アイキャッチ画像

あなたは幾つ知ってる? ガチャカプセル収集アプリ『昭和あるある ~心にしみる昭和シリーズ外伝~』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年11月14日]

ss001時の流れは早いもので、平成28年も残すところあと1ヶ月半となりましたね。懐かしネタと泣けるストーリーでお馴染みの株式会社GAGEXから、『昭和あるある ~心にしみる昭和シリーズ外伝~』がリリースされました。

私は昭和61年生まれの30歳なのですが、最近「昭和は遠くなりにけり」と思う瞬間が増えました。広島カープが最後に日本一になったのは32年前の昭和59年(1984年)で直接観たことはありませんし、友人の推しガンダムである『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』は平成元年(1989年)の作品です。21世紀生まれも高校生になっているという事実に驚きを隠せませんし、昭和のものだと思い込んでいた文化(太眉、肩パッド、ポケベル、ジュリアナ東京など)のほとんどは平成初期のものでした……自分で思っているよりも昭和の文化を知らなかったようです。というわけで果たして『昭和あるある』にどこまで同意できるのか、不安と期待でドキドキしつつプレイしてみました。

▼関連記事
GAGEXの原点は駄菓子屋のおばあちゃん。泣ける放置育成アプリ『昭和駄菓子屋物語2』
。・゚・(ノω`)・゚・。心温まる昔懐かし放置ゲーム『昭和駄菓子屋物語』
GAGEX 記事一覧

ガチャカプセルの中には、懐かしすぎる昭和ネタが詰まってる

ss002 ss003
1回100コインでガチャを回します。カプセルの中には昭和のあるあるネタが詰まっています。全200種類集めるのがこのアプリの目的です。そういえば最近のリアルガチャってちょっと高いですよね。高いだけあってクオリティは大満足なのですが、たまには1コインで回したいです……500円ガチャを回せという声が聞こえてきたようなきがします(笑)

ss004 ss005
ガチャボックスは今も昔も変わりません。ですがガチャを回す少年の格好――Tシャツ・短パン・白ハイソックス――が完全に昭和です。タップするとカプセルが転がり出てきます。さて私は一体いくつ「あるある!」と頷けるでしょうか?

ss006 ss007
(1)No.141 ズボンおろし
あるあるです(笑)平成生まれのお嬢さんには信じがたいことだと思うのですが、私が通っていた小学校は男子トイレと女子トイレが分かれていなかったんです。当時既に「ありえない」と苦情が出ていて、多分卒業後の改修工事できちんと区別がつけられたと記憶しています。というわけで小学生のころは男子トイレの前を通って女子トイレ(というか個室)に入っていたわけですが、アホ男子がやってましたね……犯人は「帰りの会でつるし上げ」の刑でした(笑)

(2)No.154 フロッピーディスク
あるある度半分くらいです。実際に使ったことがあるのは3.5インチのみ、5インチと8インチはコンピュータ部で見たことがあります。8インチは本当に大きくて、捨てる前のものをフリスビー(フライングディスク)代わりに投げて遊んでいました(笑)2016年現在、フロッピーどころかCD類もすたれ、主に使われるのはUSB……を通り越してクラウドの時代になりましたね。懐かしいです。

ss008 ss009
(3)No.128 お湯に溶かすリンス
知らない来ました! リンスをお湯に溶かすことよりも「洗面器自体が無い」に同意できません。我が家では現役です。100円ショップでも売ってますし、特にお子様がいる家庭では必要だと思うのですが、実際のところはどうなんでしょう?

(4)No.197 レバーに水中花
知らないネタです。実物を見たことはないのですが、『ハチミツとクローバー』の中でネタにされていたことで知りました。検索してみると今も売ってるみたいですね。個人的にはダサいとは思いませんが(むしろ一周回って新しいかも)、たぶん一生お目にかかることはないと思います。私の周囲、私を含めて自動車の免許を持っていない人が多いんですよね。

というわけで「あるある」できたのは1/2でした! トイレが男女別になっていなかったのは偶然ですし、8インチフロッピーも捨てるために分解しただけなので、実質ほぼ0かもしれません。未知の領域に突入したように感じます。昭和、興味深いな……。

勝てば倍増負ければ没収・じゃんけんマシーンでコイン集め

ss010 ss011
ガチャを回すために必要なコインは時間経過でも増えますが、じゃんけんマシーンを使えばもっと積極的に増やすことができます。じゃんけんマシーンは文字通り「じゃんけん」だけに特化したアーケード筐体です。小学校低学年(90年代半ば)のころ、近所の「ジャスコ」や「サティ」(※昔あったショッピングセンター)の隅っこで埃をかぶっていた記憶があります。

「あいこ」は省略されているので勝率は1/3です、たぶん。たぶんというのは、相手が機械なので事実上後出し調整ができるんですよね(笑)そういう理由で、実機で遊ばせてもらったことはありません。

ss012 ss013
ルールは単純。100コイン入れてグー・チョキ・パーを選ぶだけ。負けるとコインが吸われ、勝つと投入したコインの倍もらえます。つまり1回戦に勝った時点でゲームをやめれば100コイン支払って、200コインの返却、差額の100コインが儲けとなります。

ss014 ss015
勝った場合、貰えるはずのコインをかけて2戦目に挑むことができます。200コインを支払って勝てば倍の400コインが貰えます。同様に3戦目は400コインを支払って勝てば800コインとなります。倍々ゲームでコインが増えるのですが、負けが確定した時点で貰えるコインは0になってしまいます。いかにやめ時を見極めるかが重要なのかもしれません。

時折チャンスと銘打たれた動画広告が出現します。私は堅実派(ギャンブルしない派)なので、堅実に動画広告の報酬でコインを増やします。

ss016 ss017
「図鑑」タブをタップするとこれまでに集めた「あるあるネタ」を見返すことができます。200種類もあると、かなり集めがいがありそうですね。まだ序盤なのでカプセルの中身が被ることはありませんが、収集率が上がるとダブりが頻発するかもしれません。

懐かしさと笑いと豆知識が増えるアプリ『昭和あるある~心にしみる昭和シリーズ外伝~』。昭和を知っていても知らなくてもハマること請け合いです。かつての小学生がファミコンを隠されたように、熱中しすぎてスマホを取り上げられないように気を付けてくださいね☆

▼関連リンク
株式会社GAGEX

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

昭和あるある ~心にしみる昭和シリーズ外伝~

配信元:GAGEX Co.,Ltd.

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.0.1 / iOS:1.0.0

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年11月14日)の情報です。

PageTopへ