アイキャッチ画像

アプリのFPSはここまで進化!『ディノ・ハンター』のティラノサウルスは恐ろしかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年7月14日]

みなさんはFPS、お好きですか? 私はゲーム下手なので、プレイするのは大の苦手ですが、他人がプレイしているのを見るのは大好きです。一番好きなFPSは『HALO』でTPSは『地球防衛軍』です(※)。あと、シューティングではないんですが『塊魂』も大好きです!(笑)

今日ご紹介したいアプリは、本格FPS風アプリ『ディノ・ハンター』です。

『本格FPS風』としましたが、素人目線だと完全にFPSです。とどまるところを知らないスマートフォンの描画力とアプリレベルの向上に感動しますね。将来的にはOculus Riftと連携して超本格的なFPSが楽しめるのではないでしょうか。

(※)
FPS(=First Person shooter):プレイヤー目線(プレイヤーが映らない)
TPS(=Third Person shooter):プレイヤーの後ろにカメラがある状態

恐竜を撃て!


スマートフォンに特化した操作方法になっています。スワイプで狙いを定め、スコープの倍率を操作、タップで発砲。リロードは自動なのでシューティング初心者にも優しい設計になっています。私の環境はiPhone 5(iOS 7.1.2)ですが、特に描画がガタつくこともなく、非常にスムーズな動きでプレイすることができました。XboxのコントローラやPSVitaよりもiPhoneの方が小さいので、女性はかえってプレイしやすいかもしれません。

なるべくターゲットが遠くにいるうちに照準を定めてしまった方が楽に倒せます。ただし、高得点を狙うならギリギリまで引きつけるべきです。恐竜によっては逃げ足が速いものもいるので、1発目の射撃の後は迷いを捨てていきましょう。

最終射が直撃するときは、弾道が見えるエフェクトが入ります。マトリックスのような演出と表現すればいいでしょうか? この後ターゲットはもんどりうって地面に倒れ、ステージ終了(ミッションコンプリート)となります。

ステージを選択する際にはオススメの武器を提示してくれます。ですので、銃火器のことはサッパリという方でも安心して遊べます。実際、私も『パっとみてわかるのは火縄銃だけ』レベルなのですが(笑)楽しくプレイできました。

思わずあがる悲鳴


ついに恐竜界のスーパースター・ティラノサウルスの討伐です。間違いなく手ごわいでしょう。iPhoneを握る手が武者震いを起こします。

岩陰から顔を出すティラノサウルス。急所を狙え…当たった!
しかしヤツは倒れない。頑丈だ。さすがは最強の肉食恐竜だな。
まずい、まずいぞ。近づいてきやがる。早く次弾を装填しろ。急げ。
2発目も命中、だがすでに目前に迫られている! 装填完了! 急所をねら……

「ア゛ッー!!」
ガチで悲鳴を上げてしまいました。心臓がバクバク早鐘を打っています。ざっくり逝きました。絶望しかありません。3DS用ゲーム『進撃の巨人~人類最後の翼~』のチュートリアル1面でエレンがダメージを受けた後、動けないまま超大型にフルボッコされ続け、1分間ひたすら「グアッ」「ギャア」という悲鳴を茫然と聞き続けたときのことを思い出しました。なんだか辛いです……。

気を取り直してリトライします。が、どうにもティラノサウルスは強く、何度チャレンジしても3発目の急所狙撃が間に合いません。体力が尽きたころに、こんな提案が。

おほ、ありがとうございます! 試射してみますね!

ふむ……イイ感じでありますね。重い分機動力が落ちるような気がしますが、やっぱり破壊力が素晴らしい。うまい具合に一度に複数のコンプソグナトゥスを撃破したので、スティンガーを値引きしてもらえるそうです。課金しようかどうか迷ったのですが間違いなく沼(=一度ハマったら抜け出せない)なので自重しました。代わりにミリオタな友人に勧めておきたいと思います。

3Dモデルで武器をチェック


そろそろ新しい武器が欲しくなる頃合いです。ショップを選択すると、様々な銃火器が置いてあります。ステージを進めないと手に入れられないものが多いようです。

すでに持っている武器をアップグレードしておきましょう。どこをアップグレードするか、たとえば銃身を強化するか銃口を強化するかによって、武器の威力が変わってきます。最初のうちは指示通りの場所を強化していきましょう。ちなみに武器画像はタップするとぐるぐると360度回転させることができます。

それにしても世の中にはたくさんの銃火器があるんですね。『ヤングガン・カルナバル』(著:深見真)が好きでよく読むんですけど、銃はよくわからなくてスルーしていました。これを機にちょっと勉強してみたいと思います。
実は、スティンガーこそ購入していないのですが、すでに1回課金してしまっています(笑)ライフルの強化に使いました。

3D酔いには注意

さて、ここまでご紹介しましたように非常にクオリティの高い『ディノ・ハンター』ですが、一つだけ欠点があります。3D酔いする可能性があるということです。3D映画も苦手ですし『モンスターハンター4』や『HALO』などでもフラフラになったことがあるのである程度覚悟していたのですが、見事に酔ってしまいましたorz iPhone画面はかなり小さいので、凝視ししながらプレイしたのがまずかったようです。適宜休憩をとるように気をつけた方が良いでしょう。

冒頭にも書きましたが、Oculus Riftとの連携に期待しています。ただそこまでのリアルプレイが可能になると、間違いなく手足をバタバタ動かしながら奇声を発するアブナイ人になってしまうことでしょう(笑) 3D酔いの改善とともに、一層の技術の発展を期待します。

▼関連リンク
Glu Games Inc.
ディノ・ハンター

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

ディノ・ハンター

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.0.0 / iOS:1.0.0

Androidアプリのアクセス内容

アプリ内購入
ID
この端末上のアカウントの検索
位置情報
おおよその位置情報(ネットワーク基地局)
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
保護されたストレージへのアクセスのテスト
Wi-Fi 接続情報
Wi-Fi 接続の表示
端末 ID と通話情報
端末のステータスと ID の読み取り
その他
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示
起動時の実行
バイブレーションの制御
Google Play ライセンスの確認
端末のスリープの無効化

※記事内の情報はすべてレビュー時(2014年07月14日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ