bleepBOX_Player

【DTMアプリ】アナログシンセサイズが楽しい無料グルーヴマシン『bleep!BOX Player』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年8月19日]

 bleep!BOX Playerは10パート、16ステップ・パターンシーケンサーを基本に4タイプのアナログモジュールを搭載したグルーヴマシンアプリです。本格的なアナログシンセサイズやパッド&ループエフェクト、パラメータオートメーションなどクラブ系必須の機能を搭載しています。

4タイプのアナログ音源

 bleep!BOX Playerは、WAVソースを使用していない完全アナログ音源仕様で、全10パートはキック×3、スネア×1、ハット&シンバル×2、シンセ×4といった4タイプの音源で構成されていて、各自が下記のようにシンセパラメータを持っています。

キック

 OSC(オシレーター)、ENV(エンベロープ)、FILT(フィルター)、MOD(モジュレーション)の4つで、オシレーター波形には、サイン1&2/ノコギリ/矩形/三角/オルガン/ノイズと十分な波形が搭載されているので、キック以外にもタムやパーカッションなども作成できます。エンベロープはディケイ/シェープ、フィルターはドライブのみ、モジュレーションではレベル/パンといった構成ですが、オートメーション機能「モーション」で、ここに無いパラメータを設定することができるので、808/909系からトランス系、チップチューン系キックといった多彩なアナログサウンドが作れます。

スネア

 ノイズオシレーターを基本とし、トーンやディケイ、シェープ、モーション機能内のヘッドレベルなどで音作りをします。音色のタイプとしてはリズムボックス系を得意としています。

ハット&シンバル

 金属系オシレーターが基本で、2基のフリケンシーとフィルターセクションで音作りをします。フィルタータイプは6種類(ローパス/ハイパス/バンドパス/ノッチ/ロー24/ハイ24/オフ)と豊富で、カットオフとレゾナンス、ドライブ、クリップ、モーション機能内のフリケンシースピードやアタック、ディケイなどで加工が可能です。この音源は幅広い金属音が作れるほか、クリック音やリムショットといったサウンドも作れます。

シンセ

 2オシレーター仕様で本格的なフィルターを搭載しており、ベース/リード/シーケンスと幅広いシンセパートが作れます。
 2基のオシレーター波形は、サイン1&2/ノコギリ/矩形/オルガン/三角/矩形25の7種類があり、フィルターはハット&シンバル音源内の構成にフィルターエンベロープが追加された内容で、モジュレーションにはピッチエンベロープなども搭載しています。特徴としてはスイープ音やドライブを使用した歪みサウンドが心地良く、ピッチエンベロープではSEやパーカッションなど幅広く音が作れます。

16ステップシーケンサー

 16ステップシーケンサーはパート別に用意されており、打ち込みは各ステップに音程/オクターブ(0~8)/ボリューム/タイを入力できます。ドラム音源も音程が付けられるのでかなり幅広いサウンドを作ることもできます。パターン構成は1~8小節までを1パターンで設定できます。再生時は各パートのミュート機能、スウィング設定なども行なえます。
 パフォーマンスモード内「PADS」のパッド画面(下)からは、リアルタイム録音でステップに書き込むことができます。

モーション機能

 モーション機能では、各音源内部のほとんどのパラメータ変化を16ステップグラフ内に書き込めるオートメーション機能で、先述のように音源内に表示されていないパラメータなどもここで設定できます。マルチタイプでは無く1つのパラメータしか記録できない仕様となっています。

ループエフェクト機能

 ループ機能は、シーケンサーの各ステップをタップ指定することでクラブ系でお馴染みの16分のループエフェクト加工が行なえ、パターン全体とパート別で切り替えて使用できます。また、LOCK機能を使うことでループをホールドさせることもできます。通常、エフェクトは専用のオーディオエフェクターを使用するのですが、シーケンサーを直接加工するタイプは珍しいです。プログラムまでできたら最高ですね。

ソング機能&エフェクト&プリセットパターン

ソングシーケンス

 ソングメニューでは作成したパターンを16個まで登録でき(コピー&ペースト機能有)、シーケンスモード内で各パターンをプログラムしてソング作成を行ないます。
 エフェクトはディレイが搭載されていて、基本はトータルエフェクト仕様ですが、シンセ音源のみモーション機能でセンドエフェクトで使用可能です。
 デフォルトのプリセットパターンにはトランス/アシッドハウス/ドラムンベース/ダブステップ/チップチューンなど、内部機能を駆使したトラックが用意されていて参考になります。

有料版の機能

 有料版ではAudioBus対応となり、無料版で制限されている各音源のパラメータ(FM/リングモジュレーター/オシレーターシンク/パルスモジュレーションなど)やWAVへの書き出し機能などが使えるようになります。

定番とはまた違った個性的なドラムサウンドに

 グルーブボックスアプリというと303+808/909クローンといったタイプが多いですが、このアプリはドラムがアナログ音源ということで、個性的なドラムサウンドを作れるのが魅力です。ここまで音作りできるのでパターン数をもっと増やしてもらえるといいですね。

bleep!BOX Player

アプリ基本情報

bleepBOX_Player

bleep!BOX Player

iOS価格:無料

  • バージョン iOS:1.3.8

  • 備考

    iPhone、iPod touchおよびiPad互換iOS 3.2以降が必要

※記事内の情報はすべてレビュー時(2013年08月19日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ