アイキャッチ画像

iPhoneで心拍数が測れる!?『ストレススキャン』でチェックしてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年7月17日]

ストレス社会を生き抜く皆さんにオススメのアプリをご紹介します。その名も『ストレススキャン』。なんと心拍数を測定し、大まかなストレス度を提示してくれるのです! ストレス度がわかることよりもiPhoneで心拍数が測定できることの方が驚きです。というわけでさっそく使ってみました。

質問に答えながら測定する

チュートリアルにある通り、iPhoneの背面カメラのレンズを指でふさぎます。写真の通りにライトが当たっていれば測定が始まります。測定が終わるまで2分程度かかるのですが、ちょっと指先が熱くなります。我慢できないほどではありません。

質問は全部で6項目あります。ピンクの文字は私が選んだものです。
1.今、ストレスがあると思いますか?
 (すごくある/ややある/あまりない/全くない)
2.計測している姿勢をお答えください
 (座っている/立っている/寝そべっている)
3.昨日の睡眠時間は何時間ですか?
 (0~3時間/4~6時間/7~9時間/10時間以上)
4.食後、どれ位時間が経過していますか?
 (1時間以内/2時間以内/3~4時間以内/4時間以上
5.今日はお腹の調子が良いですか?
 (絶好調/普通/良くない
6.今、食欲はどうですか?
 (旺盛です/普通です/あまりないです/全くありません)
結果は左図のようになりました。女性(全世代)の平均ストレス指数が41.6、20代女性の心拍数の中央値が69(平均は65~75)なので、特に問題はなさそうです。
選択肢について。暑さに弱いのでこの時期はどうしても眠れません(3)。悪夢も毎日のように見ます。今朝も無数の蟻が体中を這いまわるという酷い夢で魘されて目が覚めたので、ストレスはややあるということにしました(1)。お腹の調子はあまりよろしくなくて急降下気味で朝食抜きですが(4)(5)、食欲だけは旺盛で、編集部大食い3傑のうちの1人です(6)。座っているのはバランスボールです(2)。

自分のデータを入力する


より正確にストレス指数をはかるため、自分のデータを入力します。毎日2回ずつ決まった時間に測るのがベストです。とりあえずデフォルト設定の21時と8時半にしておきましたが、就寝前と起床時に設定しておきましょう。
右側のグラフは測定ごとの心拍数の変化とストレス指数を表しています。最初の2回は実際に心拍が測定できているかのチェック、3回目はお菓子を食べてからの測定です。お菓子のおかげで明らかにストレスが軽減されています(笑)

科学的根拠にもとづいた測定

さて、この測定結果はどの程度信頼できるのでしょうか?
心拍数は実測とほぼ差がなかったので、指の位置さえ気をつければかなり正確に測れるようです。

専門的な演算処理を用いて、自律神経の状態を分析し、興奮やリラックスしているかをこれまでの研究成果をもとに
解析することができるようになっています。この解析技術は「心拍変動解析」と呼ばれ、世界で最も優れたこの分野での
技術力を有するBiocom Technologiesから、技術提供を受けています。

(公式サイトFAQより)

ちゃんと信頼のおけるアプリと言えるでしょう。ただ、ストレスというものは数値だけで決まるものではないので、実際の体調や気分と相談して、辛いときは病院を受診してくださいね。あくまで目安として利用しましょう。

▼関連リンク
ストレススキャン(公式サイト)
Biocom Technologies(英語サイト)

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

ストレススキャン

配信元:DUMSCO inc.

iOS価格:無料

  • バージョン iOS:2.1.1

※記事内の情報はすべてレビュー時(2014年07月17日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ