アイキャッチ画像

お掃除は段取り次第! 一筆書きパズルゲームアプリ『ルームスイーパ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年6月21日]

Screenshot_20160606-183946
Screenshot_20160606-165113皆さんの中には掃除が得意な人も苦手な人もいると思います。私は苦手です(笑)。掃除をしようと思っても何を捨てるか決められず、だらだらと時間ばかりが過ぎていってしまいます。

ルームスイーパは、掃除の段取りを考えるパズルゲームです。段取りを決めた後は掃除を見守っていれば良いのです。なんて楽な掃除でしょう……自分の部屋も段取りを決めただけで勝手に綺麗になればいいのに……。

しかし汚れが多い部屋になるとこの段取りを考えるのが意外と難しいので、完璧に掃除できたときは大きな達成感を得られます。

一筆書きパズルの要領で

Screenshot_20160606-165418Screenshot_20160606-172047
床を一マス残さず綺麗に掃除していきます。掃除をする人が通れるマスの数が決まっているので、床を通る順番を工夫して掃除を進める必要があります。
まず最初は男の子が一人で掃除をするところから始まります。このモードで操作に慣れてウォーミングアップをしましょう。操作については、新しい操作が出てくるときは必ずデモンストレーションのページがあるので心配はありません。一人で掃除する場合は一筆書きとほとんど一緒です。しかし同じマスを二度通ることもあるので注意してください。
Screenshot_20160606-165208Screenshot_20160606-171349
全てのマスを掃除できればクリア、汚れが残ってしまうと失敗です。このゲームには時間制限が無いのでじっくり考えて正解がわかってから掃除を実行すると良いでしょう。

協力して掃除しよう

Screenshot_20160606-165601Screenshot_20160606-171212
いくつかステージをクリアしていくと掃除の主体が男の子と女の子の二人になります。この二人、男の子はモップがけ、女の子は掃き掃除を担当します。水がこぼれているところは男の子が、りんごの芯が落ちているところは女の子が掃除できるようにしましょう。また、部屋の中に赤いゴミ箱が設置されているので、女の子はりんごの芯を拾った後にゴミ箱を通るようにしてください。ごみは拾ってからでないと捨てられませんもんね。
また、二人が鉢合わせするとターンして周囲の9マスをいっぺんに掃除することが可能です。これも利用して掃除ルートを考えましょう。
Screenshot_20160606-183946Screenshot_20160606-182641
さらにいくつかのステージをクリアすると掃除の主体が男の子と女の子、そしてロボットの三人になります。ロボットはリサイクルごみ担当です。ロボットはビンを拾ってから緑色のゴミ箱を通るようにしましょう。三人が同じ部屋を掃除するとなるとルートがとても複雑になってきます。
各部屋についている名前は掃除ルートのヒントになるので、活用していきましょう。

掃除し切れるか心配になるステージ数

Screenshot_20160606-172319ルームスイーパにはステージが60以上あります。前半は比較的すんなり進みますが、徐々に複雑になってくると苦戦するかもしれません。
ステージを一つクリアすると、その難易度に応じて鍵がいくつかもらえます。
ステージは8個ずつで区切られていて、次のステージを解禁するには鍵が必要です。
最初から順に取り組んで鍵をためましょう。
そして最終的には全ての部屋を綺麗にしましょう!

一筆書きパズルに何手間も工夫が凝らされた新感覚のパズルゲーム、是非一度遊んでみてください。現実でもさまざまな段取りが良くなるかもしれませんよ。

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

お掃除パズル ルームスイーパ

配信元:Cygames, Inc.

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.1.1 / iOS:1.1.1

Androidアプリのアクセス内容

電話
端末のステータスと ID の読み取り
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
マイク
録音
端末 ID と通話情報
端末のステータスと ID の読み取り
その他
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年06月21日)の情報です。

PageTopへ