recalc

一回使えば他の計算機使えなくなりそう。フリックやシェイク対応の計算機アプリ『reCalcFree』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年1月21日]


2013年4月にリリースされ、人気を獲得し続けたあの計算機アプリ『reCalcFree』がついにiOS7へ最適化されたようです。今回はそもそも計算機アプリなんて最初から入っているやつしか使ったことないよ!という人間が、画期的な計算機『reCalcFree』を使って驚く様をお伝えします。

為替がわかる計算機なんて見たことない


まずこの計算機アプリを使ってみて一番驚いたのは、最新の為替情報をそのまま使って計算ができること(インターネット接続が必要です)。ボタンをざっと見たときに、目に入った「¥/$」

なんだこれは・・・と恐る恐る押してみると、なんと表示されたのは、ドル換算された数字。しかも時間も表示され、まさにリアルタイムの為替の情報をそのまま反映してくれているようです。

日本円をドルに変換することも、逆にドルを日本円にすることも可能なので、例えばドルが使われている地域に旅行したときも、お店で売られている値札を見てぱぱっと日本円に変換できます。これで海外での浪費も少しは防げるはず!

シェイクでクリア、左右スワイプで桁の増減できる計算機なんて以下略

もう一つ、この計算機アプリの驚くべきところ・・・それはもはやボタンを押すだけでは収まらず、シェイクやスワイプにまで対応してしまっているという点です。

設定画面で、「シェイク[AC]」という項目をONにしておくと、なんと計算途中でiPhone本体をしゃかしゃかっと振るだけでクリアになります。0に戻ります。
実際、ACというボタンを押すより、1回振るほうが断然楽です。

さらにはスワイプで桁の増減も可能。これまた最初は理解できず、物は試しと思って左にスワイプしてみたら・・・0が増えた…!?桁が増えました。

そして逆に右にスワイプしてみたら、想像通り、桁が減りました。0ボタンを押して桁を増やしたり、→ボタンを押して削除するのと同じことではありますが、やはりスワイプのほうが直感的・・・!

シェイクとスワイプ機能は慣れると他の計算機アプリが使えなくなりそうです。これはもう軽く中毒状態だとも言えますね。

他にもこんな機能も

1、税抜・税込表示機能のほかに、税額も表示できる

1回税抜・税込ボタンを押すと、その通りの金額が出て、2回押すと、その金額に応じた税額だけが表示されます。どのくらいの税金が課されているのかがわかりますね。これだけ自分は税金を払っているのか!という気分になります。

2、カラーバリエーションが豊富

▲藍染

▲友禅

▲紅桜

▲標準

通常カラー以外に3つのカラーバリエーションがあります。しかもよく見ると、かなり手の込んだデザインとなっており、伝統的な日本のデザインが施されています。計算機アプリを毎日多用する人は日にちによってデザインを変えても面白いですね!

計算機を買う、もしくは取り出すのが面倒だから、iPhone内臓の計算機を使う。これが今までの私の計算機アプリに対するスタンスです。でもこのアプリを使ってみて「スマホで計算機を使う」ことがどういうことか、わかったような気がします。この直感的な操作、もう慣れたら普通の計算機アプリには戻れないですね。

アプリ基本情報

recalc

reCalcFree:計算した履歴の数字を、メモしたようにタップできる、無料の消費税ワンタッチ電卓アプリ for iPhone、iPad

配信元:Kinya Wada

iOS価格:無料

  • バージョン iOS:2.0.0

※記事内の情報はすべてレビュー時(2014年01月21日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ