アイキャッチ画像

投資をもっと簡単に! 1万円からできる株式投資アプリ『One Tap BUY』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年6月06日]

IMG_8639アベノミクスを機に投資ブームが進んだものの、株取引が怖い、難しいと思ってなかなか手を出せない方もたくさんいる今日この頃。そんなあなたにおススメなのが史上初のスマホ証券アプリ『One Tap BUY』だ。「投資をもっと簡単に」というコンセプトの下に生まれたこのアプリを使うことで、誰でも気軽に株式投資をスタートすることができるはず……?

たった3タップで取引 株取引がもっと身近に

One tap BUYは(多分)最も簡単に投資をすることが出来るアプリだ。普通は銘柄を買うときに必要な最低金額が個別に設定されているが、(例えばマクドナルドの株なら30万円ほど必要)One tap BUYではどの銘柄でも一律一万円から購入することが出来る。また、優良&有名企業のみを取引できるように制限されているので、あまり経済や企業に詳しくない方でも安心して取引が出来るようになっているという親切設計だ。

このアプリで扱われている企業は全部で30社、なんと全て米国の企業だ。FacebookやAmazon、コストコなどなど誰もが知っているような有名企業だけがセレクトされて取引可能になっている。

なぜ日本の企業ではなく、アメリカの企業なのか疑問に思う人も多いと思うが、その疑問に対し、One Tap BUYは3つの根拠を下に回答している。一つはFacebookやAppleなどアメリカンドリームを育ててきた場所だから、二つ目は世界最大の市場なので流動性(取引できない)リスクが少ないから、三つ目はアメリカの企業は株主還元の意識が高いからだそうだ。初心者になじみのない米国株を取引させる根拠としては弱い気がするので、そこはご自身でご判断頂きたい。
IMG_8640

売買手法も簡単で、大きく分けて二つの方法が存在する。一つは上記の銘柄リストが載っているトップ画面で、好きな企業をタップ。購入金額を1万円~選択し、購入する方法と、もう一つは自分のポートフォリオをタップ&ドラッグして購入する方法だ。

一つ目の方法は、わりと普通の証券会社と同じようだが、二つ目の方法はこのアプリ特有のもの。ビジュアライズ化された自分の資金状態や銘柄保有状態を確認しながら売買することが出来るので、初心者の方にはかなりわかりやすいのではないだろうか。
IMG_8638IMG_8639

その他にも資産管理機能の一つとして、「履歴」機能がある。この機能を使うことで、全体の資産の日ごとの推移や、含み益の推移を棒グラフや折れ線グラフで確認することが出来る。このアプリは全体的に数字ではなくグラフなどビジュアル化された形で表現してくれるため、視覚的に株や資産の状態を捉えることができるのだ。
IMG_8634IMG_8635

また、いくら有名企業だからといって、なにも知らなくては取引することはできないだろうということで、漫画で企業の歴史や事業内容を知ったり、企業の業績や簡単なニュースも確認することが出来たりと、隅々まで配慮が行き届いている。
IMG_8621IMG_8637

とにかく有名な企業しかない、小額から投資できる、ビジュアライズ化されてわかりやすいという3点においてとても優れているOne Tap BUY。これから株式投資を始めたいというかたに是非おススメしたいアプリだ。

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

One Tap BUY

配信元:株式会社OneTapBUY

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.0.4 / iOS:1.0.3

Androidアプリのアクセス内容

ID
この端末上のアカウントの検索
連絡先
この端末上のアカウントの検索
電話
端末のステータスと ID の読み取り
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのファイルシステムへのアクセス
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
カメラ
画像と動画の撮影
端末 ID と通話情報
端末のステータスと ID の読み取り
その他
インターネットからデータを受信する
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示
システムの表示設定の変更
端末のスリープの無効化

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年06月06日)の情報です。

タグ:
PageTopへ