2013-07-26_16h42_111

俺(私)超カッコイイ!自分の顔を取り込むスクエニ新作RPGが最先端すぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年7月26日]

スクエニが7月25日にApp Storeでリリースした新作アクションRPG『Bloodmasque』がとんでもないことになっています。対応機種は、iPhone、iPod touch、iPadで価格は600円。
このゲーム、なんと撮影した自分の顔をゲームの中に取り込んで、キャラクターの顔に設定することが可能です。ゲームエンジンにはUnreal Engineを採用しているため、グラフィックもやたらキレイ。主人公となった自分がぬるぬる動きます!!!
自分の顔からキャラをつくるゲームといえば任天堂のMiiが有名ですが、『Bloodmasque』では、スクエニさん頑張り過ぎでしょ!ってくらいリアリティのある自分のクローンが作れますよ。
さて、ちょっくらヴァンパイアハンターになってくるか・・・中二病の血が疼くぜ!!!!!

ちょwww私まじかっこいいwwwwwwwwイケメンwwwwwww

開始早々、本ゲームの最大の特徴である主人公の顔の設定がはじまります。

カメラ撮影かカメラロールで自分の顔を取り込んで、肌色や髪型、そもそもの性別をカスタムしましょう。自分の顔を使いたくない場合はプリセットの顔を使うこともできます。
性別はもちろん肌の色から骨格、髪型、髪色までかなり細かく設定できます。デフォルトの編集画面が男性になっているので、とりあえず男性のまま自分の写真をはめてみたら…あれ、意外にイケメンじゃないすか?まさかの自分男顔説!
というわけで、ゲームの中での私は性転換して男前な兄ちゃんでいくことに決定!
そういえば、撮影した顔をゲームのキャラクターの顔にはめ込むとき、顔の縦横の長さも調整できたんですよね。ということは、メタボに悩む丸顔のおじさんでも、カスタマイズ次第では美少女になれるかもしれませんよ!!!

実際の顔色となじませることも可能。

髪色、髪型も変えられます。

顔を決定したら名前を決めてゲームスタートです。いざヴァンパイアの住まう世界へ!

タップ&フリックだけで超カッコよく敵を倒す俺(私)!

基本的なゲームの流れは、ストーリー開始→ヴァンパイアとの戦闘→アイテム獲得→次のストーリーへの繰り返しです。ヴァンパイアとの戦闘シーンがこのゲームの醍醐味ですが、操作が極めてシンプル。攻撃する時はタップ、攻撃を避ける時はフリック。基本はこれだけ。大変わかりやすいです。

相手の攻撃をギリギリのところでフリックで避けると、相手がスキだらけ状態に。反撃のチャンス!

攻撃をし続けるうちにゲージがたまり、必殺技が発動できるようになります。約2秒間、相手をフルボッコ状態に。

しかし相手はヴァンパイア。噛まれると血を吸われ、相手のライフが回復してしまいます。顔面蒼白な俺(私)。

ヴァンパイアは通常の攻撃では死にません。その心臓に、杭を貫通させることによってようやく倒すことができるのです。

円を見ながらタイミング良くタップ!!!!

なんとかヴァンパイアを倒し安堵する俺(私)!!!!!

他のプレイヤー達の顔を観察するだけで面白い!

ストーリーを開始する前に、自由にマップを歩き回ることができます。時には歩いていると他のプレイヤーさんに出会うことも。一応このゲームの舞台は19世紀パリなのですが、突如しれっと現れる醤油顔の人たち。

このプレイヤーさん、どことなく假屋崎さんに似ている気が…

スクエニ本気だした!

ついに自分がゲームの主人公になれる時代になったんですね(涙)
任天堂のMiiも流行りましたが、ここまで再現率の高いアバターはできませんでしたし、なにより、自分の顔をベースにしたカッコいい自分になれる!!!というのが中二病にはたまりませんよね!
うれしいのが、ゲーム開始時に設定した顔は、随時変更することができる点。
ということは、その日の気分に合わせて顔はもちろん、髪型や性別まで日替わりでプレイも可能というわけですね。自分の顔以外でも例えば友達の顔とか、自分のペットの顔でキャラを設定してみるのも面白いんじゃないでしょうか?
誰かと一緒にオンライン上で戦うっていうのはもはや珍しくないですが、リアルな顔した人たちと一緒に戦えるというのは、とても新鮮で衝撃を受けました。
ストーリーも面白いので、純粋にゲームとしても楽しいです。ぜひお試しあれ!!

アプリ基本情報

2013-07-26_16h42_111

BLOODMASQUE

配信元:SQUARE ENIX Co., Ltd.

iOS価格:600円

※記事内の情報はすべてレビュー時(2013年07月26日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ