2013-08-13_20h08_57

ウォンテッドのメール分析型アドレス帳作成アプリ『CARD』は、LINEのビジネス版なの!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年8月13日]

8月12日に、『Wantedly』を運営するウォンテッド株式会社が新サービス『CARD』(iPhone版のみ)をリリースしました。

『CARD』は、ビジネスで使っているメールアドレスを登録すると、登録したメールのやりとりを解析し、自動で連絡帳を作成してくれます。仮に仕事の関係で部署が変わった場合など、自分のプロフィールが変わった際にはアプリ内のプロフィールを変更するだけで、『CARD』に連絡帳登録されている人全員に変更を知らせることができるというすごいアプリ。

キャッチフレーズは「魔法のような、名刺管理」。
魔法のような!!!超期待してしまいます!

さっそく使ってみましたよ!

使ってみた

自分の仕事で使っているメールアカウントへのアプリからログインし、アイコン画像や会社名・役職などのプロフィールを記入し、登録完了です。

メールアドレスを登録します。

一度自分のアドレスを登録すると、それ以降はアプリが自動的にメールのやりとりを解析して連絡帳に登録してくれるそうです。便利ですね~!!
なお、自動で連絡先が「コンタクト」に登録される基準は、メールのやりとりが一往復以上あった場合に限るようです。

そこで
さっそくオフィスのT氏にメール攻撃してみました。
T氏と何度かメールをやりとり完了!これで自動的に「コンタクト」に追加されているはず!なのですが・・・・

連絡先がナイ!

ないよ~!



ない。
無い。
ナイよ~!!!

寂しい気持ちになりました(笑)(´;д;`)ウッ…

一時間待ってもコンタクトには追加されないため、直接CARDの中の人に聞いてみました。

メールから連絡先を抽出、自動的にコンタクトに追加されるまでには数分かかるようですが、現在は解析サーバーが混み合っていて時間がかかっているとのこと…!大盛況なようですね。

しばらく待ったところ、ついに通知がキタ━(゚∀゚)━!
勤務先や職位も自動で登録されてる~!便利すぎるっ!今まで名刺を一枚一枚読み取ってた苦労はなんだったの!?楽ちんだ~~~ヽ(◎´∀`)ノ

解析終了のお知らせが!

追加できたああああああ!

気になる個人情報のゆくえ

ただ、連絡先を自動で登録、更新してくれるということは、「CARD」のサーバーに会社のアドレスでやり取りされるメールの内容が送信されているということ。
ん…?連絡先の情報をいったんサーバーにアップしてコンタクトリストを自動生成する…つまり、これ、LINEのビジネス版とも言えますよね?
連絡帳作成の目的だけとはいえ、自分の連絡先だけならまだしも、取引先の連絡先を相手に無許可でCARDのサーバーに送るっていうのは考えてみるとちょっと心配…。

ちなみに、アプリを利用開始する以前に同意が求められるプライバシーポリシーにはこのように記載されています。

2. 情報取得、利用の目的
2.利用者個人情報について
当社は、利用者個人情報を、以下に定める目的で利用します。
①メンテナンス情報、重要なご連絡など当社サービスを提供する上で必要な事項に関するお知らせ②当社が利用者に有用だと考えるメールマガジン、お知らせ③当社サービスへのご質問、ご意見、お問い合わせなどに関する回答④当社サービスの改善や新規サービス開発に必要なデータの解析や分析⑤個人を特定できない範囲内での利用者の行動、性別、当社サービス内でのアクセス履歴などを用いたターゲティング広告の配信
⑥個人を特定できない範囲内での当社サービスに関する統計情報の作成及び利用⑦個人を特定できない範囲内での当社提携先、その他第三者へのマーケティング資料としての情報提供

(「CARD公式サイト、プライバシーポリシーより」)

ふむふむ。作成した自分のCARD登録情報をつかって、今後メールマガジンやターゲティング広告が配信される可能性があると…。
また、利用規約よると、収集した連絡先の情報はウォンテッドのマーケティングに利用される可能性がある様子…。

第10条(統計データ等の閲覧、利用)
当社は、連絡先情報、登録情報その他利用者から提供を受けた情報を個人を識別、特定できないように加工、集計、及び分析した統計データ等を作成し、当該利用履歴又は統計データ等を何らの制限なく閲覧、利用(第三者に閲覧、利用させること、マーケティング資料としての提供、本サービスの新機能の開発、市場の調査を含みますが、これに限られません)することができるものとし、利用者はこれをあらかじめ承諾します。

「CARD」公式サイト、利用規約より

う~ん。魔法のような、と銘打っていますが、魔法を発動させるために払う代償はゼロではなさそうですね。

なお、朝日新聞の取材に対して、ウォンテッドは以下のように回答しています。

ただし、企業によっては業務上入手した情報を個人が勝手に利用することを禁じている場合がある。そのため同社では、就業規則などに反しないよう、自己責任で利用して欲しいとしている。
朝日デジタルより

あら…うちの会社の就業規則、大丈夫だったかな…あやしい。結構、このへん厳しい会社も多そうなので、利用には会社の就業規則を確認する必要がありそう。

というわけで、便利な魔法ですが、利用規約をよく読んだ上で自己責任で使ってくださいね。

アプリ基本情報

2013-08-13_20h08_57

CARD - 魔法のような無料名刺管理アプリ

配信元:Wantedly, Inc

iOS価格:無料

※記事内の情報はすべてレビュー時(2013年08月13日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ