MINTio

セッション&パフォーマンスプレイが楽しめるグルーヴボックス『Mint.io』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年6月16日]


 『Mint.io』は、テクノ/ハウス/ダブステップ/ブレイクス等のエレクトロニック音楽に特化したグルーヴボックスアプリで、様々なパフォーマンス機能を操作しながらトラックメイクを行なうスタイルとなっています。パフォーマンス機能には、ジャンル指定可能なフレーズ作成機能やスケール機能、フレーズ演奏可能なマトリックスパネル、エフェクト用X/Yパッドなど誰でも簡単にセッションプレイを楽しむことができます。

ドラムパート


 ドラムパートは、プリセット音色に20種類のクラブ系音源を搭載し、16ステップシーケンサーを使って4パターン(A~D)までを作成でき、パターンシーケンサー機能を使って、最大8小節までをループさせることができます。


 16ステップシーケンサーは8パート仕様で、各ステップへの入力はタップ操作でノートオン/オフと3種類のベロシティ、ミュート指定をすることができます。専用ミキサーでは8パート分のボリューム&パンニングを設定できます。

 フレーズ作成機能は、設定メニュー内DRUMS「STYLE」にある“Dubstep/House/Breaks/ALL”のいずれかを選択して、各プリセットボタンをダブルタップすると選択したジャンルのドラムパターンがランダムで作成されます。
 この他、セーブパターン機能では音色/テンポ設定を含めたパターンを最大4つまで登録しておくことが可能です。基本的にA~Dの各パターンは1キット音色の使用までなのでアイデアを思い付いたらここに登録しておくと便利です。

シンセパート

 シンセセクションも基本はドラムセクションと同じ構成で、シンセベースやリードなど20種類のプリセット音色を使用してステップシーケンサー内に入力をします。各ステップは2種類のベロシティとミュート、スライド、オクターブ設定が行なえるベースシーケンサー仕様となっています。


 各プリセット音色は専用エディターで、オシレーター、アンプ&フィルターエンベロープ、LFO、サブシンセ(+5、+12)、ディストーション設定が行なえる他、フィルターとLFOをコントロールできる2基のX/Yパッドを搭載しています。

 このLFO専用パッドは「WOBBLE」と書いてあるようにハウス&ダブステップ系のウォブルベース&シンセサウンドのようなキレのあるフィルターサウンドを作ることができます。
 シンセ専用FXにテンポディレイも用意されています。

VIBES&CHORDパート

 VIBESパートは、専用のマトリックスパッドを使って直接演奏するパートで、シンセリード、パッド、オルガンなど32個の音色を利用できます。
 パッド内は2基の音源を搭載していて、MIXモード(フル画面)では画面の左右にそれぞれ1基ずつ(別音色設定可能)、VIBE1&2では左右別々に演奏することが可能です。
 パッド内の音程は下部が低域、上部が高域でスケール機能で設定した音階で演奏することができます。この他「FREEZE」は、演奏したフレーズをループしてくれる機能で、左右別々のパッド演奏に対応しています。

 CHORDパートは自動演奏パートで、音程は専用のコードパネルで指定し、コード内容はスケール機能で指定します。右の9つのボタンではサイドチェインやゲートなどのバリエーションも作ることができます。

セッションプレイ、トータルFXパッド

 セッションプレイがウリのMint.ioでは、ドラム以外のパートがスケール機能で管理されているので、プレイ中にスケールやキー変更をさせながらトラックに展開を付けていきます。さらに演奏用のマトリックスパッドやX/Yでパフォーマンスプレイをしながら色を付けていく感じです。


 全体パートの色付け機能「トータルFXパッド」は、ビートループ効果やグリッチ、フェイザーやクラッシャー、ノイズ音源をシンセサイズする機能でクラブミュージック定番のギミック演出ができます。
 

ファイルマネージャー機能

 作成したプロジェクトファイルのセーブ/ロード、プレイを録音したWAVやMIDIファイルをファイルマネージャーで管理できます。WAVであれば本格的なオーディオエディタでの編集も可能で、素材はDropBoxやメールでシェアすることができます。

総評

 パターン全体を自動作成する機能もあるのですが、ランダムで作成されるパターンがどれも素晴らしいです。サウンド面も高音質でリミッターを付けて欲しいくらいの太さがあり心地良いです。もう少し演奏できる幅(機能)を広げてもらえると、さらに良くなると思いました。

MINT.io Groovebox Synth

アプリ基本情報

MINTio

MINT.io Groovebox Synth

配信元:Amidio Inc.

iOS価格:500円

  • バージョン iOS:1.41

  • 備考

    条件:iPad互換 iOS 5.0以降が必要

※記事内の情報はすべてレビュー時(2013年06月16日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ