アイキャッチ画像

VR宇宙空間でスマートフォンの機能を紹介?『ZenFone VR: The Journey Begins』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年2月09日]

PH02

ゲームだけではなく、様々なエンターテイメントの可能性を感じさせるVR。なかでも、今後伸びてくると予想されるのが広告関連です。現在は視覚と聴覚がメインですが、触覚や嗅覚などその他の五感も疑似体験できるようになっていくことで、より現実との区別がつきにくくなっていきそうですね!

……というわけで、今回レビューするこちらの「ZenFone VR: The Journey Begins」は、ASUSのスマートフォン『ZenFone 2』の機能を紹介したVRアプリとなっています。

360度目の前に広がる宇宙に感動

このアプリでは、宇宙空間でのバーチャルツアーを通して、「ZenFone 2」の特徴が次々と紹介されていきます。アプリを起動すると視点を指定されたポイントに合わせることでツアーがスタート! 先に「Google Cardboard」等のVRゴーグルにスマートフォンをセットしておき始めましょう。

PH01

360度自由に見渡せる宇宙空間。そこに、突然ロボットのようなものが出現します。視点をロボットが移動したあたりに移すと暗闇でも撮影できる「ローライトモード」のデモが。宇宙服を着た人物が、宇宙空間でスマホの写真を撮るというなんともシュールな映像が(笑)。

PH03

ゴーグルであたりを見渡し視点を左に移動させていくと、宇宙船が登場。地球の先に太陽が見えるシーンで逆光でも撮影可能な「HDRモード」の紹介が行われます。

PH04PH05

さらに左側を見渡していくと、美しい惑星をバックに「自撮りパノラマ」の紹介がスタート。画面の中に映るバーチャルなスマートフォンで撮影方法を説明してくれます。それにしても、宇宙空間という普段体験できない場所にいられるのは、なんとも不思議な気分になります。できれば、もっといろんな星々が見られるようになっているといいな、なんて欲も出てきちゃいますね!

PH06PH07

これでこのアプリでのツアーは終了。最後に「ZenFone 2」が登場し、再びツアーを体験するかSNSへシェアをするかのメニューが表示されます。ちなみにSNSへシェアする場合は、ゴーグルを外して画面をタップしましょう。

PH08PH09

実際にVRで体験できるのは本当に短い時間ですが、複雑な操作も必要なくスマートフォンと「Google Cardboard」さえあれば気軽に楽しめるようになっているところがいいですね。

今後VRがもっと一般的に浸透していくことで、テレビコマーシャルのようにありとあらゆる商品をバーチャル空間で体験できるようになっていくのかもしれません。今のうちにこれらのアプリをチェックしておくことで、VR黎明期の記憶を自分自身の中に刻み込んでおくというのも良さそうです。

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

ZenFone VR: The Journey Begins

配信元:ASUSTeK COMPUTER INC.

Android価格:無料

  • バージョン Android:1.2

Androidアプリのアクセス内容

画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
その他
NFC の管理
ネットワークへのフルアクセス
バイブレーションの制御

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年02月09日)の情報です。

PageTopへ