meta_DJ

【DTMアプリ】多彩なモジュールを組み合わせてグルーヴを生み出す『meta.DJ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年7月31日]

 meta.DJは、DJデッキ/サンプラー/ループシーケンサー/ドラムマシンなど計6種類のモジュールを自由に組み合わせて使えるDJアプリです。個性的なMIXを作りたい人にオススメですよ!

6種類のモジュール音源


 meta.DJでは上下段にそれぞれ2つのデッキ&クロスフェーダー付きミキサーがあり、各デッキに6種類のモジュールから好きなものを組み合わせて同期MIXが行なえます。4台すべてのデッキを使用したり、ドラムマシンとサンプラーモジュールのみを使ったりと、色々なスタイルを構築できます。各モジュールのセッティングはタスクバーで管理でき、プレイ中にフリック操作で切り替えることも可能です。

Track Deck
 デッキ・モジュールのソースは、iTunes経由で取り込んだ「ミュージック」にある楽曲を使用できます。読み込んだ曲は波形表示画面で確認でき、下段では曲内の移動や小節指定、上段では左右スワイプによるスクラッチ操作やズームイン/アウト、ループやキューポイント確認などを行ないます。
 キューポイントは4箇所まで登録でき、ループモードではビートグリッドの区間を「0.06~128」まで選択してループ再生が可能です。「SYNC」ボタンでマスターテンポとの同期が簡単に行なえます。

Looptastic
 最高で10トラックのループ素材をMIXできる、マルチトラック仕様のモジュールです。テンポを変えてもピッチが変化しないタイムストレッチ仕様となっています。
 ループ素材は、専用ブラウザに用意されている様々なジャンルのドラム/ベース/シンセ/ボイス/FXといったループ素材をトラックミキサーに追加できます。各トラックはフェーダーボリュームとなっているほか、3つのエリア内にドラム/ベース/シンセ系といった感じで自由にカテゴリーして分かりやすく配置することもできます。各素材は、ループ&ワンショット設定が可能で、波形内をタップすれば再生中のスタートポイントを変更することも可能です。

SaMPL3R

 スケール機能搭載のアルペジエーターをパッドでコントロールするモジュールです。各パッドは、縦がフレーズバリエーション、横がスケールの各キーとなっており、プリセットには様々なジャンルから抜粋された、アルペジエーター/ベース/コード/ドラム/リード/パッド/トラックMIX/ボーカルといった音色と、フレーズが含まれたパッチを利用できます。パッドの構成はインストゥルメンツ系パッチでは40個で、ドラムやトラックMIX、ボーカルパッチでは16+1(32+1もあり)となっており、このパッド構成では大きなパッドが元フレーズ再生、縦2段目と3段目の横列はスライス&スタッター機能になっています。「Synth」ボタンは鍵盤機能でインストゥルメンツ系パッチでは音階演奏ができ、トラックMIXパッチではビートをスライスした素材を演奏できます。この他、左側にあるスライダーでフィルター加工が行なえます。

Drumtron

 ドラムマシン音源によるフレーズパターンを28個のバッドでコントロールできるモジュールです。パートは7種類あり、縦が各パートのフレーズバリエーションとなっており、ホールドボタンを使って、各パートをMIXさせてドラムパターンを作ります。プリセットパッチはテクノ/ダブステップなど14種類が利用できます。

One Shot
 ワンショット系のパッドモジュールで、9個のプリセットパッチ(ボイス/SEなど)以外に専用ブラウザから素材を自由に組み込むことが可能です。パッドの構成は素材数によってレイアウトが変わり、最大10個まで使用できます。ワンショット系素材以外にもロングサイズ素材も扱えますが再生はワンショットとなります。

Riser
 2基のX/Yパッドが利用できる効果音専用モジュールで、ホワイトノイズやシンセ系モジュレーションパッチなどが利用できます。X/Yパッド内は左側がボリューム&ピッチ/フィルター、右側がモジュレーション・アマウント、レイトといった仕様で、シンセ系パッチでは結構リアルなシンセサウンドを作ることができます。

エフェクトパッド&レコーディング機能


 各4つのモジュールデッキには、それぞれに使用可能なエフェクトパッド機能を搭載しており、合計15種類のクラブ系エフェクトを最大4系統までを自由に組み合わせて使用できます。セットした4系統エフェクトは、HOLDボタンをONにすると直列配置で加工でき、OFFにすると個別に使用できます。各エフェクトはX/Y値にパラメータが細かく設定された本格仕様となっています。
 レコーディング機能で録音した素材は「Open in機能」を使って別アプリにコピーしたり、iTunesやSoundCloudに送ることも可能です。

パフォーマンスにも、グルーヴメイクにも

 DJアプリとグルーブ系アプリを組み合わせた豪華な仕様です。アイデア次第で色々な使い方ができそうです。アドオンではフリー素材や追加エフェクト&素材がたくさんあるので、そちらもチェックしてみましょう。
 このほか、基本無料のmeta DJ for iPhoneもラインナップされています。こちらは450円のアドオンでFullバージョンにアップグレードすることができます。

meta DJ – DJ. Mix. Beats.

アプリ基本情報

meta_DJ

meta DJ - DJ. Mix. Beats.

配信元:Sound Trends LLC

iOS価格:1,700円

  • バージョン iOS:1.6

  • 備考

    条件:iPad互換iOS 4.1以降が必要

※記事内の情報はすべてレビュー時(2013年07月31日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ