unnamed

【辛口レビュー】新規参入続出の激戦区!5つのフリマアプリで実際に出品して比較した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年7月11日]


新規参入が相次いでいるフリマアプリ界隈。出品者にとって最も使いやすいものは何なのでしょうか?5つのサービスで出品して比較レビューを行いました。

Fril


フリマアプリの中で最も知名度が高いと思われるのがこの「Fril(フリル)」。
広く「若い女性に大人気」というイメージを持たれていますが、人気というよりもこのサービスは女性専用で、男性が登録してもアカウント停止になるそうです。
各ソーシャルのアカウントを連携させて会員登録できますが、メールアドレスの登録は別に必要。電話番号の確認が無い点は気軽に登録できますね。
デザインは今回レビューするもののなかでも一番女子っぽくかわいらしかったです。
最低単価は300円から。決済手数料は1割です。

Google Playでダウンロード
iTunes Storeでダウンロード

ショッピーズ


PC・モバイルウェブ版が先にあったオンラインフリマサービス。
出品されている品はギャル向けのブランドが多いように感じられます。
登録時は@docomo.ne.jpなどのキャリアメールが必須でした。ついえーマジキャリアメール必須!?キャリアメール必須が許されるのは2011年までだよねー!キャハハと思ってしまうところですが、ショッピーズのメインユーザーはギャルっぽいのでこの仕組みも現役なのでしょう。
出品には電話番号認証が必須です。LINEのセットアップ時と同様、SMSか通話によって認証する仕組みになっています。これでどうせ複アカ対策出来るんだから普通にGmail使わせて欲しいんだけど。
最低単価は300円から。決済手数料は1割です。Frilと同じですね。

Google Playでダウンロード
iTunes Storeでダウンロード

みんなのフリマ ハローマーケット


こちらは女性向け色が薄めの中性的なフリマサービスです。
Frilやショッピーズの動作が重めだったことと比べると、サクサク操作出来て快適でした。
ショッピーズと同様、電話番号認証を行っています。SMSでパスワードを送るというLINEと同じ仕組みですが…上手くいきませんでした。SMSを見るために一度アプリを閉じてしまい、再度アプリを開いたところ番号確認画面に進むことができません。
というわけで、出品完了まで行きつくことが出来ていません!
出品アイテムの内容を入力する画面は非常に使いやすかったので残念です。
最低単価は1円から、手数料は無料です。どこで収益化しているのでしょうか?

Google Playでダウンロード
iTunes Storeでダウンロード

毎日フリマ


サイバーエージェントが運営しているフリマサービスです。
さすがアメーバというべきか、ユーザーのリアクションが良いです。「いいね」的立ち位置のハートボタンを結構な割合で押してくれます。
画像登録時にトリミングが出来ないのはやや面倒ですが(競合サービスは大抵対応しています)、他のアプリで加工すれば大丈夫でしょう。
「ひろば」という掲示板もあり、コミュニティ要素が強そうです。
最低単価は1円から、手数料は無料です。

Google Playでダウンロード
iTunes Storeでダウンロード

LISTOR


最低単価は1000円からと、高めの価格設定が特徴。手数料は5%です。
出品されている洋服や化粧品等にはハイブランドも多く、10万円以上のバッグなんてものも出ています。実物を見ずに10万円のバッグを買える人ってどんな人なんでしょうか…。
ノーブランドのものを出品しようにも、ブランド選択が必須なので出しようがありません。高級志向で差別化しているフリマサービスなのかもしれませんね。
ファッション好きにとっては掘り出し物があるかもしれません。

iTunes Storeでダウンロード

頭一つ抜けたサービスは今のところなし

会員登録や出品のフローの最中にアプリが落ちることが非常に多かったです。それはもう「このアプリのこの作業中に落ちたよ」ということをいちいち書いていられないほどに…。
ユーザー視点ではメモ帳アプリなどで商品説明の下書きをしてから出品したほうが良いと思われます。また、運営者に提言したいのは商品登録画面をもうちょっと細切れにしてもいいのではないかということ。一度に入力する項目が多いと、登録ボタンを押した瞬間にアプリが落ちたとか、通信状態が悪くて入力情報が飛んだとかでやり直しになるのが虚しすぎます。
電話番号認証のフローなどもLINEと比べると洗練されていませんでした。
手数料なども実際に出品フローに入り値段を登録するまでわからないところがほとんど。
ユーザー数で言えば運営歴が長くウェブサービスも備えているショッピーズが強いですが「これが誰にとっても一番使いやすいよ」と言えるような頭一つ抜けたサービスは今のところありませんでした。激戦区ながら新規参入の余地は残されていると言えそうです。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ