shopping-cart

商品を提案してくれるECアプリ『Locari』-連載:2014年ECの旅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年6月19日]

 自分で商品を検索しなくても、おすすめの商品を提案してくれるECアプリが「Locari」だ。「Locarl」は、女性向けのコスメ用品やアクセサリーなどをメインに扱っている。これまで紹介したECアプリとは異なり、C2Cで売買するために、個人で出品することはできない。一方で、女性向けアイテムを扱うショップ向けのECインフラとしての役割がLocariにはあるのだ。

 この連載では、インターネットの発達やスマートフォンの普及とともに、続々と登場しているECサービスを、実際に販売する人の気持ちになってレビューしていく。これらによって、個人が販売を行なうハードルが下がっていることや、これまで売ろうとは思わなかったモノやコンテンツが日の目を見る可能性があることを感じて頂ければ幸いだ。ちなみにECは、Electronic Commerceの略。インターネット等を通じて行なう電子的な商取引のことで、eコマースと呼ばれることも多い。

  1. デジタルコンテンツ編:Gumroad
  2. デジタルコンテンツ編:note
  3. デジタルコンテンツ編:カラーミーショップ
  4. デジタルコンテンツ編:BASE
  5. リアル編:メルカリ
  6. リアル編:A2Mato
  7. リアル編:ロカリ

「女性」のスキマ時間を狙う

 おすすめアイテムを紹介してくれるのが、Locariの一番の特徴である。仕事をしている女性が移動時間や休憩時間といったスキマ時間にアプリを起動すれば、「おすすめアイテム」で、Locariが厳選したアイテムが購入できる。他のECアプリやサイトでもおすすめアイテムを表示することはよくある。しかし、Locariでは、これらのサイトとは異なり、限られたスペースに数点のアイテムを表示するという形式をとっていない。「おすすめアイテム」を下方向にスワイプしていけば、時間の許す限りをアイテムを探すことができるのだ。

また、完全ランダムに表示するだけでは、欲しいアイテムになかなか辿り着けないので、6ジャンルに分けられたカテゴリーから、特定のジャンルのアイテムだけを表示することも可能。さらに、特集ページが用意されており、季節に合ったアイテム一覧や、送料無料になるアイテム一覧などが表示できる。

 Locariのアプリ起動直後(左)。おすすめアイテムが表示されているので、下にスワイプしながら、新しい商品との出会いを探せる(右)。アイテムを探すだけなら、会員登録不要でできる。

 アイテムの詳細画面。商品の説明や価格の表記がされているので、一般的なECアプリとさほど変わらない。「欲しい!」をタップして、欲しいアイテムリストを作ることが可能

 気になっ たアイテムは、欲しいものリストに入れておくと、後から購入するときに楽だ。ディスカウント率も表示されているので、毎日チェックして、率が高くなったら購入する使い方ができる。

  アイテムの決済は、2014年5月現在で、クレジットカード決済のみの取り扱いだ。


 特集ページでは、季節・売上・ブランドなどのジャンルでまとめられたアイテムがチェックできる。

 「提案型」というからには、実際の使い方を説明しなければならないだろう。ベタな運営方式ではあるが、Locariでは、アイテムの使い方のブログ記事や新製品紹介記事などを作成し、アプリから読めるようになっている。ブログからアプリに戻ってきても商品を購入できる機能は見当たらないし、ブログ記事は商品に直接関係のない記事も配信しているが、Locariの起動率向上にも貢献しているはずだ。

 ブログ記事は、「マガジン」をタップすると表示できる。

サプライヤーなどにはどのようなメリットが?

 サプライヤーや、EC運営事業者などが、新たな販売チャネル拡大したいと考えた時、Locariを使うとどのようなメリットがあるだろうか? まず「提案型」でアイテムをユーザーに表示する点がある。人気順や価格順でアイテム一覧をソートできず、Locari側での制御でアイテムを表示するので、ユーザーにアイテムを見てもらえる機会が多くなることになる。また、2014年5月現在で、出品するのにかかる手数料は、決済手数料のみ。商品価格の3.4%+5円を支払えば、月額料金などをかけることなく、Locariで販売ができるのだ。

 Locariの現在の手数料設定(左)。
 月額料金0円、販売手数料0円という格安な設定となっている。現状の女性向けメディアでは、自社のアイテムが紹介されたとしても、アフィリエイトとして、他の外部サイトに誘導されてしまう。したがって、直販で売り上げを立てることができないので利益率が下がってしまう。
 一方、Locariでは、Locari内で商品のデータベースを構築するように開発を進めている。詳しい仕様は開示されていないが、この仕組みが出来上がれば、女性が欲しい商品をメディアの記事上で発見したときに、Locariと連携して、その記事から直接商品を購入させることも可能になるという。ユーザーの外部流出を食い止め、外部サイトでの会員登録する手間も削減することで、より早く、よりスムーズに、アイテムが購入できるようになるのだ。

 Locariでは、収益を拡大し、事業を広めていくために、決済手数料だけではなく、広告掲載による課金や、店舗送客による手数料課金などを検討しているという。ユーザーへの提案型ECビジネスのインフラとして、Locariの今後の動向に注目したい。

Locari

アプリ基本情報

shopping-cart

Locari - ロカリ

配信元:Wondershake, Inc.

iOS価格:無料

  • バージョン iOS:1.1.5

※記事内の情報はすべてレビュー時(2014年06月19日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ