アイキャッチ画像

単純だからこそ難しい! パズルゲームアプリ『TENOSEL+』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2017年1月10日]

ss001 ss002
『スバラシティ』でパズルゲームアプリに大旋風を巻き起こしたTamagoLoopが、2016年秋、新作おちものパズル『TENOSEL+』をリリースしました。

▼関連記事
先を見通せ!パズルアプリ『スバラシティ』で街を育てよう
ゲイムマンのおもしろゲーム発掘調査~『スバラシティ』作者のもふもふアクション『モフーをふやそう』
「長く遊んでもらいたい」建築パズルゲーム『スバラシティ』 開発者TamagoLoopインタビュー
TamagoLoop 記事一覧

ブロックを上手にてのひらにのせよう

ss003 ss004
『TENOSEL+』は空から落ちてくるブロックを、てのひらを左右に動かしてキャッチするおちものパズルです。雰囲気はテトリスと似ていますが、操作するのはブロックではなくあくまで受け止める側である「手」です。また落ちてくるブロックはすべて最初に提示されます。

序盤のステージはチュートリアルを兼ねています。
ステージ1では、長いブロック2つと短いブロック1つで構成された1段の塊が、てのひらのやや左側に出現します。スタートボタンを押すと移動ボタンが表示されるので、落ちてくるブロックの真下にてのひらを滑り込ませましょう。すべてのブロックをきっちりてのひらで受け止めるとステージクリア、1ブロックでもはみ出していたり落としてしまったりすると失敗です。

ss005 ss006
ステージを進めると落ちてくるブロックが増え、配置も複雑になります。
すべてのブロックを受け止めることが目的といっても、上のスクリーンショットのように段を揃えずに縦に積んでしまうと失敗です。このステージの場合、まずは長いブロック2つ分を受け止めてからてのひらを右に動かし、先に受け止めたブロックの隙間部分に短いブロックをはめこむようにのせるのが正解です。

ss007 ss011
これを応用すると複数段にわたるブロックを同時に消すことができます。テトリスのI字型テトリミノの活用に似ていますね。

またまとめて落ちてくるブロックは、ブロック同士の継ぎ目で分割することができます。必要なブロックだけ下に落とすだけでなく、タイミングよく手を動かしてブロックを横にずらすこともできます。2枚目のスクリーンショットで必要になるテクニックです。

ヒントがほしい場合は動画広告を視聴してください。

ss009 ss010
ステージは2017年1月現在、全部で160種類用意されています。うち128種類が無料で遊べ、課金するとスペシャルステージが32種類追加されます。

操作は単純明快で簡単なのに、頭をフル回転させないと解けないおちものパズルアプリ『TENOSEL+』。正月ボケした脳みそに活を入れるのにぴったりです。パズルに自信がある方にもない方にもおすすめです。

▼関連リンク
TamagoLoopゲーム開発ブログ

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

TENOSEL+

配信元:RYUJI KUWAKI

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.02 / iOS:1.02

Androidアプリのアクセス内容

アプリ内購入
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
Wi-Fi 接続情報
Wi-Fi 接続の表示
その他
ネットワーク接続の表示
ネットワークへのフルアクセス
音声設定の変更

※記事内の情報はすべてレビュー時(2017年01月10日)の情報です。

PageTopへ