WerkBench

【DTMアプリ】ライブパフォーマンス重視のサンプラー『WerkBench』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年7月21日]

 WerkBenchは、iPadやiPhoneのマイクやAudiobus経由のソースを各パッドにリアルタイムでサンプリングしてビートメイクするサンプラーアプリです。ちょっと遊べるオモチャ的なサンプラーかな?と思いきや、エディット機能や、AudioCopy&AudioPaste、MIDIなど本格的な機能を備えています。

16ステップシーケンサー&パターン機能

 メイン画面にある、左右の16個のパッドは16ステップシーケンサー×2トラック仕様(A/B)で、サブ画面のセットを合わせて計128個ものパッドを装備しています。WerkBenchは特定のプリセット音源を搭載していないのでユーザーが各パッドにサンプリングした音源を用意する仕組みとなっています。
 パッドは3種類のモードがあり、sampleはサンプリング時に選択、triggerはパッド演奏、mute+copyはミュートやフリック操作でのコピーとなっており、切り替えて操作します。


 パターン機能はチェーン機能を使用することで、最大2トラック×4パターン(小節)までの構成が作成でき、両トラックを繋ぐチェーンボタンを使用することで1トラック×8パターンとしても使用できます。作成したパターンはフォルダアイコン内でセーブ/ロードが行なえます。


 パターン内は通常16ステップですが、スタート&エンドポイントを自由に設定できるので変拍子なども作れ、エンドポイントを先に置き、スタートを後に置くと再生方向が逆になります。
 2トラック&4小節サイズがもの足りない場合は、テンポを半分にすると8分固定で2トラック×8小節、又は1トラック×16小節として使用でき、倍のテンポでは32分を使用することができます。

3つのソース選択が可能なサンプリング機能

 サンプリングに使用できるソースは内蔵マイク、AudioPaste素材、Audiobus使用時のライブ録音が選択でき、各パッドのサンプリング・タイムは1秒程度です。


 内蔵マイクやAudiobusでのライブ録音のサンプリングでは「Samplingモード」とパッドメニュー「Sample」を選択してからパッドを指定し、入力の検出レベル「Threshold」を設定するとオートサンプリングでの録音が行なえ、録音されたパッドは波形が表示されます。


 もう1つの「importer」ではAudioCopy&AudioPaste機能を利用できるモードでAudioPasteでは別の音源アプリで録音したオーディオ素材、AudioCopyではWerkBenchからエクスポートしたWAV素材を再利用できます。ここでは素材の波形編集ができ、例えば1曲分のWAV素材を読み込み、編集でスタート&エンドポイントを指定した部分を各パッドへ次々とサンプリングしていくことができます。

 録音モードには、オーバーダブや複数のパッドを指定して同じソースを各パッドに録音するユニークな機能もあります。これらのサンプリング作業はトラック再生中にも行なえ、128個全てのパッドを利用したトラック作りが行なえます。

トラック&パッドのエフェクト&エディット機能


 A/Bトラックの各エフェクト機能にはローパス・フィルターが利用でき、エディット機能では特定のキーのみ指定できるスケール機能を搭載したピッチチェンジや、4種類エンベロープ・プリセットとADRタイプのエンベロープエディット(全トラック共通)などがあります。


 パッドのエディット機能では、レベル/パン/フィルター(ハイパス)/ピッチ/ディケイ/エコーなど6種類をパッド別に設定できます。エコーエフェクトはテンポシンク対応で1~16ステップのタイム設定、フィードバックの構成でマスターとして使用する場合はA/Bチャンネルをオン/オフで指定でき、パッドのFXとして利用する場合はオフにして各パッドのセンドレベル設定で使用します。

エクスポート&MIDI機能


 エクスポート機能は1~32小節(5モード)と、時間指定の無いフリー録音モードがあり、iTunesとの共有やAudioCopyが可能です。
 MIDI機能はバックグラウンド機能付で、MIDIノート、MIDIクロック(スレーブ)に対応しています。
 Audiobus使用時はMIDIクロックを利用して同期演奏も可能な他、別のアプリ音源をサクサクとサンプリングしていけるのでとても便利です。
 この他、WISTにも対応しています。

パフォーマンスに最適な操作体系

 ライブ・パフォーマンス向けの操作/機能に配慮が行き届いていてとても使いやすいです。AudioPaste機能ではダブステップ&エレクトロ素材を取り込んでカットアップMIXなども簡単に作れます。サンプリング・タイムがもう少し長くなると最高ですね。
 金額が安めのiPhone版も用意されています。

WerkBench

アプリ基本情報

WerkBench

WerkBench

配信元:Bolasol, Inc.

iOS価格:600円

  • バージョン iOS:2.0.0

  • 備考

    条件:iPad互換iOS 4.3以降が必要

※記事内の情報はすべてレビュー時(2013年07月21日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ