00

【腐ってやがる】ボーイズラブ専門 電子書籍ストア「.BL」本音レビュー第1章

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年2月22日]

角川グループが運営する電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」は、新たにボーイズラブ(以下、BL)に特化した専門店『.BL(ドットビーエル)』を2月8日に正式オープン。

やっぱエロ読むならケータイだよねっ!ってことで、わたくしタマ子二等兵が実際に買ってみましたわ!

★タマ子二等兵のスペック★

アラフォー腐魔女。BLという言葉がなかった1990年前後、『花とゆめ』『マーガレット』などの少女マンガ誌で男同士のラブロマンスにときめく。大人になり、しばらく離れていたが、2005年ごろケータイ配信の電子コミックでBL熱ふたたび。

現在、夜な夜な楽しむスマホの「本棚」の履歴は誰にも見せらんねえ…

電子書籍元年…はじまった…かな?

前からBL作品を扱う電子書籍サイトはありましたが、まだまだ狭い世界でのこと。最近のスマホ利用者の拡大や、昨年12月にauが開始した定額制読み放題サービス「ブックパス」の登場で、誰でも気軽にBLが読める時代がやって来たと個人的に思います。

だって男女問わず、隠れBL好きって相当数いるんですもの。たいてい、そんな詳しくないですってとぼけるんだけど。

まあとにかく買ってみよう
STEP.1:作品を探す♪

.BL(ドットビーエル)』にアクセス!

まずは、スマホのWebブラウザでサイト(http://bookwalker.in/)にアクセス。でも初めての「利用案内」からすでに、本家のBOOK☆WALKERに飛ばされてるんですけど。作品ページでも、関連商品に一般作品がまぎれこんでるし…なんか萎えるな。専門店と言うより、BOOK☆WALKERの一部門?

『君と僕。』は普通の青春グラフィティのはず!このほか貞本エヴァまで…カヲル×シンジ?

まさかBL本と同列に扱われるとは、天国の手塚治虫先生が知るよしもなく…

取扱いレーベルは、BLスイートコミック♂BL♂らぶらぶコミックス男主―DANSH―花音ビーボーイコミックススーパービーボーイコミックスの6つ。

作品の探し方は、「メガネ」「白衣」「」「触手」といった属性シチュエーション別のほか、レーベル作家名でも絞り込めます。

作家名から選ぼうとしたら…えっ、ちょっとまって、作家さん、たった9人?そんなバカな。

キーワード検索で作家名を入れてもヒットなし。マジか…

今度は同じ作家さんの作品名でキーワード検索したらヒットしました。なんなんだ。

ざっと見た価格帯は、ライトな電子限定版が1作品210~400円程度、電子化された単行本が1冊500~600円ほど。今回カートに入れたタイトルは、紙の単行本より20円しか安くない。微妙…

作品の詳細ページに飛ぶと、あいかわらず左上にBOOK☆WALKERのロゴが…そのせいで「.BL」トップページに戻れず、一般図書だらけの電子書籍サイトですぐ迷子になります。また、試し読みのサンプルがないものも多くて、いまどき不親切。

それならそれで、スタッフのレコメンドとか、購入者レビューとか、熱いメッセージがあったら、いくら高くてもそれ信じて買うってモンですよ。

なお、気になる作品数は、サービス開始時(2月8日)が約400点で、3月までに約2,000点に増やす予定だそうです…2月21日現在、561点。間に合うんですか!?

「愛があれば大丈夫」か…

なんか文句ばっか言ってますが、更年期ではありません。
このあと購入編」と「レビュー編に続きます。

第1章 

専用ビューワアプリ

関連記事:
【なお腐海と共に生きる】ボーイズラブ専門 電子書籍ストア「.BL」本音レビュー第2章

コメントは受け付けていません。

PageTopへ