Dubstep_SX

ウォブルシンセを搭載したダブステップ・ビートアプリ『Dubstep SX』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年11月30日]

 Dubstep SXは、ダブステップのループ&ワンショット素材を内蔵した55個のドラムパッドにウォブル専用アナログシンセサイザー&シンセドラムパッド音源を搭載したビートアプリです。プリセット素材やウォブルシンセ機能は本格的なモノで、ダブステップ好きな初心者にも楽しめる内容となっています。

ダブステップ
 エレクトロニック・ダンス・ミュージックの一種。太いベース、リバーブのかかったドラムパターン、カットアップ・サンプルなどが特徴。現在は、ブロステップ、ポスト・ダブステップなどジャンルの細分化がさらに進んでいる。

ダブステップサウンドが楽しめるドラムパッド

 ダブステップ系の素材を内蔵したドラムパッドは6パート構成となっており、「DRUMS/BASS/RHYTHM/PADS」がループ専用パッド、「ONE SHOT」はワンショット専用、「USER」はサンプリング専用パッドとなっています。

1:ループ 2:ワンショット 3:サンプリング 4:録音ボタン/パッド設定

 ループ用パッドの基本操作は、タップでループ演奏、再タップで停止します。パッドの再生数制限は無いので、同時に複数のパッドをタップしてMIX再生したり、順番にタップして重ねていくことも可能なので、実際は6パート以上のトラックを同時再生することができます。
 各パート素材の特徴を挙げると、「DRUMS」は2小節構成のループ素材、「BASS」は2~4小節サイズの色々なタイプのウォブルベース素材、「RHYTHM」はレゲエ調のカッティング・ギターやアルペジオ・シンセ、パーカッションなどのループ素材、「ONE SHOT」はテンポ違いのウォブルやSEという内容です。
 「ONE SHOT」に関しては、1パッドのみが再生できる仕様なので、ビート単位でパッドを切り替えれば、ダブステップ系のカットアップMIXを再現することができます。
 サンプリング専用パッド「USER」は、パッドでプレイした内容を最大8つのパッドにループ録音することができます。操作はパッドをプレイしながらビートに合わせて録音ボタンのオン/オフ操作するだけで、録音時間は特に制限はなく、録音後はループパッドと同様にマルチ再生が可能です。

4基のエフェクトモジュール

 各パッドカテゴリー別に搭載している4基のエフェクトモジュール内は、「カットオフ・フィルター/レゾナンス/ディストーション/リバーブ/ディレイ」という構成で、リバーブとディレイに関しては「TOOLS」内でリバーブサイズやディレイタイム&フィードバックのパラメータ設定が可能です。「TOOL」にあるカットオフ・フィルター&レゾナンスは、「USER」以外に使用できるマスター用フィルターとなっています。

エフェクトモジュール

TOOLS設定

 フィルターは鋭い効きが特徴で、リバーブはトランス系リバーブのような深いサウンドを作ることができます。

ウォブルビートが簡単に作れるアナログシンセ音源、シンセドラムパッド

 ウォブルシンセはモノフォニック・タイプで、オシレーター波形はノコギリ波のみですが、4つのオクターブ(8/8デチューン/16/32)をMIXできます。ただし、表示されているレンジと出音がなぜか違うのが気になります。
 フィルターセクションは、「カットオフ/レゾナンス/LFOアマウント/レイト」の構成で、ウォブルサウンドを作る場合はLFOアマウント「LFO」を上げて、レイト「RATE」でテンポを決めます。レイト内の4つの図形はあらかじめ「2分/4分/8分/16分」のビートが設定されており、テンポはパッド素材と同期する仕組みなので誰でも簡単にウォブル演奏ができるでしょう。

1:2分 2:4分 3:8分 4:16分

 アンプ・エンベロープは、「アタック/リリース」の簡易仕様、エフェクトにはビット・クラッシャーとオーバードライブを内蔵しています。
 サウンドは、フィルターとLFOのキレが良く、ビット・クラッシャーによるボイス系ウォブルやアグレッシブなオーバードライブ・サウンドなども簡単に作ることができる素晴らしい内容です。使い方は、演奏中にレイトボタンを切り替えてビート変更させると、さらにウォブルらしさが出せます。ここまでの仕様ならベンドかポルタメント機能もあると良かったですね。

アナログ系音色のシンセドラムパッド

 シンセと切り替えて使用するシンセドラムパッドは、アナログ系音源で作成された「キック/クラップ/スネア/ハット」の4種類をタッププレイすることができます。

 両音源は、ドラムパッドの演奏に合わせてサンプリングパッドへの録音も可能です。ウォブルシンセはユーザーバンクが無いので色々な音色を作ってサンプリングすると良いでしょう。

同ジャンルの中ではイチオシ

 ストアでは似たタイプのアプリを見かけますが、音色や機能、操作性、値段などを総合すると今のところ頭1つ抜けています。将来的には課金によるサウンド追加やユーザーバンク機能などを付けて欲しいですね。

アプリ基本情報

Dubstep_SX

Dubstep SX – Loops / Synth / Drums / Effects

配信元:DesignByPaul

iOS価格:200円

  • バージョン iOS:3.1

  • 備考

    iOS 5.1以降。iPad対応。

※記事内の情報はすべてレビュー時(2013年11月30日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ