DJ_Rig

【DTMアプリ】初心者にも分かりやすい『DJ Rig for iPad』はシステムアップも魅力的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年9月02日]

 IK Multimedia『DJ Rig』は、一般的なDJアプリに搭載されている基本機能をはじめ、エフェクトプレイが可能なX/Yパッドやサンプラーパッドを搭載しています。機能や操作性がとても分かりやすくDJ初心者に最適な設計となっています。

デッキの基本機能

 DJ RigのA/BデッキへのソースはiPad内のミュージックライブラリーから使用でき、扱えるフォーマットはMP3/AAC/WAV/AIFFの4種類となっています。

 元のオーディオファイルにジャケット画像が付属している場合は、レコード面に表示されます。 各ターンテーブルは、ターンテーブル部分を直接スワイプするとスクラッチやスピンが行なえ、カートリッジ部分を移動させると曲内を移動できます。電源オフした時に起こるテンポダウンの効果を再現するボタンも用意されています。

 デッキ同士のシンクは、各デッキ内の「SYNCボタン」を押すことで、BPMとビート情報を検出して完璧に同期します。例えば、AデッキのテンポにBデッキを合わせる場合は、BデッキのSYNCボタンを押すと、両方のBPM表示が同じ設定になり同期します。

1:シンクボタン 2:BPM表示

 曲の頭を合わせる場合は、2画面仕様の波形モードに切り替えて、タップ操作で設定を行ないます。表示モードは、波形のピーク表示にしたり、別デッキの波形を表示させることも可能です。
 曲内のポイントを設定できる「CUE」機能は、デフォルトでは1つまで(アドオンで4つまで)が使用できます。このCUEボタンは、再生ボタンをオフ状態で長押しすると再生できるプレイ機能も搭載しています。

CUE機能

1:CUE機能(オプション) 2:Aデッキ&Bデッキ表示

ループ機能

ループポイント

 曲中のフレーズを繰り返すことができる「ループ機能」のループサイズは、1~4小節/2分/4分/8分/16分/最小(128分程度)があり、再生中に各サイズを押すとループされ、ループ再生を固定したり(=ホールド)、「IN/OUT」ボタンを使用して好きな範囲をループさせることも可能です。ループはクラブ系定番の機能で病み付きになりますね。

EQ&エフェクトパッド機能

 EQ(アイソレーター)は、ロー/ミッド/ハイの3バンド使用でソロ機能もあります。
 両デッキに付属しているX/Yパッドを使ったエフェクトプレイでは6種類のエフェクト(ローパス/バンド/ハイパス、ディレイ/スタッター/フェーザー)を使用できます。各エフェクト機能には、設定のホールドやディレイではディレイタイプ、スタッターでは波形タイプ、フィルターでは12/24/48のモード切り替えとローパス・フィルターなどが搭載されています。エフェクトはアドオンで、フランジャー/コンプレッサー/ファズ/リバーブ/オート・ワウ、クラッシュを追加することができます。

サンプラーパッド機能


 サンプラーパッド機能は9パッド×4バンク仕様で、プリセット音色は7カテゴリー/72音色のフレーズやSEが内蔵されています(アドオンで追加可能)。これらの音色は、EDITモードから各パッドに自由にアサイン可能です。各パッドには、ボリュームとピッチを設定できたり、3種類の再生タイプ(ワンショット/ループ/長押し)があり、サンプリング機能では、内蔵マイクや対応したオーディオインターフェースから録音することができます。各バンク内に作成した設定は保存も可能です。

専用ミキサー『iRig MIX』のX-Sync機能

 メニュー内のセッティングでは、インプットソースの選択やオーディオレベル(イン/アウト)、オーディオインターフェースを使用した際の3種類のアプトプットモード、クロスフェーダーのカーブ(3種類)の設定ができます。

Androidにも対応したモバイルミキサー『iRig MIX』。DJミキサーとしてはもちろん、ギターやマイクの入力も備えており、オーディオインターフェース的な使い方も可能。

 IK Multimediaから発売されている専用ミキサー「iRig MIX」を使用した際は、2台のiPad(iPhone)やCDプレイヤーをこのミキサーに接続するだけで同期が可能な「X-Sync」という独自のシンク機能が使えます。オーディオ信号からBPMを検出して同期できる画期的な機能です。使用の際はメニュー内の「X-Sync」をオンするとデッキ内の「SYNC」表示と機能が切り替わります。ちなみにiRig MIXは、2バンドEQ、ロング&クロスフェーダー、キュー機能など本格的な仕様で実売1万円前後で購入できます。

初心者にオススメ。上級者は専用ミキサーを導入しては?

 同タイプのDjアプリ「Traktor DJ」と比較すると、初心者はDJ Rigの方がシンプルで使いやすいでしょう。本格的にプレイしたい人は、専用ミキサーiRig MIXを導入すると完璧です。

DJ Rig for iPad
iRig MIX

アプリ基本情報

DJ_Rig

DJ Rig for iPad

配信元:IK Multimedia

iOS価格:1,700円

※記事内の情報はすべてレビュー時(2013年09月02日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ