Xperia-X-Series-Transparent-5f944d1d7c7eafea0259fbd81edbc406-540x317

ZからXへ! コミュニケーションの形を変える、ソニーの新Xperiaシリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年2月26日]

ソニーは、スペインのバルセロナで開催されたMWC2016(Mobile World Congress)にてスマートフォン『Xperia』の新シリーズとしてXperia Xを発表した。

今回の発表では、これまでのXperia=スマホという囲いを取り払い、「コミュニケーションの形を変える」というコンセプトを持った、複合的なコミュニケーションツールのブランドとしてのXperiaシリーズが強調された。

それでは実際にどのようなものが紹介されたのだろうか。

Xperia Xシリーズの主な変更点

Xperia Xで大きく改善された点は主に2つ。カメラとバッテリーである。

まず、カメラで注目したいのは、被写体の動きを予測してフォーカスする技術「Predictive Auto Focus」を導入したことだ。こちらを見て欲しい。

このパフォーマンスビデオの中でバレーの激しい動きを予想し、きっちりジャンプの場面がカメラに収められている。

次にバッテリーは、充電を繰り返すことで起きる劣化を遅らせることによって、寿命をこれまでの最大2倍持つ程に改善がなされたそうである。

スマホだけではないのが新しいXperia

繰り返しになるが新Xperiaシリーズはスマホに囚われない。
そこで注目が集まるのがXperia Ear、Xperia Eyeである。

Xperia-Ear-Lifestyle-Touch-5d21c61813598eeb229f9b08ef72d704-605x403
Xperia Earは2016の夏からリリース予定の Bluetooth接続の新型イヤホンである。だが当然ただのイヤホンではない。Xperiaフォンと接続することで最新のニュースから着信の有無まで幅広く伝えてくれる。さらに音声認識にも対応しているのでハンズフリーでも便利だ。

Xperia Eye
Xperia Eyeは機能としてはリコーのTHETAのように、360度を撮影する事が出来るカメラである。だが、THETAと決定的に違うのは衣類に付けて持ち運びが可能であるということだ。こちらはまだ販売化の目途が立ってはいないが、ソニーのVR技術との相性がいいので、今後に期待が持てそうだ。

まだ開発段階のものが多い新Xperia シリーズだが、最近のトレンドのVR・AR技術をも取り入れ、より拡大していく様子だ。いったい生活に大きな変化をもたらすインパクトを残すことが出来るのか、今後の動向に注目していきたい。

PageTopへ