アイキャッチ画像

お部屋の中でチャレンジ! 高所シミュレーションアプリ『VR Heights Phobia』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年8月30日]

皆さんは高いところは好きですか!? 高いところに立ったときのスリルが癖になりますよね。

高所恐怖症の人は目を覆いたくなるような光景かもしれませんが、バンジージャンプ、スカイダイビングなどなど高いところで行うアクティビティはいっぱいあります。

そんな高所を簡単に体験出来るアプリ『VR Heights Phobia』を紹介します。直訳するとズバリ“VR高所恐怖症”! 空中に現れた1本道を落ちないように歩いていくシミュレーションアプリです。

慎重に歩いてみよう

VRアプリの醍醐味と言ったら普段出来ないことを疑似体験出来るところ! VR Heights Phobiaなら、そんな魅力を気軽に味わえるのです。
Screenshot_2016-08-29-22-36-31
VR Heights Phobiaは、ビルの上から伸びている1本道の上を実際に自分の足を使って歩いていきます。使い方はゴーグルを装着して道の方向に歩いていくだけ。歩くといっても足踏みして上下に揺れるだけでも前に進むのであまりスペースがなくても遊ぶことが出来ます。方向転換の時はしっかりと動く事になるので、周りに物のないことを確認して遊んで下さい。

Screenshot_2016-08-29-21-22-19
高いところから下を見下ろして見るとその光景に足元が竦みます(汗)。

VR酔いに注意!

ちなみに歩いている最中にうっかり道を踏み外してしまうと下に落ちてしまい最初のスタート地点からやり直しになります。そしてこの時の落下が少し曲者で、何回も繰り返しているとVR酔いになりそうです。

Screenshot_2016-08-29-21-23-04
そもそもVR酔いはVR上での動きに体の動きがリンクしないために起こる気持ち悪さの事を言うんですが、今回の落下でもその現象が感じられました。

といってもこの症状は個人差や慣れがあるので、気持ち悪くなりそうなら、必ず休憩を取るようにすれば問題ないと思います。無理の範囲で、VR Heights Phobiaを使って、家の中でスリル満点の空中散歩を楽しんでみましょう。

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

VR Heights Phobia

配信元:Malum Applications

Android価格:無料

  • バージョン Android:15

Androidアプリのアクセス内容

位置情報
正確な位置情報(GPS とネットワーク基地局)
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの読み取り
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの読み取り
その他
インターネットからデータを受信する
ネットワーク接続の表示
ネットワークへのフルアクセス
NFC の管理
バイブレーションの制御
端末のスリープの無効化

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年08月30日)の情報です。

PageTopへ