にする必要はありません!

使える色は全部で36色。スタンプ程度のイラストなら十分カバーできる色数です。線の太さもスライダーで自由に変えられます。課金すると広告を非表示にしたり、スタンプの保存数を増やすことができます。さらにApp Storeでレビューを書くと、アンドゥの回数が3回から10回に増えます。

背景は白でなくてもかまいません。消しゴム機能がないかわりに、背景色で塗りつぶしましょう。黒背景に黄色いフリフリくんを描いて、塗りつぶして描き直そうとしたときにふと思いつきました。その結果がみんな大好き『昔はやった例のテープ』です(笑)

iPhoneでイラストを描くための小技

『フリフリくん』も『昔はやった例のテープ』も基本的には直線で構成されています。
直線をフリーハンドで引くのは難しいですよね。そんなときに重宝するのが『定規』です。iPhoneの上に直接定規を乗せてガイドにしてしまいましょう。

定規に沿って指で画面をなぞると簡単に直線が引けます。ポイントは、定規を固定する指は画面をタッチしないようにすることです。スタイラスペンを使用する場合は、定規を裏返して、フチの斜めになっている部分にペン先の補助板を押しつけるようにするときれいに線が引けます。ただ、画面の拡大機能がないため、短い直線はフリーハンドでひくしかありません。『KEEP OUT』の文字がヨレヨレなのは、小さくて書き込みが難しかったからです。持っていないので試していませんが、溝引き定規とガラス棒を使えばもっと確実だと思います。

線と同様に円も『丸いもの』をガイドにしましょう。私は筆箱に入れているリップクリームのふたを使いました。一筆書きは厳しいので、線がつながるように注意してください。iPhone本体を回しながら描くのはあまり現実的ではありませんでした。

Twitterにポストしてみた

それでは出来上がったスタンプをお披露目しましょう。

共有先は『LINE』『メール』『iPhoneギャラリーに保存』『Twitter』の4つです。てがキーで作った文字列と同じように、画像データ(pngファイル)に変換されますので、ギャラリーに保存してから送ることも可能です。まずはTwitterにポストします。


完成サイズは640×640pixelなので結構大きいです。LINEクリエイターズスタンプの最大サイズが370×320なのでほぼ4倍近い圧巻のサイズ感です。iPhone5が1136×640pixel(326dpi)なので、PCの画面(96dpi)であらためてみると荒が目立って衝撃が走ります(笑)もちろんiPhoneからの閲覧だと何も問題はありません。

LINEで送ってみた

Twitterへのポストがうまくいったので、次はLINEで送信してみることにします。送り先は『ひとりでスタンプ遊びをするためのグループ』です……orz

上手くいきました!
このようにまるでLINEスタンプのように使うことができます。気を良くして友人グループに送ってみたところ、「クリエイターズスタンプ作ったの!?」と驚かれました。『てがキー』に引き続き大好評です^^
正規のスタンプと違って『アプリで作った画像を保存して送る』という形式をとっているので、LINEの厳しい審査を潜り抜ける必要はありません。40個も画像を用意しなくても、クオリティが低くても、自作スタンプもどきが作れてしまいます! ただし、公序良俗に反するものを送りつけないことと、著作権への配慮は忘れないでくださいね。 

ちなみにメールで送るときは、画像を添付するときと同じ状態になります。いわゆる『ガラケー』に送るには少々画像サイズが大きいので、一度『ギャラリーに保存』して、画像サイズを変更してからの方がいいかもしれません。

▼関連リンク
LINE クリエイターズスタンプ
LINE クリエイターズスタンプ ガイドライン

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

てがスタ!

配信元:YU AKEDA

iOS価格:無料

  • バージョン iOS:1.0.1

※記事内の情報はすべてレビュー時(2014年07月24日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ