アイキャッチ画像

実際にオファーは頂けるのか!? 就活サイト『Offer Box』1ヶ月間チャレンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年5月26日]

Screenshot_2016-05-26-15-30-37前回に引き続いて、今回は就活中の私が実際に『Offer Box』に登録して一体どんなオファーに繋がるのか見ていこう。

早速、登録!

登録は以前紹介した通り簡単な手順で可能だ。名前、生年月日、卒業年度を登録したらアカウント作成は完了!

登録が終わったら、プロフィールの編集へ! 今回は97,2%の率でオファーが届くという入力率60%を目安に書き込んでいこうと思う。

出来上がったのがこちら………
Screenshot_2016-05-11-13-47-49Screenshot_2016-05-11-13-47-57

基本情報と写真、自己PR、志望職種などなどを入れていくとなんと70%にまで到達。これならきっと「オファーがいくつも届くはず」!?

1ヶ月間待ってみた………

ここから、1ヶ月間に渡っての軌跡を追うのが今回の任務ということで早速見ていこう。

まず、始めてから12日目がこちら………

Screenshot_2016-05-10-15-38-48

ゴールデンウィークを挟んだためか、PV数や検索ヒット数は少ない気がするが、既に7社から興味が示されているのは上々の滑り出しなのではないだろうか?

ちなみに、この時点での正式オファーは2社! ありがたいことに、ネットメディア系とコンサルタント系の企業から頂いた。

さらに17日目の状態がこちら…………

Screenshot_2016-05-16-18-32-095日間でほぼ全ての項目が2倍にまで増えているのには驚きだが、注目して欲しいのはPV数と検討中数の関係だ! この2つを見比べてみると、プロフィールを閲覧してくれた17社の内実に14が実際に興味を抱いてくれたことになる。ということはPVまでこぎつける事が出来れば、大多数の会社は興味を向けてくれるようになるのではないだろうか?

ここから、目立った動きがなくなってきたので一気に最終日へ!

Screenshot_2016-05-26-15-30-37ということで、今回の結果は2社が実際にオファーをくれ、17社が興味を持ってくれた。

興味を持ってくれた企業の内訳は上場企業が4社、非上場の企業が13社。業態別にはメディア関連が1番多く、その次にITと全体的にベンチャー企業からの興味が多かった。

結果的にPVから検討に入る率は下がってしまったが、それでも5割を越えているので、興味を引く画像をヘッドに持ってきて視覚から攻めてみるのも1つの手だろう。

期間がもう少しあれば、興味を持ってくれた企業に直接アプローチをかけたり、プロフィールをさらに改善したりできたと思う。そうすれば、もっとオファーを頂けた数はこの限りではなかったかもしれない。

今回の結果から『Offer Box』は就活にあまり時間が割けない人や、目指そうとしている企業はある程度定まってはいるが自分が気付かなかった可能性を模索したいという人にお勧めのサービスだと考えられる。より充実した就活を送るために、エントリーシートを考える合間に登録してみてはいかがだろうか!?

▼参考リンク
OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く就活サイト

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

Offer Box

配信元:i-plug inc.

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.0.3 / iOS: 1.0.3

Androidアプリのアクセス内容

ID
この端末上のアカウントの検索
連絡先
この端末上のアカウントの検索
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
Wi-Fi 接続情報
Wi-Fi 接続の表示
その他
インターネットからデータを受信する
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示
端末のスリープの無効化
バイブレーションの制御
起動時の実行

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年05月26日)の情報です。

PageTopへ