アイキャッチ画像

GAGEXの原点は駄菓子屋のおばあちゃん。泣ける放置育成アプリ『昭和駄菓子屋物語2』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年3月04日]

ss005
ss001初代『昭和駄菓子屋物語』から1年半。全国のアプリユーザーの涙腺を破壊したGAGEXのおばあちゃんが帰ってきました! その名も『昭和駄菓子屋物語2』! ド直球タイトル+無造作につけられたナンバリング、これぞまさしく「昭和」です。

平成も今年で28年目(とタイピングをしながら驚きました)、20代の大半が平成生まれ。かろうじて昭和組の28歳・29歳にも「昭和」らしい記憶はないでしょう。昭和61年生まれ30歳の私ですら……あ、光GENJIのことを「ローラースケートのお兄ちゃん」と呼んでいた記憶はあります(笑)昭和63年(88年)に『パラダイス銀河』が大ヒットしたんですよね! 平成おじさん時代の小渕元総理や、ベルリンの壁・旧ソ連・湾岸戦争、そのあたりはリアルタイムでニュースを見ているはずですが、私の認識では「歴史上のできごと」です……しかも今挙げたニュースは全部平成になってからのできごとでした。こうして振り返ると昭和って近いようで結構遠いですね。実はドヤ顔で「お遣いでたまごボーロ買ってきたことあるわ~」と書くつもりだったのですが、昭和末期ではなく平成初期の記憶かもしれません。自信がなくなってきました。

昭和生まれによる昭和トークはともかく、初代『昭和駄菓子屋物語』と、小学生時代に通った駄菓子屋さんを思い出しつつ、レビューしたいと思います。

▼関連記事
。・゚・(ノω`)・゚・。心温まる昔懐かし放置ゲーム『昭和駄菓子屋物語』
GAGEX 記事一覧

おばあちゃん側から見る、駄菓子屋さん

ss002 ss003
どこにでもあって、どこでもない町のすみっこで駄菓子屋さんを経営しているおばあちゃん。店舗の奥が居間になっている、昔ながらのお店です。2014年9月に初代のレビュー記事を書いたときは、駄菓子好きの友人が都内にある(らしい)駄菓子屋さんに通っていましたが、いまも残ってるのでしょうか。もしまだ残っているのなら案内してもらいたいです。さて、子供たちが下校してくるまでに駄菓子を仕入れましょう。

ところでお気づきですか?

こちらは初代のスクリーンショットです。そう、初代はお客さん視点、2はおばあちゃん視点になっているんです。

ss004 ss005
仕入れられるお菓子にも種類があります。アプリ内の曜日と、リアルの曜日は連動していて、仕入れるお菓子と曜日の組み合わせによって、出現するお客さんの種類が変わります。

ss006 ss007
子供たちが駄菓子を買いにきたらタップまたはスワイプしてください。駄菓子は仕入れ額によって持つ時間が違います。駄菓子がなくなってしまうと子供たちに不満がたまるので、こまめにチェックしてくださいね。また放置しているとときどきゴミが出ます。汚いお店に人はよりつきません。ちゃちゃっとタップして掃除しちゃいましょう。

ss008 ss009
画面左上のアイコン部分におばあちゃんが出現すると、動画広告を見るかどうか選べるようになります。動画広告を見るとフィーバータイムが発生し、たくさんの子供たちがやってきます。お店側にも、住居側にも押し寄せるので、くまなくスワイプしてコインを集めてください。

ss010 ss011
仕入れのほかにも、店舗に置く機材を購入したり、ガチャポンを回すことができます。

思い出はいつだって美しい

ss012 ss013
図鑑をタップすると、これまでに来店した客や、駄菓子・グッズを見ることができます。怪獣のブロマイドはさすがに見たことがありません(笑)ゴム製で、平らなところに押し付けてから指をはなすとピョーンと跳ねるオモチャとか、ねり消しとか、階段をひょこひょこおりてくる虹色の輪っかとか……全然固有名詞は覚えてないんですけど、駄菓子屋さんには変なおもちゃがたくさんありましたね。

ss014 ss015
ガチャポンも確かにシビアでした。というか最近のガチャポンのクオリティが高すぎるんですよ、たぶん。一定条件をクリアすると、おばあちゃんのもとに「手紙」が届きます(届く、という表現は正確ではないのですが……)

ss016これは一通目。亡くなった伴侶(おじいさん)へ宛てた手紙でしょうか……。「あまり暑い思いなど、していないといいのですが」という気遣いに涙がほろり。私の母方の祖父母はどちらも健在していますが、ここ数年でめっきり耳が遠くなり老け込んだ祖父のことを、祖母はいつも心配しこまごまと世話を焼いています。正直に申し上げると、私はもう地元にまったく縁がないし、厳しかった祖父母のことはあまり好きではないんですけど(苦笑)ちょっとだけしんみりとした気分になりました。

現代の中高生のみなさんは、スマートフォンかガラケーを持っていますよね。15年前の私はどちらも持っていませんでした。PCでメールもしましたが、毎日飽きもせず何通も手紙を書いていました。実際に出す手紙ではなくて、友達や先輩に手渡しするものでしたが……授業なんてそっちのけで、ずっとルーズリーフにシャーペンを走らせていました。高校を卒業するときに、「これまで書いた手紙、恥ずかしいから全部捨ててね!」とお互いに破棄したのですが、いま思えば、手紙を大事にしまっていたお菓子の缶、とっておけばよかったなぁ。LINEやSNSもいいけど、手紙もいいものですよ。字がきれいな子がうらやましくなったり、かわいい形にルーズリーフを折るために練習したり……。

駄菓子屋の経営を続けていくと、新しい手紙が見つかります。おばあちゃんの過去に何があったのか。それは皆さんの目で確かめてみてください。初代と同じテイストで、ぐっとパワーアップした『昭和駄菓子屋物語2』、オススメです。

▼関連リンク
株式会社GAGEX

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

昭和駄菓子屋物語2

配信元:GAGEX Co.,Ltd.

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.0.1 / iOS:1.0.0

Androidアプリのアクセス内容

画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
その他
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年03月04日)の情報です。

PageTopへ