アイキャッチ画像

Googleアシスタントを搭載したAIメッセージアプリ『Allo』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年10月27日]

ハングアウトというメッセージアプリをすでに運営しているGoogleが、新しいメッセージアプリ『Allo』をリリースしました。Google発ということで注目が集まる『Google Allo』の特徴や機能を紹介していきます!

Googleアシスタント

Google Allo最大の特徴はあなたの会話を助けてくれるGoogleアシスタントの存在です。

「今日の天気が知りたい」「ちょっとカフェで休みたい」なんてふと思った時、Googleアシスタントに問いかければ天気から近くのオシャレなカフェまでくまなく調べて教えてくれます。さらに、このGoogleアシスタントに「毎日~時に起こして」とか「この時間にこのニュースが欲しい」と伝えておけばきっちりその時間にアラームで起こしてくれたり最新の話題を教えてくれたりするので、生活に密着した関係を築けます。

screenshot_2016-10-25-18-04-14screenshot_2016-10-25-18-38-30
しかも「@google」の合図で Googleアシスタントを友達との会話に交えることも可能で、会話の中に出てきた知りたいことをアシスタントがすぐに答えてくれます。

また、返信入力の上に表示されるスマートリプライの機能を使えば、普段している会話を自動で学習してその場にあった返答を考えてくれるのです。忙しい時でも返答がすばやく出来そうですね。

ぶっちゃけAlloとハングアウトどっち!?

似たような機能の2つのアプリを運営するGoogleですが「実際どっちの方が使い易いの!?」という疑問が浮かんでくる人もいるはず! そこで実際の使用感を簡単に比較してみました。

screenshot_2016-10-25-21-36-13screenshot_2016-10-25-21-40-24
まず、Alloのいい点はアシスタントの存在と会話学習です。スタンプ機能と画像をアレンジ出来るインク機能も使い易くていいです。現状Alloは日本語が未実装な点には注意が必要です(最大の長所であるアシスタントと会話学習の機能が使えない)。

一方ハングアウトは複数のデバイスで利用出来、Googleアカウントの数だけ使いわけも出来るのがいい点です。Alloはアカウントの管理が電話番号で紐付けされるので、これがちょっとめんどうかもしれません。

まあ、正直なところ2つのいい所を合わせて1つのアプリにして欲しいんですが、難しいんでしょうか?

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

Google Allo

配信元:Google Inc

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.4 / iOS:1.4

Androidアプリのアクセス内容

ID
この端末上のアカウントの検索
自分の連絡先カードの読み取り
カレンダー
カレンダーの予定と機密情報の読み取り
カレンダーの予定の追加、変更とゲストへのメール送信(所有者への通知を行わない)
連絡先
この端末上のアカウントの検索
連絡先の読み取り
連絡先の変更
位置情報
おおよその位置情報(ネットワーク基地局)
正確な位置情報(GPS とネットワーク基地局)
SMS
テキスト メッセージ(SMS または MMS)の読み取り
テキスト メッセージ(SMS)の受信
電話
端末のステータスと ID の読み取り
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
カメラ
画像と動画の撮影
マイク
録音
端末 ID と通話情報
端末のステータスと ID の読み取り
その他
通知なしでファイルをダウンロードする
インターネットからデータを受信する
ネットワーク接続の表示
ネットワークへのフルアクセス
起動時の実行
バイブレーションの制御
端末のスリープの無効化
アラームの設定
ショートカットのインストール
Google サービス設定の読み取り

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年10月27日)の情報です。

PageTopへ