by [2016年1月19日]

ハッピーゲーマー株式会社から、2016年1月14日、『ママはストーカー』がリリースされました。新年一発目の作品も、ハッピーゲーマー色の強いアプリとなっています。自分の子供には健康に、そして安全に毎日を過ごしてほしい。今お […]

続きを読む

by [2016年1月18日]

父上、なぜ…!母上、美しかったアナタはどこに…! 今にもそんな声が聞こえてきそうな、悲しき和の物語――――― 以前web版で配信していたものをベースに、アプリ版でも出しているsk_Mineさん。どのアプリを取っても独特な […]

続きを読む

by [2016年1月08日]

みなさん! あの一世を風靡した”セカマワ”が帰ってきましたよ! え、何? セ、セカ、セカチ…? よくわからないな…私が言いたいのは、世界の中心で…え、何? アイ…サ…? だからよくわかんないんだっ […]

続きを読む

by [2015年12月28日]

ハッピーゲーマーから、独特で突き抜けたアプリが出ました。その名も『すきまから何見えた?』。  何だか社名に覚えがある…と思い、過去に自分が書いた記事を振り返ってみると、以前、同社の『メンヘラ彼女と100万件のメッセージ』 […]

続きを読む

by [2015年12月25日]

ウサギとカメ。競争の途中、足が速いことをイイ気に居眠りしたウサギが、遅いカメの頑張りに負けてしまうという有名なお話です。カメが、努力でウサギを見返した感動ストーリー…かと思いきや、このアプリでのお話は少し違って… つまり […]

続きを読む

by [2015年12月24日]

とある山奥の、廃れた小屋。ここからの脱出が、今始まる───  脱出ゲームやテレビ、アプリなど「脱出系○○」が流行ってから久しいこの頃。筆者も実際に、マンションの一角に用意された「脱出ルーム」にて、自分の体を動かす脱出ゲー […]

続きを読む

by [2015年12月02日]

秋といえばキノコ、キノコといえば秋ですよね。そこで今回はこの秋ぴった……え「もう今は冬」? 私、まだダウンジャケットを出していません。今年の冬は暖かすぎるのかまだ必要なくて。だから、12月に入っていますが、私がダウンジャ […]

続きを読む

by [2015年10月26日]

目覚めると、何もかもわからなくなっていた。ここはどこなのか、自分が誰なのか。周りを見渡してみると、壁、地面、それから地面に突き刺さったスコップがある。その、「選ばれたものにしか抜けなさそうな(どう見てもフツーのスコップ) […]

続きを読む

by [2015年10月23日]

僕「ん?」 ドドドドドドドドドドドド… 僕「えーーー?うおぉぉぉぉぉぉぉ!」 ……みたいな感じではなく、チョークで道を描き、白棒さんを導いてあげる、全くバイオレンス要素のないゲームです。ちょっと一度深呼吸して頭を整理しま […]

続きを読む

by [2015年10月22日]

皆さん、暗算は得意ですか? 私は小学校のときに算数で挫折して以来、数字嫌いになってしまったのですが、最近になって「あれ、数学って面白いかも」と思い始めています。私の高校は数学をほとんど学ばないカリキュラムだったため、まず […]

続きを読む

by [2015年10月20日]

私は美術館に行って作品を眺め、「この人何考えていたんだろう」「この色は重ねて塗っているから出るのか…」などと何も詳しくないくせに楽しむタイプの人間なのですが、作る方は苦手で、中学の美術で手の塑像を作ったときも、私の作品だ […]

続きを読む

by [2015年10月20日]

『あったかい暖炉(Fireplace Simulator)』はズバリ、 「暖炉に薪をくべるだけ」のアプリです。 でも! これがなかなか侮れないのです。 ▼関連記事 iPhone記事一覧 Android記事一覧 暖炉を温め […]

続きを読む

by [2015年10月16日]

とってもかわいいくまのがっこうから、またまたアプリが登場! 12人兄弟の末っ子であるジャッキー、11人のお兄ちゃんが泣いていることに気がつきます。どうやらそれぞれ困っているみたい。ジャッキーの魔法で元気にしてあげましょう […]

続きを読む

by [2015年10月13日]

「だ、誰だ、このおじさん!」 見知らぬおじさんが登場して始まるこのアプリ。哀愁漂う文章につられるがまま始めてみる。しばらくして私は気がついた。これは、ただの娘に嫌われているおじさんが定年した、そんなありきたりな話ではない […]

続きを読む

by [2015年10月02日]

私はバリバリの文系なので、実験というものに憧れを抱いています。言葉の響きはもちろん、「何かを証明する」というカッコよさ…いえ、カッコいいだけではありません。知りたいことのために努力を重ねるという、実験そのものに楽しさが […]

続きを読む
PageTopへ