スクリーンショット_040413_123758_PM

[神ゲー]地形をつなぎ、都市や道を手に入れる名作陣取りボードゲームがアプリ化『Carcassonne』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年4月14日]

Carcassonne』は、ドイツ生まれのアナログボードゲームで、地形が描かれたカードを並べ、土地を生成していきながら駒を置き、所有権を争う陣取りゲームをアプリ化したものです。

ノーマルゲームモードでは、CPUと対戦する「Local」、オンラインマルチプレイができる「Internet」、ソリティアモードでは「Game of the week」「Retry」「Random」の3つで遊ぶことができます。ソリティアモードは1人でのスコアアタックモード、といった感じです。
プレイヤーは、都市、道、修道院、草原の所有権を主張でき、その場所場所へ駒を置いていきます。都市は城塞が閉じられ完成したら、道は両端が生成されたら、修道院は周囲8マス全てにカードが配置されたら所有できたことになり、得点が入ります。全てのカードを配置し終えたらゲーム終了です。草原は、最終的に周囲に完成した都市があれば得点が入ります。

カードを揃い終えた時点で同じ場所の所有権を主張していた場合は、同じ得点が両者に入ります。また同じ場所でも、より多く駒を配置している方に最終所有権があります。駒の数は全部で7つ。都市、道、修道院に置いた駒はそれらが完成すると手元に戻ってきますが、草原に置いた駒はゲームが終了するまで戻ってきません。ルールを見て「難しそう……」と思いましたが…やっぱり難しいです(笑)。なかなか自分がほしいと思うカードが引けず、なかなかうまく所有権を手にできません。しかし、これは自分がこのゲームがへたなだけで、実際は操作性も良いですし、リザルトのグラフもわかりやすいです。クラシックなイラストデザインと落ち着いたBGMも好感度大。
 
大勢いなければ楽しむことができなかったアナログゲームをオンライン対戦で楽しめるのは、ボードゲームファンにとってとても嬉しい! カードのグラフィックも本物とそっくりですし、操作性も良いので、原作ファンには特におすすめです。個人的には1人もくもくと楽しめるソリティアモードが楽しいと思いました。

駒はどこに置くかだけでなく、いつ置くかも重要。


大差つけられすぎだろ自分……。


ソリティアモード。初心者は地形をつなげる練習にもなりそう。

アプリ基本情報

スクリーンショット_040413_123758_PM

Carcassonne

配信元:TheCodingMonkeys

Android価格:200円 / iOS価格:850円

  • バージョン Android:5 / iOS:3.01 / WindowsPhone:1.0.0.0

Androidアプリのアクセス内容

このアプリケーションは実行の際に特別な権限を必要としません。

※記事内の情報はすべてレビュー時(2013年04月14日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ