S4_Rhythm_Composer_Pro

【DTMアプリ】エフェクトパッドを搭載したPCMドラムマシン『S4 Rhythm Composer Pro』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年9月11日]

 S4 Rhythm Composer Proは、10パートのPCM音源、ステップ&ソングシーケンサー、5種類のクラブ系エフェクトパッド機能を搭載したドラムマシンアプリです。14種類のプリセットドラム以外にAudioPasteを使ったオリジナルキット作成ができ、Audiobus対応と充実しています。

音源部&インポート機能


 10パート仕様のPCM音源スタイルで14種類の内蔵プリセットにはロック/ジャズといった生ドラムキットから808/909/220/CR-78のリズマー、ヒップホップキットなどが用意されています。 

 全パートはミキサーで管理されていて、ここでは音源を再生できるパッドボタン、パン/ボリューム、FXセンド/ソロ&ミュート、EDITメニューボタンがあります。

 EDITメニュー内では、オーディオ素材のサイズやアタック&リリースを設定できる波形編集機能やクローズとオープンハットに使用するミュートグループ機能(5グループ)、チューニング、テンポ設定のほか、本格的なパラメータを持ったコンプレッサーを搭載しています。

 オーディオインポート機能は、内部プリセットのワンショット素材やiPadライブラリ、AudioPasteの素材を使用することができます。ライブラリやAudioPasteではロングサイズの素材を取り込むことができますが、サイズは10秒までなので波形編集をすることで4小節程度のループ素材を作ることもできます。この際は、テンポやチューニング機能を使うとうまくテンポを合わせることができます。

ステップ&ソングシーケンサー

 10パート仕様のステップシーケンサーは、16と32ステップモードが使用でき、ステップサイズの変更も可能です(1~16/1~32)。32ステップでは、テンポを半分に設定することでダブステップパターンも作ることができます。打ち込みはタップ操作以外に、スワイプによる連続書き込みも可能です。ベロシティ機能はグラフEDITタイプで、各パート別に使用できます。登録できるパターン数はA~Jまでの10バンク×10パターンの計100パターンとなっており、コピー&ムーブといった機能で編集可能です。

ステップシーケンサー(16&32ステップ)

ベロシティ機能

 ソングモードでは、作成したパターンを組み合わせるパターンシーケンサータイプで最大300小節まで作成できます。
 使用感としては、連続書き込み機能やパートネーム部分がパッド機能となっていたり、設定したベロシティ変化がステップボタンに色分け表示されるなど使い勝手は良いです。

4エフェクト&5種類のクラブ系エフェクトパッド機能


FXパラメータ。XYボタンをFXパッドへアサインできる

 内蔵エフェクトは、本格的なEDIT機能を持ったディストーション/コンプ/ディレイ/リバーブの4種類を搭載しており、各パートミキサーのFXセンドボタンで加工ができます。この4種類のエフェクトはMIXタイプでオン/オフのボタンで組み合わせることができ、最終的に1系統のFXセンドとして利用できる仕様となっています。
 5種類のエフェクトパッド機能は、前述のエフェクトの内部パラメータをX/Yに設定してコントロールできる「FX」や、ゲートエフェクト効果の「Slicer」、レゾナンス付きフィルターパッド「Filter」、パターンの各拍をループさせるグリッチ系エフェクト「Glitch」、各パートをビート単位(4/8/16/32/64分)でループ再生する「Roller」といったクラブ系エフェクトがあります。
 「Glitch」と「Roller」に関しては、パッドを押すと加工された音が再生されるプレイパッド仕様で両機能を組み合わせたMIXプレイも行なえます。
 「Glitch」はパッド内のステップがとても細かいのでタッチペンを使用すると良いかもしれません。

レコーディング&エクスポート、Audiobus&MIDI機能

 レコーディング機能は、ソングやパターン再生、エフェクトパッドのプレイなどをオーディオ録音できます。「Export」というボタンは、パターンのみのエクスポート機能で1&2小節指定で書き出すことができます。両機能で作成したオーディオ素材は、素材管理メニュー内でデリートやAudioCopy機能を利用できます。

 MIDI機能はCoreMIDI対応で、1~16chのチャンネル設定(INPUTのみ)があるほか、コルグのWISTにも対応しています。Audiobusに対応していますが、Virtual MIDIやMIDIクロックは対応していないので、AudioCopyを利用するか直接録音する形となります。

ドラムサンプラー感覚で使える

 マイクや外部音声のサンプリング機能は搭載していませんが、インポート機能が充実しているので、機能的にはAKAI MPCなどのドラムサンプラー感覚で使用できます。MIDI機能が弱いのでクロック機能だけは付けてもらいたいところです。

S4 Rhythm Composer Pro

アプリ基本情報

S4_Rhythm_Composer_Pro

S4 Rhythm Composer Pro

配信元:Sobal Corporation

iOS価格:450円

  • バージョン iOS:1.0

  • 備考

    iOS 6.0以降。iPad対応。

※記事内の情報はすべてレビュー時(2013年09月11日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ